働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動―

リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動― (電撃文庫)

《あらすじ》
対吸血鬼戦闘用絡繰騎士“白檀式”―ヘルヴァイツ公国が誇る天才技師・白檀博士の“五姉弟”は、欧州を吸血鬼軍の侵略から救う英雄となる…はずだった。十年ぶりに目覚めた“失敗作”、第陸号・水無月は想定外の戦後を前に愕然とする。起こるはずのない暴走事故により、“虐殺オートマタ”として歴史に名を刻んだ五体の姉兄たち。さらに大公と吸血鬼王による突然の和平を経て、公国は人間と吸血鬼が平等に暮らす世界で唯一の共和国へと変貌を遂げていた。亡き博士の娘・カノン、吸血鬼王女・リタとの出会いを通じ、新たな“日常”を受け入れていく水無月だったが―。第25回電撃小説大賞・銀賞受賞・オートマタの少年と二人の姫が織りなす、正義と反抗のバトル・ファンタジー起動!!

dengekibunko.jp


人間と吸血鬼が平等に暮らす世界で目覚めた対吸血鬼戦闘用オートマタ“水無月”。亡き白檀博士の娘“カノン”と平和になった世界で日常を過ごしていくうちに、オートマタとして“失敗作”の烙印を押された水無月が真相にたどり着き、オートマタとして新たな日常を受け入れ変わりゆく結末が感動的。

多くの汎用型のオートマタたちは公共機関などで粛々と命令通りに行動し無機質で決まった文言しか発さない存在であるなかで、白檀博士が開発したオートマタの水無月は人間と区別のつかない会話能力と自立した思考能力を有しています。しかしながら、世間では“虐殺オートマタ”として認識されている白檀式のオートマタ。公式では五体しか存在しない第六体目のオートマタ。その存在が露見すれば即刻殺処分レベル。そんな水無月がカノンと共にごく普通の学校に通い授業を受けている光景が、いつバレるかわからない危険な状況を精一杯楽しもうとしている風に感じられてほっこりしました。
ーー水無月くんはオートマタなので教科書に書かれている文言を一字一句暗記するという超ハイスペック性能を披露して、教師から呆れられるというマヌケな一面も萌えポイント。食べ物の味もわからないです。そもそも食べ物がわからなくて貝類は殻ごと食いつくしてます。天然属性が入っていて癒されますね。

人間と吸血鬼が平和に暮らす世界へと変わりゆく未来。変化を受け入れない集団の暗躍と吸血鬼王女・リタとの出会いがきっかけで大きく変わる水無月とカノンの日常。吸血鬼の異能と戦闘用オートマタのハイスケールなバトルも目が離せない素晴らしい作品でした。
個人的にはラストのカノンとリタが一緒に映ったイラストがとても素晴らしいクオリティーでした。その構図に行きつくまでの展開も踏まえて最初のイラストと比較してみるとまた違った趣がありますね。控えめにいって最高でした。
あっ、2巻の発売予定は決まっているらしいのでよろしくお願いします。

はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。(3) ~あの、私も本気になっちゃいますからね……?

はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。(3) ~あの、私も本気になっちゃいますからね……? (電撃文庫)

《あらすじ》
いったい、二人はいがみ合っているのかイチャイチャしているのか。犬も食わない夫婦(?)関係なケンカップル、夜美とヤスに訪れた転機。人間の男性に恋をしているという友人サキュバスと恋愛同盟を結成した夜美は、お互いの恋を応援しつつ、想い人に恋の罠をしかけようと画策することに。そんな折、夜美とヤスの関係を調査するという名目でサキュバス界から届けられた一通の封書。それはラブラブ温泉旅行のご案内だった。「『淫の湯』へようこそ、天谷夜美御一行さま。お待ちしておりました」明らかにあやしい成り行きに不審がるヤスだったが、積極的な夜美のアプローチにドギマギが止まらず…。男性恐怖症の淫魔と、反恋愛主義の人格破綻者。素直になれない二人のイチャイチャラブコメ、第三弾!

自称二次元しか愛さない主人公と男性恐怖症のへたれサキュバスが最後の一線は越えずに四六時中イチャイチャしているのが癒される。これだからラブコメはやめられないですね!
今回はよりにもよってサキュバス界が経営する温泉旅行にヤスとヨミが呼ばれることになり、『サキュバスの本拠地で流れに身を任せてヨミとイチャイチャ』する免罪符を得られ、完璧に外堀を埋め尽くされました。
さあ、思う存分にヤることをやってくれ!……っと思ったけれど、ヤスのへたれ具合が想像を絶するほどに酷かった。最近のヨミはもう受け入れ態勢が万全でアプローチも徐々にストレートなものになっているのに。ここまでイチャイチャしておいて据え膳も食わない。他のサキュバスからもヨミとの関係を揶揄され、それでも頑なにヨミへの好意を認めない。なにこの主人公、修行僧なの? 悟り開こうとしてるの?
二人がラブコメってるのを見るのは非常に喜ばしいことだけれど、そろそろ学園行事などと絡めてテコ入れをするかしないとマンネリ化してきますよ?
そろそろハッピーエンドで完結させる方向に動くのも個人的にはありだと思います。個人的にオススメのラブコメ作品でもあるのでもっともっと続いてほしい気持ちもあります。次巻に期待ですかね。

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
部活はなし、勉強も授業中に全力集中、学校での出来事はどこか他人事―高校生・新垣日向の放課後は両親の手助けと最愛の妹・蕾の育児のためにある。…学年のヒロイン・芹沢悠里が彼の子守り事情を知るまでは。兄妹仲の良さと学校とは違う活き活きとした日向に魅了された悠里。放課後は新垣家に行き、週末は3人でデート。さらに天然陽キャ女子・恵那唯やクール系美少女の後輩・上月日和も絡んできて、日向の日常は一気に賑やかに!「私は日向君に楽しい学校生活を送ってほしい」「“師匠”って呼ぶね!」「好きです、先輩のこと…」帰宅早い系男子のほのぼの学園ラブコメ!

幼い妹を通じて広がる主人公・新垣日向の交友の輪。放課後は育児のために二人で過ごす日々が日常だったが、芹沢悠里と出会い彼女の友人の恵那唯とも接点が生まれ、徐々に日常が賑やかになる光景に温かみを感じられる学園ラブコメ。日常系の平凡なワンシーンを切り取りごく普通の学園ものを描きつつも『高校生で両親の手助けとして妹の育児をする』特殊な家庭環境が超ハイスペック主夫・新垣日向を生み出していました。昨今、何故か料理がやたらに上手い主人公は数多くいるけれど、これほどに料理がやたらに上手い主人公がピッタリハマる主人公はなかなかいないと思う。妹の育児のために時間を割いている光景が多く描かれており、よりほのぼのとしたアットホーム感を強調したためですかね。

そんな日常系の展開を主軸に置きつつ、新垣日向が育児に時間を割きすぎるために高校生活の楽しさを味わえていないことを忌避した彼の友人たちの行動も感動的で温かみがあって素晴らしかったです。新垣日向の人生は妹を中心に回っていたけれど、友人たちが様々なイベントに新垣日向を巻き込むことで彼の世界がさらに広がる様子を感じられました。そして、妹を通じて接点を持ち、家へも自然と訪れる関係となった芹沢悠里や学校の後輩の上月日和なども絡み、ラブコメ方面においても波乱の予感が見えてきて……。
さてさて、次回はいったいどんな展開になるのやら。続きが楽しみですね。

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム―

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム― (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
機甲車が這い、弾丸魔法が降る、東国と西国の百年に及ぶ戦争。追い詰められた東の少年兵レイン・ランツは、見慣れぬ弾丸を放ち、敵将校を殺害する。―刹那、世界が一変した。戦場は通い慣れた士官学校へ切り替わり、死んだはずの級友の姿も。戸惑うレインに、弾丸を作ったという少女エアは告げる。「撃った相手を最初からいなかった世界へ再編成する“悪魔の弾丸”。このまま使いたい?」終わりなき戦場を前に、レインの決断は―「終わらせる。変えてやる。この弾丸で、全てを」世界の理を撃ち抜く、少年と少女の戦いが始まる―。第31回ファンタジア大賞“大賞”受賞のミリタリックファンタジー!

西国の新型エクセリアの登場で東国が劣勢に追い詰められるなか、レイン・ランツが放った一発の弾丸が敵将校を殺害し世界を再編する。悪魔の弾丸を作った少女エアとの出会いをきっかけにレインの戦場は幾度となく再編を繰り返し、全ての根幹である東国と西国の戦争を終結させる戦いに挑むことになる。
退廃的なムードが漂う世界観のなかで、士官学校に通う少年兵が世界を救う至上命題に挑む壮大なスケールの物語。いつ自らの命が散りゆくとも知れない戦場を駆け巡るレインが野望達成のために強敵に挑み続ける展開が熱い。そんな兵士たちの日常を描く物語でありながら、士官学校の数少ない女生徒でありレインのパートナーのアスリーの存在が思春期の少年少女らしい感情を随所で引き出してくれていてコミカルさを演出していました。貴重な女性分に飢えた少年兵たちがレインに殺意を向ける心境、そんなことは露知らずレインに好意を向けるアスリーの恋愛事情を鑑みるとレインはいつフレンドリファイアを食らってもおかしくないですねw

総評としては、大賞にふさわしい壮大な世界観とひとつまみのラブコメ感が程よく効いていて非常に読みやすい物語でした。次巻の発売も既に予定していて今後の活躍とさらなる飛躍に期待できる作品でした。

始まりの魔法使い5 始まりの時代

始まりの魔法使い5 始まりの時代 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
竜歴1150年。ついに“私”たちは、魂の光を手がかりに、最初の生徒を探すための旅に出た。しかしそれは、人類最大の脅威ともいえる竜の縄張りを抜けていく危険な旅路でもあった。ようやく遙か東にある巨大な王国・マシロにたどり着いた“私”は、そこで、純白の鎧に身を包んだ“竜殺しの英雄”アイシャと―「あなたがここにいらっしゃることは、門で出会ったときから薄々わかっておりました。あなたは…竜、なのでしょう?」運命の出会いを果たして―!?短い命を燃やし、その身を焦がすように恋をした少女の想いは、悠久の時を超えて、“始まりの魔法使い”と、その愛する者たちを危機から救う―!第1回カクヨムWeb小説コンテスト特別賞受賞作品。

ヒイロ村で暮らす住民たちの生と死を幾度となく見送ってきた先生とニーナ。竜歴にして1000年以上連れ添ったパートナーに芽生えた恋心と悠久の時を超えて再び巡り合うことになった“アイ”の存在を天秤にかけた三人の複雑な関係性が心に染み入ります。
永遠に近い命を有する“先生”と“ニーナ”の距離感は長年の共同生活と種族的な価値観も踏まえても家族愛に近いものを感じていました。“先生”の唐変木で鈍感な視点からはニーナに対する恋愛感情を読み取れる描写もないので。
そして、“アイ”の存在を示唆する運命の歯車が回りだしてから一転。これまでのニーナの一貫していた態度ががらりと変わり、彼女の内に秘めた想いと真相が語られることになり衝撃を受けました。人間として定められた寿命を持つ“アイ”と永遠に等しい寿命を持つ“ニーナ”の人生観が1000年の時を越えて恋に歯止めをかけることになっているとは……。
“先生”と“ニーナ”をはじめ、剣部の一族が連綿と受け継いできた強さ、多くの種族が暮らす村で育まれる様々な人生観と身を焦がすような恋模様。命がもたらす感動を多彩な展開で見せてくれる素晴らしい内容でした。

ロクでなし魔術講師と追想日誌4

ロクでなし魔術講師と追想日誌4 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
ホームレス学院生・リイエルの波乱万丈な日常とは!?―『とある少女の素行調査』。グレンに金髪美少女な隠し子発覚!?―『嵐の幼天使』。医務室の女神、学院きっての法医術のエキスパートが登場!―『病弱女神セシリアさん』。今日もまた、ロクでなしが洞窟探索の授業を利用して丸儲け!?―『狂王の試練』。新キャラクターも加わり、人気キャラクターたちの驚愕なエピソードが明らかに!?そして―「大丈夫だよ。僕は絶対に、アルベルト=フレイザーみたいにはならない」遠い未来。伝説となって残る復讐に生きた男・アルベルト=フレイザー。その想いを継いだ少年の、時代を超えた物語―。

ロクでなし魔術行使の短編集は最高ですね!
まず表紙のルミアと幼女化したセリカのカラーイラスト。ルミアはシリーズを通してマジ天使ヒロインで正妻。幼女化したセリカを間に挟んで「夫婦かよ!?」とツッコミを待ちをしているのかな?
本気にこのイラストだけで額縁に飾って保管しておきたいくらいに価値のある1枚ですね。

短編集のなかで特に印象深いエピソードは一番最初。リイエルの『とある少女の素行調査』。この字面の既視感はスルーします。
リイエルの低スペック頭脳と突拍子もなく予測不能な行動をするキャラクターは扱いにくそうでもあるけれど、かなり短編集向きのポジションですね。独特の価値観を起点にした思考回路を持ち、親交の深いルミアとシスティーナですらリイエルのパーソナルな部分はまだまだわからないことだらけ。
特務分室のエリート魔術師がまさかのホームレス学院生の事実が打ち明けられる物語の幕開けから、「リイエルならわからなくもない状況」を自然と印象付けられるキャラクター性でもあり、その実態をひとつひとつひも解いていくとよりリイエルという人物を深く知ることができる面白い内容でした。

ハーレム・スコードロン ops.02

ハーレム・スコードロン ops.02 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
航空技術が高度に発達した世界。ACTSのパイロット・京塚結人は、テロ撃退が評価され、米国空軍学校との模擬戦の隊長に選ばれる。やる気満々な結人の行き先は―奄美大島!?合宿にて、模擬戦に向けてチームワーク強化に臨むことになったACTSのメンバー。ところが「…裸のほうがいい?」「もっと強くいくよ。ぎゅー」空ではなく海で舞い上がる沙羅や呉羽。挙げ句の果てにエースの奈雲まで―「ゆ…ユイきゅんしゅきしゅき~!」訓練そっちのけで結人に迫る有様で!?恋の火花が散るなか、奄美上空に機影が迫る。それは、世界に一つしか存在しないはずの最強機体“ラミアー”だった―。

2巻で幼馴染みの奈雲がぶっ壊れて恋愛脳に侵された……。航空パイロットたちが機体を操って空戦を繰り広げる戦闘シーンとラブコメ色が好みでしたが、奈雲の結人に向ける好意や結婚祈願を知ることになり、客観的にもヒロイン間でハーレム路線の横一線の関係性から頭一つ抜き出た状態になってしまいました。まさか、こんなに早く幼馴染み一強にさせるとは思いませんでした。
それからというもの奈雲の公私混同ぶりは凄まじいもので、周囲のパイロットたちの目も気にせずに大胆なアプローチとなってました。正直、今後の展開を模索するうえでここまでヒロイン間で明確な差を作ってしまうと、どうハーレム展開を楽しんだらいいかわからなくなります。もっとも、続巻があればですけど。

航空パイロットと航空技術が高度に発達した世界を感じさせる要素もイマイチピンとこないし、件の世界に一つしか存在しないはずの最強機体“ラミアー”にまつわる騒動も予想通りの展開としか思えず期待外れでした。1巻は結構好感触だったのですが……
3巻はおそらく買わないです。
イラストレーターの“へいろー”さんといえばGA文庫の『最強喰いのダークヒーロー』ですけど、あっちの新刊は出ないんですかね。