読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (3)

角川スニーカー文庫 ラノベ

自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (3)<自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う> (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
迷路階層の主を退け、異世界で着々と名声を築いていく自販機―ハッコン。そんな彼のもとには今日も続々と新たな依頼が。地図の制作やモンスターハント、更には大食い大会の景品に!?「これで今日一日、ハッコンは私の物っすよ!」自販機の独占使用権を得たのは底無しの胃袋を持つ少女・シュイ。暴食の限りを尽くす彼女に、全ての食料を食い尽くされてしまうのか―?自動販売機に転生した男の異世界無双ライフ第三弾!!

定型句でしか意思の疎通がとれない自動販売機に転生した主人公のハッコンには、一発ネタや円滑な物語の進行に支障をきたすのではと危惧をしていたけれど、そんな懸念していた事態に陥らずにここまで安定した自動販売機の異世界無双ライフが安心。自分の意思で物理的な移動が不可能な(推定1トン前後)ハッコンを怪力のラッミスが運搬することで異世界を縦横無尽に駆け巡ることで様々な舞台に立つこともできるので、自動販売機ネタに事欠かない。

ハッコンの自動販売機としての充実した機能は回を増すごとにレパートリーが増えてきているけれど、どれもこれも『実在するか否か、定かではないけれど、もしかしたら本当にあるかもしれない……』という可能な範疇でもって冒険のさなかに活躍することもあって、一見万能に見えるハッコンのスペックが抑えれれるのでチート感も抑えめ。

ハッコンが異世界で順調な商売とモンスターの盗伐で自動販売機としての機能も徐々にグレードアップさせているけれど、ここまでくると擬人化関連のスキルを得ることはなさそう。ハッコンとラッミスがごく普通に人間同士でコミュニケーションをとる姿を見たいという願望に駆られるけれど、自動販売機として存在するからこそ成立する展開も多々あることは間違いないので、そこはもう割り切って自動販売機の物語有として受け入れることにしよう。

ヴァンパイア/ロード2 ~君臨するは、終焉の賢王~

HJ文庫 ラノベ

ヴァンパイア/ロード2  ~君臨するは、終焉の賢王~ (HJ文庫)

《あらすじ》
最後の王となるという決意のもと、貴婦人が率いる“貴族派”へと宣戦布告をし、本格的に吸血鬼の殱滅に乗り出した黎。リーリヤ、美紘、京香の献身的なバックアップを受け、彼は着実に自らの勢力を拡大していく。そんな黎を一日でも早く抹殺したい“貴族派”は、秘密裏にBDというコードネームの恐るべき計画を進めていた!!果たして、黎は一万年を生きる美しき吸血鬼の魔の手を掻い潜り、チェックメイトを宣言することが出来るのか!?

人間の世界に暗躍する吸血鬼を撲滅するべく、最後の王として立ち上がった黎を筆頭にリーリヤ、美紘、京香と共に貴族派との本格的な戦いに挑むことになる。1巻では物語の世界を広げられるポテンシャルが秘められていて、日本を舞台にした戦いだけでなく世界を相手に勢力を広げるかと思ってはいたけれど、無難に2巻完結という形で幕を閉じたのが少しだけ予想外。個人的には少しだけ気に入っていた作品でもあるので、もう少し続いてほしかったという願望もあったけれど、それでも綺麗に終わっただけでも良かったです。

日本の裏社会に根付いている“貴族派”の吸血鬼を中心に構成される組織と、新興勢力で戦力も人数も地盤も劣る黎を中心にした組織で、黎の王の力の持つ『言葉により吸血鬼を絶対的に服従させる』能力からどのように展開されるのか。生身の人間でしかない黎の頭脳が試される戦いのなか、王のもつ吸血鬼に対する絶対的な能力を発動させるための一手一手への肉付けも十分に作り上げられていて、テンポよく楽しむことができました。

“貴族派”が誇るどんな強力な力をもった吸血鬼が相手であっても、たった一度の能力でいともたやすく手ごまに加えることもできるし絶命させることができる。そんな一風変わった勢力図から展開されていく戦いがなかなかに魅力的で、コンパクトに2巻に完結させたのもこれはこれでよかったんじゃないかと思えてくる作品でした。

ハナシマさん 2

ガガガ文庫 ラノベ

ハナシマさん 2 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
韻雅町を震撼させた猟奇殺人事件から半年、新たに発生した女子高生失踪事件。警察が捜査に乗り出すも、消息を絶った女子高生、草薙勾玉は偏屈者として有名で、その奇矯さから同級生に友人と呼べるような相手はおらず、参考になる証言もなし。捜査が暗礁に乗り上げるなか、勾玉の後輩で交流があった桜井道隆は警察の捜査に協力することに。やがてたどり着いた唯一の手がかりは『異世界に行ける方法』にまつわる都市伝説の噂だった―。第10回小学館ライトノベル大賞・ガガガ賞受賞のフォークロアミステリー第2弾!

書店でこの本を目にしたときの圧倒的なまでに求心力があり目を引くイラスト。“ハナシマさん”のもつミステリアスな世界を引き継いで『異世界に行く方法』にまつわる都市伝説に隠された秘密に挑む物語。今回は猟奇殺人なんていう強烈に記憶に焼き付けられるグロテスクな描写は極力抑えられているので、読者の精神を摩耗させられることなく“ハナシマさん”の独特の世界を味わうことができ。前巻とは少し違った方向でもって楽しめました。
都市伝説として世に広まっている『異世界に行く方法』やそれに関連して起こった事件の全容が明らかになったときは、これまで謎に包まれていた要素が全てつながったときのカタルシスでもって押し寄せてくる。
最後まで読み終えたときには、これまでにあまり例を見ないタイプの作品から味わえる読後感のようなものもあって、凄く有意義でスッキリとした感じでおさまる作品。

毎月刊行される数多くの作品群のなかでも独特の世界を楽しめる作品であり、ガガガ賞受賞からの安定したクオリティと面白さがあるので個人的にはおすすめの一品です。

俺の青春を生け贄に、彼女の前髪をオープン

ファンタジア文庫 ラノベ

俺の青春を生け贄に、彼女の前髪をオープン<俺の青春を生け贄に、彼女の前髪をオープン> (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
8年ぶりに帰国した俺の幼馴染みサリュは超絶可愛い。金髪ハーフでオッドアイ。しかも、口癖は「タロ様のお嫁さんになるです!」で、風呂に一緒に入ってくるほど俺のことが大好き。そんな完璧美少女にドキドキしてたら、実はコイツには大きな欠点があり―「他人に目を見られるくらいなら死んだ方がマシですぅ…」イエス!超絶コミュ難になってました!!サリュを助けるために俺は『動画配信で美少女生主として君臨して自信をつける』という、画期的な方法を編み出す。雑談にコスプレ、ゲーム実況、疑似デート…全部放送して人目に慣れさせろ!見せびらかし系青春ラブコメ、スタート!!
第29回ファンタジア大賞金賞

金髪オッドアイのファースト幼なじみ VS 黒髪ツンデレセカンド幼なじみによる修羅場。学園ラブコメの鉄板ネタに加えて生放送、動画配信、ゲーム実況などのイメージをしやすくキャラクターの年齢にあったジャンルを皮切りに物語が進んでいくので、親しみがあって読みやすい内容でした。金髪でハーフの幼なじみのサリュの独特のキャラ付けともとれるセリフ回しも下手をすれば読むときのストレスになりそうなところが全く違和感もなく、サリュの性格やコミュ障なキャラを前面に押し出しての掛け合いになっていて面白かったです。サリュのあの独特の語尾の伸ばし方が嫌味なく馴染んでくるのが不思議でしょうがない。

セカンド幼なじみも主人公に向ける隠しようのない好意の表れがいたるところで見受けられ、ファースト幼なじみと張り合っているところもまた愛らしくて口元がにやけてくる。作品の表紙を飾ったことや主人公との出会いの背景などからもメインヒロインはサリュな気がするけれど、もしも人気投票をしたら好みのキャラクターというひいき目を抜きにしてもセカンド幼なじみに軍配が上がりそう。

ブコメ作品としてはたしかに面白かったけれど、シリーズ化されてこれから先も読み続けるとなったときには決定打になる要素が薄くて買うかどうかは微妙なところです。

リンドウにさよならを

ファミ通文庫 ラノベ オススメ

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

《あらすじ》
想いを寄せていた少女、襟仁遙人の代わりに死んでしまったらしい神田幸久。二年後、自由かつ退屈な日々を過ごす地縛霊として目覚めた彼は、クラスでいじめに遭う穂積美咲にだけ存在を気づかれ、友達になることに。一緒に過ごす内に美咲の愛らしさを知った幸久は、イメチェンを勧め彼女を孤独から解放しようと試みる。少しずつ変わり始める美咲の境遇。それはやがて、幸久が学校に留まる真実に結びついていく―。必然の出会いが紡ぐ、学園青春ストーリー。第18回えんため大賞優秀賞

ファミ通文庫が送り出す学園青春ストーリーとしては文句なしの良作だと断言できる。地縛霊として目覚めた主人公と、彼を唯一認識することができるあるクラスのひとりの女子生徒と友達になることではじまる学園での日常が、ちょっぴりミステリアスな要素を含みながらも心温まるストーリーなっていて素晴らしかった。
この物語の中心に存在する『主人公である神田幸久が想いを寄せていた少女、襟仁遥人』に関係する人物たちが出会い、言葉を交わしていくなかで徐々に明らかになっていく神田幸久の死にまつわる真相。その全ての真実が点と点で結ばれた時の得も言われぬ感動とやり場のないやるせなさ。これだけ感情を激しく揺さぶられる物語を圧倒的なクオリティーで突きつけられたら感動を共感するために他人にも勧めたくなる作品でした。

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 4

ファンタジア文庫 ラノベ

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 4 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
俺と水崎萌香のエロゲ関係が、彼女の妹・涼香にバレた!?マジギレで監視する彼女に認められないと、関係終了!?こうなりゃ萌香と2人で涼香を攻略するしかない!「涼香、エロゲは素晴らしいものよ?」「姉さん、そこまで調教されて!?いや、むしろ催眠!?目のハイライトも消えてる!?」…今、すごく親近感ある言葉が聞こえたような!?「こんなやらしいゲーム、信じられません!ところで、これのファンディスク持ってます?」あれ?ま、まさかこの子、オタ…「小田桐くん、いえ、お兄ちゃん。私もあなたの妹になる!」って逆に水崎さんが攻略された!?間違いだらけな妹攻略開始!?

エロゲー×ラブコメに萌香の妹の登場で、高校生がエロゲーをやることに対する世間体と優等生で常識人のはずの姉が毒牙にかけられたことに対する怒りで二人の関係も引っ掻き回すことになっていて、ラブコメにこの上ない最高の波乱展開の幕開け。
萌香との恋人関係も両想いだけど奥手で煮え切らない場面も多々あって、なかなか関係性の進展が見受けられないながらも、エロゲーを軸に形成される関係性という点からのアプローチだけで、まさかここまで突き抜けた展開に突入するとは。
もっとも、萌香の妹との初対面から彼女がひた隠しにしているであろうオタク趣味も読者には露骨にバレバレ。登場人物の誰もが気がつかない状況で、妹=隠れオタクのネタをどう調理するのか。1巻で『萌香と一緒に痴漢もののエロゲーをプレイ』するくらいエッジを利かせただけに、どんな風に身の毛もよだつオタバレをかますのか期待していたけれど、いざバレるとなると想像以上で最高だった。オタク趣味におけるエッチな表紙のものをうっかり見れれてしまったときのむず痒さを真っ先に連想させる、そんな公開処刑に近い妹の姿に共感できるだけに読んでいるほうにも痛いほどに伝わってくる。

この非オタシリーズも軌道に乗ってきたことで、次回への引きもまだ続くことを前提にした盛大なものに変わってきて、二人の関係に亀裂を生じさせる展開に。さらに萌香の親の登場でますます二人の関係に壁が立ちはだかることになり、ますます面白くなってきたので次巻が楽しみです。

ゴブリンスレイヤー 4

GA文庫 ラノベ

ゴブリンスレイヤー4 (GA文庫)

《あらすじ》
「ゴブリンよりは、よほど危険だ。だが魔神どもとは比べるべくもない」
国王署名入りの依頼「悪魔の塔」の討伐に重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの三人が挑む――。
「ね、ぶらぶらしよっか」
ゴブリンスレイヤーのいない休日、牛飼娘は女神官と街を散策する――。
「見てなさい。私が世界の一つ二つ、救ってあげるから! 」
妖精弓手は冒険のない日、受付嬢の提案で、聖騎士を演じる――。
「森人と一緒に冒険に行けぇ?」
種族を超えた共闘、これは彼と出会う前の三人の冒険――。
辺境の街で紡がれる、十の物語。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第4弾!

このライトノベルがすごい! 2017 文庫新作ランキング1位! 文庫ランキング第5位!
牛飼い娘や女神官をはじめとした多くのサブキャラクターが冒険者稼業から距離をおき、平和な日常のひとときを過ごしている光景が多分に含まれていて短編集的なニュアンスの強い構成になっていました。そのなかでは、意中のゴブリンスレイヤーに向けた受付嬢や女神官による回りくどいアプローチがいつものごとく披露されているけれど、ゴブリンスレイヤーさんのぶれることのない徹底した寡黙なキャラが上手い具合に掛け合いがスムーズに進んで、独特のやり取りが妙に気持ちがいい。ゴブリンスレイヤーさんの必要最低限の言葉数で済ませようとするコミュニケーション術も、彼をよく知る冒険者仲間からは「わざわざ意見を聞かなくてもわかる」レベルで会話のイニシアチブを握ってやり取りをしていて、それがまたコメディー的で笑えてくる。

冒険者たちが日々繰り広げているモンスターとの戦い。一見して弱そうに見えるけれど他のモンスターにはない知恵を働かせることで残虐に殺戮の限りを尽くすゴブリンの実態。ゴブリンの視点で冒険者が窮地に陥る状況を俯瞰することで、冒険者とモンスターの戦いに血生臭さとグロ要素が強調されてとても刺激的。冒険者とモンスターが戦ったときの強さが、仲間同士の連携と職人たちが作り上げた武器と防具を身に着けている人冒険者たちが有利といえど、きわめて等身大のスケールで描かれているので、常に生き死にをかけた冒険者たちの戦いにおいて強烈にリアリティーがあって最高でした。

このライトノベルがすごいで新作ランキング首位に君臨するこの作品がこれから先どのような物語りに突入するのか。新刊が楽しみです。