働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「ねえ、クー。ちょっとあたしと結婚してくれないかな?」ロゼッティのクーファへの電撃的な求婚以来、恋人のように振る舞う二人に気が気でないメリダ。折しも、ロゼッティの故郷へと実地研修に赴くことになるのだが、そこは闇に閉ざされた夜界もほど近い、地底都市。メリダたちの来訪とともに、血塗られた秘密が解き放たれたかのように、次々と惨劇が起こる。「ロゼッティが―死んだ」ついに毒牙はロゼッティにまで伸び、犯人の容疑をかけられたクーファは姿を消して…。「お嬢さま。これからあなたの記憶を凍結します」深淵の街で、暗殺教師は少女の眼差しから背を向ける―。

デビューから勢いが止まることなく刊行し続けて安定したクオリティを保ってきたこの作品も、5巻を迎えるまで走り続けてこれたことが何よりも喜ばしい。従者の少年と主の少女という距離感が醸し出す繊細な恋愛感情を描きつつ、王道なファンタジー路線で幾度となく窮地に展開とそこからの逆転劇を目の当たりにしてきたけれど、いつもハラハラさせられる。
ロゼッティからクーファへの求婚がメインヒロインのポジションにいるはずのメリダを飲み込む勢いで一挙にしてメインヒロインの座に頭角を現してきた。もっとも、以前からキャラクターの容姿も性格もクーファとの掛け合いも込みして、ロゼッティ=メインヒロインとして優勢だったので、クーファとロゼッティの関係性を強固にする物語は個人的には万々歳。

暗黒騎士を脱がさないで5 ♯エリー ♯いもけんぴ ♯枕びしょびしょ罪

暗黒騎士を脱がさないで5 ♯エリー ♯いもけんぴ ♯枕びしょびしょ罪 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
故郷・帝国の王の殺害容疑をかけられた暗黒騎士さん(ヒロイン)。攻め入る帝国の暗黒騎士(敵)の軍勢に対抗しようと、啓治たちは複製した暗黒騎士さんの鎧を着込み、大量発生させた暗黒騎士さん(?)で敵を欺く作戦を実行することに―。エリーとノイエが鎧を交換したり、暗黒騎士が暗黒騎士の面接をしたりと、ドタバタ敵味方の暗黒騎士が入り乱れる大混戦の中、遂に暗黒騎士さんが啓治の前で兜を脱ぐ瞬間が訪れ―「え…エリー?」「すまない。私は、ずっとずっと…嘘を吐いていたのだ」…え、これどうなっちゃうんですか?お茶の間系ブラックナイツラブコメ、まさかの本気展開!?

暗黒騎士の正体がついに啓治の目の前で明らかにされる。エリーと啓治のすれ違いによる届きそうで届かないお互いの想い。そんなもどかしくもむずがゆい二人の距離感をまざまざと見せつけられてきただけに、最終巻にしてとうとうこの二人の関係にひとつの結末を迎えたことが何よりもスッキリした。
恋愛方面のエピソードは思い出すかぎりではほとんどなかったけれど、家にフラッとやってきて啓治の部屋でくつろぐエリーにドギマギする光景や、天然気味のエリーが度々見せる無自覚なエロいしぐさ。二人の距離感を縮めさせる直接のイベントは少ないけれど、こまごまとした場面でラブコメ風に慣れ合う姿にはいつもほっこりさせられました。

ギャグ推しで攻めてきたときは『ここまで笑いを取りにきて心の底から笑わせられたのははじめて!』と断言できるくらいに面白かった。本文中で魅せるキャラクターのセリフのワードチョイスも笑いのツボがバンバン刺激されるのはもちろんのこと、イラストレーターの“有葉”さんのモノクロイラストがコミカルな場面の演出をアシストしていて余計に面白くて凄く楽しめました。
カラーとモノクロの両方ともイラストのクオリティが抜群に高く、細かい部分まで丁寧に描かれていて、先日の絵師100人展同様に圧巻されました。

暗黒騎士シリーズはいつも楽しみにしていた作品なだけに完結したことが寂しく感じられますが、木村心一先生のさらなる活躍に期待して次回作も楽しみにしていきたいと思います。

絵師100人展 ライトノベル担当作品をざっくり検索してみた①

5月4日 現在開催中の絵師100人展を観に秋葉原UDX AKIBA_SQUAREに行ってきました。

ライトノベル関連で名前を把握しているイラストレーターだけでざっと30人近くしかいませんでしたけど凄く楽しかったです

普段は文庫本サイズの小さいなかにおさまっているイラストも会場にいけばかなりのサイズに拡大されて眺めることができて、何よりも綺麗かつ鮮やかで見ていて飽きないです。

そのなかで、ライトノベルに関わってきたイラストレーターがどれくらいいるか気になったので、ざっくりと検索してまとめてみました。



文倉十
狼と香辛料(電撃文庫
理想のヒモ生活ヒーロー文庫

あゆま紗由
魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?(MF文庫J)
オタサーの姫と恋ができるわけがない(ファンタジア文庫

有葉
暗黒騎士を脱がさないで(ファンタジア文庫

Anmi
期間限定いもうと。(ファンタジア文庫
クズが聖剣拾った結果(電撃文庫

伊倉ナギサ
魔王が迷宮から出られなくなり勇者に助けを求めたようです(一迅社文庫

植田亮
オレの恩返し ~ハイスペック村づくり~ (アース・スターノベル)
最新のゲームは凄すぎだろ(ヒーロー文庫
夏の終わりとリセット彼女(ガガガ文庫
さよならピアノソナタ電撃文庫
笑顔で魔力チャージ~無限の魔力で異世界再生 (ダッシュエックス文庫

MtU
魔導書姫は教えてくれない(ファンタジア文庫
はぐれ聖者の神剣勝負(一迅社文庫
HP1からはじめる異世界無双(ファンタジア文庫

ERIMO
混沌都市の泥棒屋 (ダッシュエックス文庫)
機動城砦サラトガ (サーガフォレスト)
銃☆射道―Gun Shadow (クリア文庫)
私とわたしと三人の王子さま (朝日エアロ文庫)

えれっと
ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)
瑠璃色にボケた日常 (MF文庫J)
始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇 (ダッシュエックス文庫)

おにぎりくん
異世界家族漂流記 不思議の島のエルザ (ダッシュエックス文庫)

CARNELIAN
華枕 (ぽにきゃんBOOKS)
椎名町先輩の安全日 (MF文庫J)

和遥キナ
近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係 (ファミ通文庫)

かんなぎれい
ある日、神様がスマホにおわしまして2 (GA文庫)

切符
モブ志向な俺がよりによって異世界巨大化無双(ファミ通文庫
ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫)
のうりん (GA文庫)
対魔導学園35試験小隊ファンタジア文庫


エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫
血翼王亡命譚電撃文庫
サクラ×サク(ダッシュエックス文庫

空中幼彩
ニート吸血鬼、江藤さん(ファンタジア文庫

KeG
治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ (MFブックス)
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中(オーバーラップ文庫
隠しスキルで異世界無双(ヒーロー文庫
セイクリッド・クロニクル(GA文庫



どこかミスってたらすみません

2017年 4月に読んだおすすめのラノベ

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

《あらすじ》
この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば―。だが、彼女は俺の前に現れた。灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末に、あるものは―。

小説のなかに登場する理想の女の子“トキコ”と現実の目の前にいる女の子“時子”
時子の過去の言動や日々の生活を詳細に書き連ねた書物が世に出ていて、それを愛好する読者と作中の主人公が現実で出会うというシチュエーションが斬新。二人の奇妙な出会いを描いた冒頭のインパクトが強烈で、「先の展開が気になる!!」というきっかけにも直結して目が離せなくなる。
読者と主人公という関係でお互いに意識して惹かれ合う二人ではあるけれど、恋愛に不慣れで純情な二人なだけに物語のなかの“トキコ”と現実の“時子”に対する想いにも真剣に悩み苦しむ姿が克明に描かれていて、困難な壁に向き合うことになった二人に対してただただ幸せになってほしいという思いに駆られました。
青春ものとしてはもっとも推していきたいいきたい良作であること間違いなしです。


4月に読んだ作品のなかではダントツに面白い作品でしたので、興味のある人は是非読んでみてください。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 8

ロクでなし魔術講師と禁忌教典8<ロクでなし魔術講師と禁忌教典> (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
成績不振による退学を回避するため、聖リリィ魔術女学院に短期留学することになったリィエル。システィーナとルミアも同行し、さらには男子禁制の楽園でお嬢様を手玉に取ろうと、グレンも女に変身し、臨時講師として赴任することに!?…しかし、そこで見たのは、お嬢様グループ同士の抗争で!?「あっれー??ボクが想像してたのと全ッ然ちっがーう!!」女学院という名の鳥籠。先の見えた人生にくすぶる彼女たちは破天荒なロクでなしの姿に触れて―「断言してやる。俺ならお前達を『魔術師』にしてやれる」グレンの講義が、箱庭の少女達の運命の鎖を引きちぎる!

聖リリィ魔術女学院に短期留学するになったリィエル、システィーナ、ルミアと講師として潜入するグレンを含めた総勢4人のメンバーが、聖リリィ魔術女学院に新たな風を吹き込み問題児扱いされているお嬢様グループを真正面から叩きのめす。思い返せば、第1巻でグレンがはじめてアルザーノ魔術学院で教鞭を振るったときも、魔術師としてのプライドを増長させている生徒の認識を根本から覆す諭し方をしていたかな。
今回はそこに、グレンの講義を受けて日々成長を続けるシスティーナたちが加わり、痛快無比の学園魔術バトル(デジャブ)を繰り広げていていつになくバトル要素満載の内容になっていて死ぬほど楽しめました。

グレンが女学院で交友をもったヒロインたちを中心にシスティーナのツンデレキャラとルミアの天真爛漫な笑顔に隠された嫉妬心が火花を散らしている光景がイラストレーターの三嶋くろね先生の挿絵のダブルでじっくり味わうことができて最高でした。システィーナもルミアもどっちも見れば見るほど可愛くてたまらないです。

リィエルの成績不振解決のための勉強の風景も、リィエルの予測不可能な突飛な行動が容赦なく物語に波乱を巻き起こしていて起伏の激しい展開になっているので読むペースがはかどってしょうがない。
リィエルがメインの物語なだけにリィエルの抱える過去に踏み込んだシリアスな場面も多数あり、彼女の今後の人生を大きく左右するターニングポイントにも直結していて非常に重厚感のある物語でした。

ロクでなし魔術講師シリーズはデビュー当時からの安定して読者を満足させてくれるクオリティを提供してくれるけれど、今回も文句のつけようのない満足度100%。現在放送中のアニメではまだまだ表現しきれない場面も数多くあるので、もしもロクでなしシリーズに興味をもった人はぜひ買ってみたほうがいいですよ。自分が面白さについては保証します。

デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン

デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「―わたくしと士道さん、相手をデレさせた方の勝ち…というのはいかがでして?」来禅高校に復学し、五河士道の前に再び現れた最悪の精霊、時崎狂三。狂三の霊力を封印したい士道。士道が封印してきた精霊の霊力を欲する狂三。二月一四日のバレンタインデーに向けて互いのすべてを懸けた二度目の戦争が始まる!「今度は…俺がおまえを、救う番だ…ッ」少女はなぜ最悪の精霊と呼ばれるようになったのか―。世界の運命をひとりで背負い、かつてデレさせられなかった精霊を今度こそ、デートして、デレさせろ!?

自然な色合いをもつ黒色の髪、ごく一般的な家庭料理と学校へ持参する弁当を作り上げる女子力、蠱惑的なしぐさと扇情的なプロポーション。“デート・ア・ライブ”の世界もいよいよ佳境を迎えつつあるなかで人気をかっさらっていくエピソードとイラストが満載の最高傑作になっていると言っても過言ではないかもしれない。
数多くの精霊にかこまれて日々の学校生活を送っている士道のまわりで年間行事であるイベントに遭遇したときの盛況ぶり。行動力と誰も予想をしない方向に突き抜けていくことに定評のある折紙のキャラクターも、士道を手の平でもてあそぶようにアプローチを仕掛けてくる二亜のキャラクターも、バレンタインという一大イベントを目の前にして満足度№1の展開で楽しませてくれて、デート・ア・ライブファンにとってはこの上なく良かった。

今回、物語のカギを握ることになっている時崎狂三をはじめヒロインたちとイチャイチャラブラブな光景で惜しげもなく楽しませてくれたところに、予想もつかない味方からの裏切りにより窮地に追い込まれたり。これまで謎に包まれていた真実がクライマックスで徐々に明らかになり始めていて、デート・ア・ライブ作品がどんな結末を迎えることになるのか続きが楽しみでしょうがない。

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~ (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
取材のため異世界にいく。これ極めて普通のラノベ作家のお仕事です。
中堅ラノベ作家の俺は、編集からのオーダーである「無双とハーレム」を体験するため、KADOKAWAが用意したルートを使って異世界へ取材にやってきた。ガイドの獣人アミューさん、そして、「魔法理論」を勉強するため、わざわざ異世界転移してきたらしいラノベ作家志望のJKと、いざ取材旅行へ出発!だが、孤高無双の勇者は中二病こじらせた二刀流の少年だし、ハーレム三昧の魔王の正体は後輩の売れっ子ラノベ作家!?この取材、どう転ぶかわから…(編集)先生、宣伝足りねーよ!!こうだろ→しがないラノベ作家が取材がてら異世界を救う!?創作と現実が交錯するサクセスファンタジー開幕だ!!

ラノベ業界の定番である“web小説”“異世界ファンタジー”“俺TUEEE”“無双ハーレム”などのあらゆる要素を土台にしたネタが満載のラノベ業界異世界ファンタジー作品。“KADOKAWA”や“カクヨム”を実名でぶち込んでおきながら本物のヤクザの風体をしたラノベ編集者も登場(実在するに違いない)
冒頭からラノベ好きの好奇心を掻き立てるワードのオンパレードで抜群のつかみ。“ラノベ業界ラノベ”というジャンルにカテゴライズされるはずなのに、『KADOKAWAが独自に擁する異世界へ取材へ行くための伝手』から、“勇者”“魔王”“魔法”などの異世界ファンタジー系にまで世界を広げていくところが斬新でした。

ラノベを執筆するための取材という名目で異世界の各地に赴くなかでも、ラノベにおける異世界ファンタジーと実在する異世界とのギャップがコミカルでツッコミどころが満載で面白かったです。
ラノベ好きにとってラノベ業界ものは、自分が興味のある世界を作品を通して知ることができかつ楽しめる作品ではあるけれど、そこに剣と魔法で戦う内容も混ぜたら面白くないはずがない。ラノベ好きにはたまらない作品でした。