働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

質問箱 回答まとめ

先日の質問箱に送られた質問に対する回答のまとめです。すべて匿名なので誰が何を質問したのか全くわかりませんが、ほぼほぼライトノベルに関連する話題で、ごくごく一部がプライベートな内容でした



































オーク先生のJKハーレムにようこそ!

オーク先生のJKハーレムにようこそ! (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「オークよ! 女子校にオークがいるわっ!」訳あって異世界のレグド女学園で教師になった俺は、外見をオークにされたせいで生徒たちから変質者扱い。しかし完璧教師な俺は、生徒の攻撃も(イタズラ)事件も究極魔法で完璧に対応する! それでも魔界や風俗街への家庭訪問は大変だし、生徒たちはビキニアーマーで誘惑してくるし、異世界の教師も大変だ――。
オークなのに完璧教師×美少女異種族JKたちのハーレム学園ラブコメディ、始業!

他種族のメスを襲って子を孕ませるオークに外見を変えられると、徹底的にマイナスイメージを植え付けられた状態で第二の人生……、正しくはオーク生がスタート。中の人の性格はとっても真摯な熱血教師なのに、やることなすこと全てが状況証拠ひとつで裏目っていて、「あっ……、こうやって冤罪って発生していくんだ……」と思える美少女異種族JKたちのハーレム学園ラブコメディでした。

オークを主人公に据える発想は面白く、ファンタジー世界の多種多様な種族がひとつの学び舎に勉学に励むうえで生じる問題点や、個々人が抱える悩みにまで切り込む展開には、これまでにない『教師もの』の魅力を感じました。

しかし、あくまでも個人的な好みで言及するのであれば、主人公が受け持つクラスの生徒を満遍なく登場させてヒロインの筆頭になっているエルフのリエッタを半歩だけ際立たせるよりも、序盤からリエッタをフィーチャリングして他は引き立てる程度でよかったと思いました。
でもそうすると、魔力をもたないオークなのに完璧魔法を発動することができることを活かす土台が崩れるので、完全に二律背反ですね。

それと、やっぱり『主人公=オーク』の外見が刷り込まれるとどうしてもラブコメ展開がストレートに楽しめないですね。絵面が汚い。あっ、別に悪評とかではなくて、人間(男)×人間or異種族ヒロインの構図は経験があるけれど、異種族(男)×異種族ヒロインの楽しみ方がわからないだけです。

この作者の新刊を見つけたら即買いするくらいには好きなので、続巻が出たら仮にamazonで★★★☆☆の評価を付けたとしても普通に買って読んでいると思います。

ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい

ヴぁんぷちゃんとゾンビくん 吸血姫は恋したい (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
魅了の魔眼を持つせいで、心を通わせる相手がつくれない吸血鬼の少女・ルーミア。だからこそ、対等な“恋”に憧れていた―。少女漫画の続きを買いに日本へとやってきたルーミアは、そこで心を持たない不死者の青年・ゾンビと出会う。思い通りにならない相手に、感じたことのない苛立ちと嬉しさを覚えるが、ゾンビには何やら秘密があって!?人外ゆえに自分について悩むモラトリアムな美少女吸血姫のラブコメディ♪第1回カクヨムWeb小説コンテスト特別賞受賞作。

特設サイト
sneakerbunko.jp

吸血鬼の少女とゾンビの青年のガールミーツボーイ作品。吸血鬼が日光を浴びることができない体質に対して日傘をプレゼントするゾンビの光景や、死体しか食さないゾンビが回転ずしでネタだけを摂ってシャリを残していく光景。二人の人外の生き物をラブコメディの世界に落とし込んだことにより独特の掛け合いや日常風景が生みだされていて、フレッシュな感覚で楽しむことができました。

ゾンビゆえに、相手の言葉を表面的にとらえることができず感情をくみ取ることができない。吸血鬼の少女・ルーミアが発する愛情の裏返しから発するツンデレな態度も素のリアクションで対応……すると何が起こるのか。天然の鈍感系キャラクターが爆誕するわけです。
読者目線で『ルーミアが発した言動だけを捉える』と、ゾンビの切り返し方にも納得がいく。しかし、ルーミア視点で描かれるゾンビに向けている心のなかの葛藤や感情のやり場に目を通していくと、ルーミアがゾンビに対して激情を覚えるのが嫌というほどわかるし、このうえなくラブコメとして綺麗に成立していて面白い。

趣味が読書で少女漫画も嗜むルーミアも期待に胸を膨らませた、回転ずしでゾンビと食事デートに興じたワンシーン。
ルーミアの頬についたご飯粒。ラブコメの王道ならゾンビが食してルーミアが赤面する場面にも思えるが、非情にも『捨てる』選択肢をとる。もう、この一点に『吸血鬼の少女とゾンビの青年が織りなすラブコメ』の全てが詰まっているといってもいいと思う。
この二人の関係が今後どのようなものになっていくのかがとても楽しみです。

ネクストライフ 13

ネクストライフ 13 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
アステリアとマリウスの結婚。それはホルディア王国の慶事であり、マリウス達にとっても一つの区切りだった。新婚旅行の提案が出るが、そこで意外な事実が判明する。アステリアは遊興に疎かったのだ。せっかくの機会だし、アステリアに民の暮らしを見せ、人々の楽しみについて教えようと思いつく。マリウス達が行く先で見たのは、彼が守った人々の日常、アステリアがこれから守っていくべきものだった。人々のささやかな日常こそ、得がたき宝なのだと彼らは改めて認識する。

マリウス、アネット、アステリアの三人の結婚と新婚旅行の段取りを決めている光景がホルディア王国の平和な姿を感じさせる。アウラニースやデカラビアとも平和的な関係を築きあげているし、マリウス無しでも相当な戦力を保持していてどんな規格外の敵が登場しても片手間に倒せるのが目に見えてる。
アウラニースを結婚披露宴中に外部への監視役に回したり、キャラクター配置がカオス過ぎる。アウラニースへの仕事の報酬がマリウスとの再戦だったり、自由奔放に物語が進んでいって楽しかったです

僕の知らないラブコメ

僕の知らないラブコメ (MF文庫J)

《あらすじ》
みんなは近いうちに逃げ出したくなるような嫌なことってある?あるよね、きっと。明日になっちゃえばいいのにって思うようなそんな時。僕、芦屋優太はそんな時間を早送りできる能力を手に入れたんだ。これでもう勉強や揉め事、全ての嫌な時間から逃げることができる。やったね!そうして早送りしながら日々を過ごしてたら知らないうちに彼女が出来ていた!しかも相手はあのクラスの問題児、柳戸希美だって?僕は怯えながらも付き合い始めたんだけど、意外にも柳戸はとても優しくて、そしてとても可愛くて…。どうして柳戸はこんな僕のことを好きになってくれたんだ…?え、このラブコメ、僕だけ知らないの?第13回MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作!

bc.mediafactory.jp

f:id:murabito1104:20171204002054p:plain

学園ラブコメよりも青春ものとしての風格を感じさせる。しかし、表紙を飾るメインヒロインの援助交際&ビッチが似合うキャラクターにぴょん吉神の18禁展開にもイケそうなエロいタッチのイラストで『MF文庫感のある学園ラブコメ:青春小説=1:1』になり、最優秀賞の肩書で世に送り出すにふさわしい傑作でした。

ブコメに+αを加え、物語のスタートはオーソドックスな路線を辿りつつも中盤に向かうにつれて徐々にオリジナリティや持ち味を活かした展開になり、最後まで読み切った後になると「いろいろあったけれど面白かった!!」と断言できる作品。

本作においては、『時間を早送りできる』という要素が+αの部分にあたるが、順風満帆に見えた主人公の芦屋優太とヒロインの柳戸希美の二人の関係を一発でぶち壊して(自分の)メンタルをゴリゴリに削り落とす鬱展開に上手く落としこまれていて、正直やられました。
交際が始まり、デートも繰り返し、それなりに仲睦まじく恋人らしい関係を地道に積み上げている光景を見せられて感情移入が入っているだけに、主人公に降ってわいた『時間を早送りできる』能力が招いた悲劇がきつかった。

ブコメに急展開をねじ込むとなるとどうしても『関係に亀裂を生じさせる』方向性になるけれど、真正面から来るとわかっていて身構えていても、没頭できる良作になると感情が揺さぶられてしまってやられてしまいます。

最優秀賞にふさわしい良作なので、学園ラブコメや青春小説が読みたい人はぜひ手に取ってみてください。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典10

ロクでなし魔術講師と禁忌教典10 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
現世への復活を果たした魔人・アセロ=イエロによる、フェジテ崩壊の術式―“メギドの火”。その発動を防ぐべく、グレンたちは、学院、そして宮廷魔導士団の総力を結集する。「やつを倒す可能性のある手段は…ある」グレンのワイルドカード。その切り札を使用するために、グレンはもう一度、血に染まった過去の自分と向き合うことに。「ここに居ちゃいけないんだって…皆に甘えていた」そして、その出自が周囲に知れわたり、身を犠牲に戦うことを決意したルミアの前には、もうひとりの自分が現れ…世界が破滅に向かう時、二人は自身の罪と過去に対峙する!

いつも騒動の渦中にいるグレンたちが抱えるルミアの出自に関する秘密がついに魔術学院の生徒たちに明かされる。思い起こせば、アニメ第1話の魔術学院にテロリストが侵入した事件から、生徒たちの心中にはルミアに対しての疑念が根付いたと思うが、シリーズの折り返し地点にまでたどり着き、フェジテ全土を焦土と化す未曽有の危機を前にさすがにルミアと真正面から向き合う場面が来たのかな。
グレンの受け持つ生徒には個々人の名前や少しばかりのプロフィールが設けられているだけに、ルミア対グレンのクラスの生徒たちの構図で交わされる今回の騒動におけるルミアの弁明シーンはなかなかに新鮮。同年代のひとりの少女が世界の破滅の中心にいることに対して、たとえ騒動を無事に解決して、その後のルミアへの態度はどう変わるのか。この結末を読んだときは、「やっぱりルミアは天使だな……」と癒されました。表紙イラストのキリっとした表情も素晴らしいし、シリーズを通して積み重ねてきた功績が何よりも天使キャラを後押ししてくれる。

フェジテ全土を巻き込んだ強敵との戦いに立ち向かうのは、グレンがかつて所属していた特務分室のオールメンバー、魔術学院の講師たちと有志で参加する生徒たち。魔術バトルの幕開けとしては、最高の素材を用意してのスタートダッシュでもう最高でした。
校長もハーなんとか先生も短編集で登場した天才の人も、とにかくサブキャラまで惜しげもなく登場していましたね。
ロクでなし魔術講師シリーズも10巻でいよいよ折り返し地点にまでたどり着き、最近はご無沙汰だった『天の智恵研究会』や『禁忌教典(アカシックレコード』などがどのように物語に介入してくるのか楽しみです。

絶対彼女作らせるガール!

絶対彼女作らせるガール! (MF文庫J)

《あらすじ》
この学園には必勝の女神がいる―。白星絵馬の手のひらに願い事を書くと叶う、そんなジンクスといつも笑顔な人柄で学園でも人気のクラスの太陽・絵馬を尻目に、目立たず冴えない自称幽霊の大地は生徒会室へ。憧れの生徒会長・獅子神玲花の雑務のためだ。が、ある日大地が偶然絵馬の「とある秘密」に触れたことで、絵馬が大地の恋愛を全力応援すると宣言!さらに絵馬を信奉する学園トップ美少女の猪熊みりあと鷹見エレナまで巻き込んで大地のモテ改革を開始!!大地の学園生活は瞬く間に一変していき―!?第13回新人賞“優秀賞”の正統派青春ラブコメ、爽快に登場!

クラスメイトからも「あんなやつ、いたっけ?」と呼ばれるほどの目立たず冴えない主人公が、憧れの生徒会長に向ける片思いを真正面から成就させようとする……そんな意味を込めての『正統派青春ラブコメ』のあらすじ。
典型的な陰キャラの主人公に差し向けられた刺客、読者モデルの猪熊みりあによるファッション講座と小説家の鷹見エレナによるコミュニケーション術のスパルタ講座。
ファッションにおける服選びのポイントとして、各メーカーごとにSMLサイズに誤差がある点や自分の体にあう服の選び方。コミュ障の主人公が生徒会長と円滑な会話をこなすためのテクニックを実践例を通じて丁寧に解説。正統派ラブコメにふさわしく、『主人公の地力を鍛えることで、目標にたどり着かせる』ところが正統派の所以なのだろう。

各所に作者の熱の入った描写が見受けられて、主人公が自分を鍛えるための訓練内容の合理性がかなり丁寧に語られていて、主人公を通して納得させられる。もっとも、作者のあとがきが『肉を焼くのが趣味です!』ってだけで、ファッションスキルとコミュニケーショ術をどこから持ち出してきたのが謎過ぎて困惑するのだけれど、ラブコメとしてはたしかに正統派路線の作品でした。
主人公の生徒会長に向ける一途な片思い、クラスメイトの美少女とあれだけの時間を共有しながら心根が全然グラつかない。とても清く正しい模範生な主人公だったと思います。