働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家

ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「バッキャロウ!こういう人気作は、発売日に買いたくねえんだって。俺より売れてる作家の初動に貢献したくないの!」アニメが爆死した、意識高い系ラノベ作家・神陽太の年収は2500万円。アニメがコケてもこれぐらい稼ぐことはできるが、この業界では全然たいしたことはない。上には本当に上がいる。そんなシビアな業界で陽太は“プロ”らしい日常を心がけるが―税金対策として雇った幼馴染み・希月結麻はラノベ知識ゼロ。後輩作家のJKとJCの才能には焦らされ、担当編集からはダメだしの嵐…。それでも野望達成のため、今日も執筆で金を稼ぎ続ける!望公太が贈る『日常系』のハイエンド登場!!

フィクションとノンフィクションの境目がわからない!! ラノベ業界の裏側を自虐的に赤裸々に語るにしては、JDの幼なじみがいる時点で人生勝ち組過ぎて嫉妬に狂いそう。執筆業で年収2500万円ラノベ作家の身の回りを世話する通い妻系ヒロインのシチュエーションがうらやましすぎて死にそう。

この作品以外にもこれまでに数多くのラノベ作家を主人公においた作品を読んできたけれど、そのどれもが普段は目にすることのできないラノベ業界の裏話がふんだんに盛り込まれているので、ラノベが好きな自分にとっては興味の尽きることのないエピソードの宝庫なので、もう読むのが楽しすぎてしょうがない。
作家ごとに渡り歩いてきたレーベル、編集とのやりとり、アニメ化やコミカライズ化などのメディアミックス経験が少なからず作品中に(真実は定かではないけれど)落とし込まれているので、エピソードのリアリティが桁外れにすごい。
『年収2500万円作家の税金対策にアシスタントを雇う』『作家ごとの執筆スタイルの違い』も興味深いけれど、後者に関しては作中キャラのスタイルを「いやいや、そんな人いないでしょ(笑)」で切り捨てようにも「もしかしたら本当にこんな風に執筆している変人がいるのか? 」とも思えてきて、判断に困る。

あとやっぱりしらびさんの描くキャラクターはいつみても素晴らしいですね。同レーベルの“災厄戦線のオーバーロード”をはじめ、「このイラストレーターさんが担当しているだけで買いたくなる」「さっすが人気のイラストレーターさんなだけあって、イラストのクオリティも半端ないなー」というのが自分の印象。

ラノベ業界の裏話を赤裸々に語り尽くした作品としても、ラノベ作家主人公の日常を描いた作品としても傑作だと思うのでおすすめです。

境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神

境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神 (MF文庫J)

《あらすじ》
鬼柳怜生・享年17歳。彼の生涯は双子の姪をかばって儚く幕を閉じた…はずだった。何故か生き返った怜生の前には、長い紅髪に豊かな胸の、見目麗しい蛇女…蛇女!?さらに、彼女は怜生の「妻」を名乗り、彼は「神霊と結ばれ、世に新たな魔法技術を生み出す“王”になったのだ」と告げられる。司るは―無から有を生み出し、死者蘇生すら可能な「命」の魔法則。かくして、世界を一変させる力を手に入れた少年の、全世界と数多の“王”を相手にした覇道が幕を開ける!第12回MF文庫Jライトノベル新人賞・最優秀賞受賞作。最強・最速・極悪の三拍子揃った凄絶過激な魔王の狂宴、堂々開幕!

半人半蛇モン娘ヒロイン×王の力を覚醒させた少年が繰り広げる世界の王との戦いを描いた覇道ファンタジー。
人間界と妖魔界が結ばれることで科学と魔法が合わさり、異界の物理法則を解明した技術、通称“魔術”が現代文明の柱となる独特の世界がもつ作品の世界観はもちろんのこと、その地で暮らす人間や妖魔人たちの文化や風習が育まれるなかで生まれる新鮮な風景が多彩で、新たな王として君臨することになった主人公がこれから先どんな世界に創りあげていくのかを見届けたくなる作品でした。

王の力に目覚めた主人公に放たれる刺客、王同士による超人的なスケールで繰り広げられる魔法の応酬と人智を越えた覇道を掲げる両者がぶつかり合う激しい戦いで熱かった。
王の器を秘めた人間に垣間見る生来の人外性。常識の範疇を越えた非常識さで他人には到底理解されない価値観。そんな異常さを放つ主人公が掲げる覇道がこの1巻に集約されていて、続巻が出るのであればこの物語の続きが気になる。そんな作品でした。

リア充になれない俺は革命家の同志になりました2

リア充になれない俺は革命家の同志になりました2 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
過激な美少女・黒羽瑞穂は、生徒会に宣言文を突きつけ息巻いていた。そんな彼女の制御役もとい監視役の白根与一も、スクールカーストでは最下層に位置していた。学校で浮いている二人に構わず声を掛けてくるのは、カーストのクイーンビーである中禅寺さくらだけだと思っていたのだが…。男子バスケ部の高崎が白根に入部を勧めてきた。彼が王様(ジョック)の地位にある者と知り、白根は警戒してしまう。さらにさくらの取り巻き女子である渋川が黒羽の怒りをかうという事件が勃発。人と拘わらない事で平穏な日々を過ごしていた白根の日常はもはや崩壊、ここまできたらスクールカーストの地位を全てぶち壊すクーデターを起こすことに!?

スクールカーストトップに君臨する人物の地位とコミュニティ崩壊をもたらす手段のえげつなさ、上っ面だけで形成された人間関係の脆弱性を突いてひとりの人間をいともたやすくどん底に突き落とす。クラス内ヒエラルキートップの人間が形成する“空気”の恐ろしさがひしひしと伝わってきて、こんな高度な権謀術数が水面下で繰り広げられているクラスにのこのこと巻き込まれた日には、対人恐怖症と一生のトラウマを植え付けられそうで怖い。

マルクス主義を標榜する革命家に染まったことも、校内でデモ活動に勤しんだことも、それこそ崇高で壮大な目標を実現するために、夢半ばで朽ち果てることを見越して高校生にして遺書を記したこともないので、どれだけ本作に登場するキャラクターが狂っているかは痛いほどわかる。
学園ものにおいては、“学校”というひとつの空間に同世代の多種多様な生徒が集まるからこそ、ヘンテコな部活が創られたり、濃ゆいキャラクターが登場する素晴らしいジャンルだと思うのだけれど、さすがにこれはヤバすぎではないか?
いったいどんな人生を歩んだら「国家権力の犬」なんて危険ワードを平然と吐き出す女子高生が誕生するっていうんだ。何もかもがぶっ飛びすぎてる。

カンピオーネ! XX

カンピオーネ! XX (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
草薙護堂は神殺しである。『最後の王』ラーマとの決戦を賭けて激突する魔王VS魔王。混戦の中、なんと羅濠教主とヴォバン、最古参のカンピオーネふたりがまさかの同盟!迫り来る最凶タッグに、護堂はやむなく手を組んだドニと共にこれを迎え撃つ!一方、ラーマに寄り添う黒き影にしてその実弟、ラクシュマナも顕現。魔王内戦の裏で、怪しい動きを見せ始める。さらに激戦の最中、導かれるようにしてアストラル界にたどり着いた護堂。そこで、ラーマの圧倒的な力の源『盟約の大法』を無効化するための、ある驚愕の秘策を知る。そのための鍵を握るのは、やはりあのカンピオーネで…!?地上も霊界も全てを巻き込んで加速する魔王内戦、ついに決着!!

七人のカンピオーネが東京に集結して最後の王との決戦を賭けたバトルロワイアル。この世の理から逸脱した王の器を持つ人間たちにより、各々がもつ権能による破格の規模の応酬が繰り広げられるたびに、日本全土に甚大な被害の爪痕を残している事実にはとりあえず目を伏せて、日本のカンピオーネである草薙護堂をはじめとした王たちの激しいバトルがシリーズ最高と言っても過言ではないくらい熱かったです。

20巻の大台に至るまでのシリーズが積み重ねてきた多くのエピソード。そして、草薙護堂がかつて一戦を交えてきた強者が一堂に会する舞台だけでもファンにとってはたまらないのに、これまでにない対戦カードでの王同士のバトルもあって素晴らしかったです。

20巻にあたって、七人の王が有する権能の詳細が網羅されたプロフィールが巻頭で公開されていますが、あらためて護堂のの権能のバリエーションの多さが他を置いて圧倒していることを実感しますね。護堂においては、権能の発動条件や回数の縛りが課せられている厳しいなかで、よくこれだけの強敵を前に生き残れるなと思うこともしばしば。七人の王のなかで最も若い事実や自らの権能の制御に際して成長の余念があるとはいえ、ここまで生き残れてきたのは護堂の王の資質がもたらした因果なのか不思議でしょうがない。

七人のカンピオーネによるバトルロワイアルもひとつの終着点を迎え、次回はいよいよ本当の最終決戦の幕開け。すべての王をねじ伏せて“最後の王”との決戦の舞台に上がるまでの流れも文句なしに面白かったけれど、これから先のバトルがいったいどのようなものになるのか楽しみでしょうがないです。

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」

女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」 (ファミ通文庫)

《あらすじ》
女神に祝福されし勇者の天敵は、人類最大の裏切り者!?
「勇者共をどうにかしてくれ!」いきなり剣と魔法の世界に召喚された外山真一に召喚主の“蒼の魔王”は土下座で頼み込んできた。魔王は可愛い娘のために、美味しい食料を求め人間界に来ただけで、人類に危害を加える気はないらしい。なのに殺しても蘇える勇者達に毎日襲撃され困っていたのだ。せっかく異世界に来たんだし、と真一は勇者撃退に乗り出すが、彼の策略は魔族すらドン引きするものばかりで――!! 第18回えんため大賞特別賞受賞作、魔王の参謀となった少年の勇者攻略譚、登場!

いくら殺されても死なない勇者を再起不能に陥れる手段には仲間もドン引き!! 異世界に召喚されて魔王軍の参謀に就くことになった外山真一のゲスな策略にはめられる勇者の姿は痛快の一言に尽きるけれど、純粋無垢な僕っ娘勇者アリアンちゃんがゲス色に染められるのはえもいわれぬ背徳感があってたまらなかったです。異世界ファンタジーでおなじみのスライムも登場して、素晴らしい具合にアリアンの衣服を溶かしてくれるのも、そのシーンの挿絵を描いてくれるイラストレーターの遠坂あさぎさんの素晴らしいイラストも、どちらも最高に楽しめました(眼福)

真一の魔王軍参謀としての実力と安定したゲスキャラで、物語の多くの場面において会話の主導権と場の雰囲気を作り出すので、全体的に凄くポップな感じにおさまっていてかつ読みやすかったです。真一が属する魔王軍のメンバーとの軽快なやり取りをはじめ、ギャグ要素も含まれているところが楽しかったです。

異世界に召喚された真一に課せられた「人界の食べ物を捧げる」指令も中途半端なまま終わっている点や、たびたび垣間見る真一の過去にまつわるエピソードが明かされていないのが少し気になるので、是非とも続巻の刊行までこぎつけてほしいです(重版報告も出ているので)

妹さえいればいい。 6

妹さえいればいい。 6 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
可児那由多、本気出す。
告白ひとつで人間関係が一変してしまうほど、彼ら彼女らは子供ではない。けれども、心は確実に変化する。心の変化は物語に新たな潮流を作り出し、登場人物たちを否応なく巻き込んでいく。それとは関係なく、アニメ化という荒波もまた伊月を容赦なく押し流す。さらにはGF文庫にも、新しい作家たちが登場する。新展開、新人、新しい仕事、新しい日常。それはそうとぷりけつは相変わらず千年に一人のケツを持つ少女を追い求めていた。そんな彼にも大きな変化が…!?同じようで変わりゆく、青春ラブコメ群像劇第6弾!!

春斗、京のそれぞれが心にひめた想いを告白して幕を閉じた前巻から時は進み、これまでの人間関係にも少なからず変化が生まれるなか、新たな関係を築きあげていく青春ラブコメ劇の怒涛の展開。京への告白もあえなく玉砕した春斗の気持ちの切り替えかたへの潔さがスタイリッシュで、ヤリチン王子と呼ばれるだけのことはあると思いました。クリエイター業界で活躍するキャラクターたちのエピソードは一般人が知ることのない世界の光景を詳細に書いているのに対し、ラブコメ方面においては一度口にしたら決して戻ることのできない人間関係の変化が激しく巻き起こるので、クリエイター業界とラブコメ要素のどちらも存分に楽しめる最高の作品です。

それはそうと、作中で語られる“クソアニメ”とか“フレッシュな新人声優の起用”とか“最近の流行に乗ったテンプレラノベ”とか“俺TUEEE異世界ラノベ”とか“古き良きラノベ”とか“プギーポップ”とか。キャラクターを通してライトノベル業界に対しての熱弁が飛び交うのだけど、事なかれ主義で平和的にライトノベルを楽しんでいる身にはかなり胸やけを起こしそうなエッジの効いた内容でした。いわれのない流言祖語があるのはもちろん把握もしているし、見当違いなライトノベル批判を聞くたびに「こいつ何言ってるんだ?」と思うことは自分もあるけれど、ここまでドストレートに書かれると好奇心で「言ってやれ言ってやれ」くらいに刺激したくなってくる。野次馬根性で楽しむ分にはすっごく面白かったです。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 2

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない2 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「お兄ちゃんはどこまで迂闊なんですか…っ!」ラノベ大賞を受賞した妹、涼花の代わりにラノベ作家としてデビューした俺、永見祐に早くも最大の危機が訪れる―。ラノベ作家の氷室舞から「俺が本当に永遠野誓なのか?」疑われてしまう。俺の不注意に怒る涼花だが「逆にチャンスなのでは…?」と途中からなぜか嬉しそうになり、出した解決方法は―「お兄ちゃんは、私とイチャイチャしてください!」だと!?『妹モノを書くラノベ作家は妹好きに決まってます作戦』が発動され、俺と涼花はショッピングモールや、海でイチャイチャを舞に見せつけることに!?もちろん演技だからな。

お兄ちゃんが好き過ぎるけど素直になれない妹の永見涼花とその気持ちに毛ほども気がつかない兄の永見祐の絶対に交わらないラブコメ劇よりも、プロのラノベ作家として活躍している同級生の氷室舞のほうがヒロインとして高いポテンシャルを秘めていて、もっと舞にスポットを当てた物語になってほしい(願望)

兄である永見祐のもっとも身近にいる人間であり家族でもある(義理の妹じゃないのがおしいです)永見涼花の距離感は、絶対に越えられない“家族”としての線引きがある点が、出番の多いキャラクターの割に好感が強く抱けない。涼花の素直になれない性格を包み隠さずにアプローチを仕掛けたらそれはそれでキモいくらいにラブラブオーラを出しそうで遠慮したいけど、終始ツンデレの涼花を見せられると消化不良でモヤモヤする。そんな風に思っていると「あれ? このキャラ完全に八方ふさがりじゃない?」という結論に至り、自分のなかのこの作品のメインヒロインが相対的に同級生の氷室舞に繰り上がるわけです。
もっとも、「あんたが本物の永遠野誓(ペンネーム)なのか全部知り尽くして暴いてやるんだから!!」とまで舞に宣言されても気がつかない(涼花はこれを側で聞いて顔面蒼白)主人公ですから、真剣な恋愛方面に発展するとは思えないけど。舞が不憫でしょうがない……

そんな舞とのいざこざをきっかけに、永遠のワナビ作家から脱却できる糸口をつかんだ祐が死ぬ気で書き上げた原稿。これがはたして次巻にどんな展開を巻き起こしてくれるのかが楽しみです。