働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

精霊幻想記 9.月下の勇者

精霊幻想記 9.月下の勇者 (HJ文庫)

《あらすじ》
転生者であることを打ち明けてくれたリーゼロッテの協力の下、夜会の前に皇沙月との謁見機会を得たリオと美春。準備を整え、夜会の開催地である王都ガルトゥークへ赴いたリオたちは、遂に捜し求めていた沙月との邂逅を果たす。再会を心の底から喜び合う美春と沙月に対して、リオは今後の行動方針について話を切り出すが―「私は…ハルトさんと一緒にいたいなと思っています」様々な想いが交錯する“夜会編”、ここに開幕!!

異世界に召喚された勇者たちとの邂逅を果たし、ハルトが自らの正体を美春に明かす決心をするというシリーズファン待望の展開。
セリア先生の結婚式では花嫁をさらい、幼なじみの美春を奴隷商人の魔の手から救い、その他にも気がつけば数多くのヒロインから好意を寄せられる天然ジゴロ。
膨大なページ数を割いてひとりひとりのヒロインとハルトの何気ない日常でのやり取りから、恋心に移り変わるに至るエピソードが丁寧に作られているので深く感情移入してしまいます。自分は常日頃、「セリア先生はあれだけドラマチックに救われたらリオ以外の男性と結ばれる未来は見えない」「もしリオがセリア先生以外を選んだら生涯独身を貫きそう」……などとよからぬことを思い描いてしまうのだけど、これはもう魅力的なヒロインが多すぎて落としどころがわからなくなってきました。

9巻にして、いよいよ日本から異世界に召喚された勇者たちの全貌が明らかになり続々と新キャラクターも登場し、さらなる盛り上がりを見せてきた本作品。やはり注目すべきは、ハルトと美春の異世界での関係を目の当たりにしたもう一人の勇者が抱いた嫉妬心をチラつかせたシーン。これはシリーズ1巻でハルトが目撃した光景にもつながるのかな(だいぶうろ覚え)。
正直に言うと、これがネトリ属性かとひとりで爆笑してましたw
思い返せばセリア先生をはじめ、純粋な恋愛感情を演出した清涼感のあるドラマチックな展開は目にしてきたけど、ここにきてえぐみのあるドロドロな感情が渦巻く展開に突入するフラグが立つとは想像だにしなかった。
フラグを回収するにしろしないにしろ、一度芽生えた感情は何かしらでケリを付けなければ清算されるはずはないので、是非ともハルトと美春の関係を一歩前進させる踏み台に使ってほしい所存です。

あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
心は両想い。なのに――本音が隠れすぎてて結ばれない!?
完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた!そんな涼葉の本音―それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ!お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね!ということでさっそく告白をしたものの…断られちゃった!?MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!

bc.mediafactory.jp

青春ラブコメもまだまだ捨てたもんじゃない!
ことの発端は神様から授かった『生徒会長:氷室涼葉の言葉の裏に隠された本当の気持ちを聞き取れる』能力。副会長の田島愛斗との言葉のやりとりが常に毒舌だけど、その内心が惚れ惚れするくらい恋愛に奥手のヘタレポンコツヒロイン。そして、「(よし、ここはひとつハッキリと伝えるぞ!)」と意気込んだ大事なシーンの時に限って、涼葉の根っからのヘタレキャラが災いして言葉足らずなまま相手に伝わってしまい綺麗なアンジャッシュコントが生まれる。メインヒロインで優等生キャラなはずなのに愛斗とのやり取りは常に頭のなかはお花畑で自分のやらかした失態に絶叫の連続。ギャップ萌えの見本になるようなメインヒロインでした。

涼葉の本音を包み隠さず聞き取ることができるのだから、主人公である愛斗の視点からだと両想いが確定で順調に恋人関係をスタートさせることができる……、はずなのに。ヘタレポンコツヒロインの涼葉が愛斗の一世一代の告白を振ってしまう珍事が発生。そもそもが愛斗の良心で「自分から涼葉に手を差し伸べてあげる」ことで、あとはオーケーするだけというシチュエーションを作ってあげたのに、それをぶち壊す展開にはさすがに笑いを抑えきれなかったですw

青春ラブコメは既にジャンルとしても確立されていて長年数多くの作品を読んできたけれど、物語の土台になる部分に一捻りを加えるだけでここまで面白いものを生み出すことができるのかと改めて実感しました。
これは文句なしにおすすめしたい作品なので、まだ読んでいない人もしくは買っていない人には是非おすすめしたいです。

ありふれた職業で世界最強 7

ありふれた職業で世界最強 7 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
神山での戦いを終え、リリアーナたちを伴い飛空艇“フェルニル”で帝都を目指すハジメ一行。そこに同行する光輝は思い悩んでいた。なぜハジメは強いのに、力を“正しく”使わないのか、と。その道中、帝国兵と戦うハウリア族と出会ったハジメは、魔人族と帝国兵に侵攻を受けたフェアベルゲンの現状を知ることに。ヘルシャー帝国に向かったハジメは、“彼ら”の計画を知り…!?「膳立ては上々。そろそろパーティーの時間だ」―カウントゼロで奴らが動き出す。“最強”異世界ファンタジー、第7巻!

ハジメがハウリア族に施した人格改造トレーニングの成果が帝国兵に猛威をふるう。最弱の亜人でもあり異世界では奴隷として重宝される種族のはずが、地獄の特訓を経て変貌を遂げた結果、ブービートラップ・一撃離脱・最弱ゆえの危険予知能力をフル活動した殺戮ウサギに進化していた。
ハジメとシアの初邂逅が2巻の頃だったと記憶しているが、そのときのネタがここにきて再燃するとは夢にも思いませんでした。なんだかもう、最弱種族として油断していたところに、件の殺戮ウサギがヒャッハーしながら慈悲もなさけも微塵もなく首をチョンパしていて、血生臭い残虐なシーンのはずなのに、やたらとコミカルに映る。
言の顛末の発端でもある白髪隻眼の主人公様も傍観と投げやり感が満載で、今回においての主役は間違いなくハウリア族ですね(笑)

さて、ハジメたちにおいては長年の帝国への恨みを果たすハウリア族のサポートに徹していて目立った活躍はなし。しかしながら、ハジメをめぐる修羅場を手を変え品を変えでコミカルに演出し、存分に楽しませてくれました。
最強の力を擁する主人公にだけ許される我が道を突き進むスタンスの生き方。それこそが、ありふれた職業で世界最強の魅力の秘訣だと思います。
アニメ化も決まったこともあり、今後のますますの活躍に期待です。(補足:前年のこのラノでは協力者として1票入れさせていただきました)

ありふれた職業で世界最強 零 1 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 零 1 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 7 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 7 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 6 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 6 (オーバーラップ文庫)

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!6

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!6 (GA文庫)

《あらすじ》
「きゅっ!? 求愛、ですか!?」
帝国統治下のヤマト自治領に調査のため乗り込んだ司たちは、住民の幸せそうな様子に驚かされる。しかも監査官ジェイドと自治領主マヨイの歓待の最中、リルルと林檎に司への告白チャンス到来!?
どこまでも平穏なヤマトでの外遊。しかし、その裏に潜む暗い情念はヤマト全土に確実に影を落としていた。一方エルム共和国では総選挙が開始。ヤマト自治領に対する方針を巡り、テトラ率いる≪原則派≫とユーノ率いる≪改革派≫が繰り広げる選挙戦は必要以上に過熱し、留守を預かるゴッド暁に困難な選択を迫ることに!異世界革命物語第6弾!!

超人高校生たちが異世界に新たな風を吹き込む。エルム共和国で史上初となる総選挙の開催。ヤマト自治領に対する方針を軸に『原則派』と『改革派』で二分され、多くの国民を前にした公開討論を経て激しい議論が交わされる。
今回の最大の山場であり見せ場でもある公開討論。今後の国家の行く末を担う総選挙とあって討論のなかでのやりとりが聴衆にわかりやすい言い回しになっており、現実的な道筋を見据えた将来のエルム共和国の姿を各派閥でしっかりと組み立てられていてわかりやすかった。『原則派』と『改革派』のどちらが勝ったか負けたかといった結果だけではなく、討論の内容や最終的な国民投票等を含めて細かいところで各陣営の思惑と策略を張り巡らせることで、より深みのある展開を楽しませてくれるところが素晴らしい。

『原則派』と『改革派』の掲げる公約がいかに国民に受け入れられるか。表面的な部分で言えば“正しいものが勝つ”正しい世の中だが、世論や空気の流れを操る技術に優れた者、莫大な資金力で宣伝を行う者。いまなお、腐敗した貴族がはびこる異世界で、正義と悪が衝突したとき、悪が巧みに絡めてを駆使したときの憤り。海空りく作品は、悪にあたる人間たちが愉悦に浸るときは、徹底的に正義を屈服させにかかるので、読み手の感情を激しく揺さぶりにかかってくる。
もうダメなのか、正義が勝つ可能性はないのか……。そこまで痛めつけておいて、ラストは綺麗に悪をさばいてくれる。そんな勧善懲悪な側面もあるので、定番の異世界召喚ファンタジー作品でもとても気に入っている作品です。随所に海空りくらしさがあって最高でした。
次巻も楽しみにしてます

ニートの少女(17)に時給650円でレベル上げさせているオンライン

ニートの少女(17)に時給650円でレベル上げさせているオンライン (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
MMOを愛するサラリーマン・石破真一(27)の部屋には、ニートの少女・瑞薙水那(17)が居候している。金髪美少女JKと同棲、といえば聞こえはいいが、「お腹空いた」と起こしにくるし、風呂上がりにタオル一枚でうろつくし、ネトゲのレベル上げバイトはサボるし…社畜ゲーマーがネトゲに社会復帰に、ダメかわいい少女を育成!?

sneakerbunko.jp

27歳のサラリーマン男性主人公なら成人向け漫画でも活躍されているkakaoさんの描く金髪美少女ニートと同棲して、警察沙汰になる事案が発生してもおかしくなさそうなのに……。主人公の大家の娘の熱烈な露骨で熱烈なアプローチにものらりくらりで、それだけの好意を向けられるのに何故据え膳を食わないのか。これがライトノベル主人公に科せられた呪縛なのか。
しかし、理性を保ち一線を越えない距離感から大人の対応で受け流すラブコメ劇がとても心地が良く、むしろ大家の娘さんをはじめヒロインたちがはじけていて楽しかった面もありました。

プロローグから主人公と同棲していたニートの少女・水那の八年後の未来が描かれていて、冒頭のつかみの部分から『主人公の周囲にいったい何があったのか……』と、好奇心を掻き立てる構成になっている本作。もっとも、瀬尾つかさ(作者)のブランド買いで手を出した自分にとっては、続巻を視野に入れた構成なのか、単巻完結で〆るためなのか、自分の考えすぎで全く意図のないものなのか。3パターンほど頭をよぎりました。結論から言えば、単巻完結のほうが綺麗におさまっていたし読後感も良かったので、続巻がなくてもOK(あれば買います)

VRMMOではなくMMOを題材することによって操作キャラクターを画面越しで俯瞰する状態でゲームをプレイする環境となり、それに連動して『PCをフル稼働して垢BANに直結する違反行為に手を染める』『回線処理速度がもたらす遅延がMMOにとっていかに致命的か』といった、オンラインゲームの接続環境などの話題になで話が広がっているところが面白かったです。
自宅でネトゲ三昧な主人公がPC環境にかける細かいこだわりが随所に見られ、そのネタをゲームにそれほど詳しくない自分にわかりやすいレベルに落とし込まれて読みやすかった。それに、ニートの水那が手の込んだ手抜きをしたことにキレる主人公の心境も非常にわかりやすく、いかに水那が自堕落かがよくわかりました。

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?2 堕天の翼

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?2 堕天の翼 (MF文庫J)

《あらすじ》
世界は人類が五種族大戦に敗れた歴史へと「上書き」された。強大な異種族に支配された地上でただ一人、人間が勝利した世界を知る少年カイは、全ての人間から忘れられた存在になりながらも、英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」ことを決意する。運命の少女リンネと共に悪魔の英雄ヴァネッサをうち破り、人類を悪魔族から解放することに成功。さらに霊光の騎士ジャンヌと共に、蛮神族の領土イオ連邦へ。天使やエルフ、ドワーフたちの支配地でカイが見たものは、蛮神族の英雄・主天アルフレイヤの豹変だった。「主天様は…変わってしまわれた。すべてはあの時から…」早くも大ヒット!圧倒的反響を巻き起こすファンタジー超大作、第2弾!

人類が勝利をした真の世界を取り戻し正史を上書きした種族の正体を明らかにするため、人間が勝利した世界を知る主人公のカイは次なる強敵に挑む。物語が進むにつれて世界の真相を解明する重要なピースが徐々に揃い、読者の『続きが気になる!!』『結末が気になる!!』という感情を刺激し、いつも素晴らしい構成でクライマックスに急展開を持ってくるので、なおのことファンの心をわしづかみにしてくる。

まず何と言っても、人類が他種族に比べて個人・集団戦において圧倒的に戦力で劣っている点から限りなく勝算が薄い賭けに挑んでいること。人類の命運を握る主人公のカイと天魔の少女であるリンネを筆頭にした戦力でもってしても、ギリギリの戦いを強いられている状況。
これらの要素をいかに自然な流れで組み込み物語として成立させるかが作者の技量によるものだと思う。結論としては、申し分のないクオリティーであり、人類が現在の戦局から行動の方針をとって死力を尽くした結果新たな勝利をつかみ取るに至った展開をハラハラドキドキしながら楽しめる傑作でした。

これだけの素晴らしい作品を提供してくれる作者を知ってしまったからには『作者買い』しても、作品のクオリティーが担保できそう。
第1巻を読んで、このラノ協力者として推薦した作品でもあったけれど、2巻でも全く勢いが衰えることなく楽しめる作品でしたので、まだ読んでいない人には是非おすすめしたい作品です。

質問箱 回答まとめ

先日の質問箱に送られた質問に対する回答のまとめです。すべて匿名なので誰が何を質問したのか全くわかりませんが、ほぼほぼライトノベルに関連する話題で、ごくごく一部がプライベートな内容でした