働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 7

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 7 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
サブ研部長の結奈が卒業し、萌香には留学騒動!?そんなドタバタから始まった春休みのある日…最大の事件は起きた!「お願い…私を、一真くんの家に住まわせて!」母親と喧嘩した萌香が家出してきて、両親不在の俺の家で同居することに!?「…かずまくん、まだねむい。いっしょにねよ?」寝起きの悪い萌香を起こしたり。「今日は出かけずに2人きりがいい!」1日中ごろごろエロゲしたり。「覗いても…怒らないからね?」夜はお風呂に誘われたり!?果たして保つのか、俺の理性!?朝から夜まで24時間萌香といっしょ。新婚エロゲみたいな甘々春休み生活スタート!?

萌香が彼氏にベタぼれ過ぎて頭脳明晰な優等生ヒロインがシリーズ最大の山場で恋愛脳に侵されたポンコツヒロインに成り下がってる!!
このバカップルの好感度は今日に至るまで数々の修羅場とすれ違いの末の和解を乗り越えてきた関係なだけに、全く揺るぐことがない。これ以上にないくらいエロゲのような学園ラブコメを満喫して順風満帆だったので、“留学騒動”でテコ入れをせずにごく普通に一真と萌香が進路について悩む展開のほうが自分としては嬉しかった。一真が萌香と一緒の大学に進学する未来、妹の涼香が高校に入学して来て盛り上がるサブ研、萌香が専業主婦を夢見る光景などなど。両親不在のカ一真の家に押し掛けて同居するくらいの行動力があるなら、キス以上の大人の階段を一歩踏み込んでもいいだろう!!自分が求めているのはもっと過激なエロさだったんだよ!!
今回の留学騒動をきっかけに始まった萌香の家出とそれに関連した物語の顛末も、『シリーズ7巻目という大台に突入しつつある作品なのに全く中だるみを感じない傑作ラブコメ』を喧伝できるくらい読後感の良い内容だったけども!! 一真と萌香のやり取りを見ていると寸止めをで永遠にじらされている感じもあって物足りない部分もある。信じられますか、この二人はまだキスまでしかしていないんだぜ?

次回からは新シリーズに突入ということなので、ファンタジア文庫で今もっとも勢いのあるラブコメがどんな物語になるのか楽しみです。

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
同じクラスの庄川さんは魔光少女だ。(すごくかわいいい!)彼女の身バレを防ぐために、完璧フォローを誓った僕だけど、『クラスのど真ん中で変身しようとしないでくださいぃぃぃ!』超弩級のうっかりさんだった!もっと細かなフォローをするためには、常に一緒にいるぐらいの心構えでいなくては…。「庄川さん!(物理的に)付き合ってください!」「あ、はい」よし!これで、一緒にお昼を食べたり、下校したり、遊園地に行ったり―お助けキャラとしてフォローは完璧だな!…ん?恋人同士?いやいや、お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか。無自覚だらけの勘違いラブコメ!

fantasiataisho-sp.com


本当に伝えたいことはきちんと言葉にしましょう。そうしないとどうなるかって?
「(物理的に)付き合ってください」「あっ、はい」→カップル成立にしか見えない。第三者(読者)目線でも勘違いせざるをえない絶妙な言葉のチョイス。お互いに少なからず違和感を抱いているはずなのに、先入観と固定概念とラブコメの神様の働きかけで掛け合いが成立するのだからもう笑うしかない。同レーベルに先日アニメ化されたゲー〇ーズという作品があったような気がするけれど、イメージとしてはあれに近いです。

魔光少女の庄川と彼女の秘密を守るためにお助けキャラに徹する平地の他にも、二人の関係を勘違いする人がいます。クラスメイトでスクールカースト上位の空橋は二人を恋愛関係だと勘違し平地を陰キャ脱却のためにアプローチをしてくれ、同じくクラスメイトの里崎は庄川をBL同士だと勘違いし庄川&平地&空橋の三角関係から庄川をアプローチしてくれます。
何故か平地×空橋のカップリングが成立しているのは、BL愛好家の妄想と勘違いからです。それにしても、『勘違い』を連呼し過ぎてゲシュタルト崩壊を起こしそうだけれど、全て事実だからしょうがないw

「どうしてこうなった!!」とツッコミを入れたくなる複雑怪奇な人間関係が構築されているが、全て今登場した4人それぞれの視点で物語が進行していくので、読者としては非常に状況が把握しやすい。状況が把握しやすいということは、それだけこの勘違いコントを楽しめるということ。自分は終始クソみたいに笑って読んでました。

ファンタジア文庫新人賞作品で最初に手を付けた作品でしたが、文句なしに面白い作品でしたのでゲー〇ーズが好きな人やラブコメが読みたい人は是非手に取ってみてください。

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。 2

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。 2 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
思い出のレンタルビデオ店でついに小春と再会を果たした大治郎。今度こそは彼女に嫌われないようスケベ心を抑えることを誓う大治郎だったが、学園を脱走してきた小春の前に追っ手が立ちはだかる。それは―なんと小春!?脱走した小春の正体は、外見と能力をコピーする超能力者“三枝ゆきね”だった。その事実を知った大治郎だったが、顔も声もまったく同じという二人の小春が戦う姿に当惑を隠せないでいた…。やがて事態は街をも巻き込んだ大騒動へと発展していく!サイキック青春ラブコメ第二弾!

超能力を有するがゆえに普通の女子高生が送る平凡な日常に憧れる少女とごく普通の男子高校生の青春を描いたラブコメ作品。
前巻で超能力により倒壊したビルに関連して、合コンに同席していた人物たちの記憶を消去したことにより、大治郎と小春の運命的な出会いが全てリセットされたかに思えたけれど、引かれあう二人の因果なのか偶然の再会を果たす。こんなドラマチックな再会はきっと作者という超能力者の思惑に違いない! 何はともあれ、コミュニケーションツールが一切なく待ち合わせもなしに二人が出会えただけでよかった。

今度の物語は、超能力を身に宿し一般社会から隔離された環境下で生活している生徒の脱走劇。外見も能力も完璧にコピーしてなおかつ立ち居振る舞いも完全に本人にそっくりな超能力者。サイコキネシスパイロキネシス、テレポート等の物理法則を大きく逸脱した正真正銘の超能力なだけになかなかのくせ者。しかし、一見して完璧に思える超能力にも想像力を働かせれば気が付けるようでなおかつ、そんなくだらない方法で弱点を突き崩せるのかというバカバカしくもあり予想外な展開で面白かった。

この作品が今後も続いていくか明言されていないため定かではないけれど、是非とも続巻の刊行が可能であれば視野に入れてほしいし、これからもこの作者には活躍してほしいです。
デビュー作の『あの夏、最後に見た打ち上げ花火は』も大変すばらしい作品で感動したので今後も楽しみにしています。

あの夏、最後に見た打ち上げ花火は (ガガガ文庫)

あの夏、最後に見た打ち上げ花火は (ガガガ文庫)

僕と君だけに聖夜は来ない

僕と君だけに聖夜は来ない (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「好き」――彼女はそう言って、何度も死ぬ。
12月24日の夜。高校生の理一は、片想いの相手・なつみと結ばれる。しかし喜ぶ間もなく目の前で彼女は命を落とし、気づけば2日前に戻っていて…。「好き」をトリガーに時間が巻き戻ることを知った理一。大好きな彼女の告白を回避しようとするが、どう足掻いてもなつみは告白し、死んでしまって、そしてまた―「好きだよ、理一。君が好き」クリスマスイブに閉じ込められた理一は、繰り返す悲劇を越え、未来を手に出来るのか。

決して抜け出すことのできない12月24日をループする日々。突如見舞われた謎の現象を前に、はじめはただの悪夢だと勘違いしていたが、何度も目の前でなつみが命を落とす瞬間を目にするうちに精神を摩耗していく。理一の心境が刻々と変化していく様子が丁寧に描写されており、『ループ』が起きるためのトリガーを冷静に突き止めて現実的な対策を試行錯誤していく展開が面白かった。
なつみからの「好き」をトリガーにするのであれば、彼女と物理的・心理的距離を離せば解決すると思いきや、文明の利器“LINE”の通知が絶えず鳴り響いて心を惑わせ、恋仲になれるほどの良好な関係を壊すために嫌われようと努力をしてもたったの2日で覆せるほどのやわな関係ではない。むしろ、『理一の態度が急に変わった事実を心配する』とても健気で最高のヒロイン像を作り上げていて余計に身を引き裂かれるような思いに駆られる始末。
これだけの生き地獄に晒されて、両思いの理一となつみが決して結ばれることのない世界を味わわされたら感情が揺さぶられ過ぎてどうしたらいいかわからない。
最高のヒロインと最悪の展開のダブルパンチが急所に刺さって、傑作ではあるけれど切なくて悲しい物語でした。

僕と君だけに聖夜は来ない (角川スニーカー文庫)

僕と君だけに聖夜は来ない (角川スニーカー文庫)

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)

いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)

いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)

異能バトルは日常系のなかで 13

異能バトルは日常系のなかで 13 (GA文庫)

《あらすじ》
「さあ、始まりの終わりを始めよう」日常と異能が交わり、物語は引き返せない『最終巻』へと突入する。結局どれだけ取り繕おうと、この物語は虚構だった。全ては誰かが書いた欺瞞の積み重ねでしかなく、砂上に描かれた絵のように儚く消えゆくだけの一夜の夢でしかなかった。俺もみんなも、所詮は創作されたキャラクターに過ぎないのだろう。宙ぶらりんのまま忘れ去られようとしていた物語は思い出したように終わりを迎える。絵にも描けないぐらい眩しく輝く黒歴史に一つの終止符が打たれる。観客のいなくなった舞台でそれでも叫び続けよう。「俺達は本物だ。虚構じゃない」『厨二病』エンタメ、堂々大団焔!

本当の最終決戦の火蓋が切られる完結巻かと思いきや、初っ端から文芸部メンバーとのifルートを描いた後日談兼バカップルラブコメ。JSの千冬ちゃんとデートに出かけて危うく通報されかけるまでは既定路線。彩弓さんとの受験勉強デートはPCのデスクトップ画面に残ったエロ検索ワードが発覚して大惨事になりかけ、鳩子は幼馴染みから一歩進んだ関係に進むことに羞恥心を感じて二の足を踏んでいるところが初々しくて嫉妬に狂いそうになる。ifルートの〆はやっぱり灯代でした。往年のツンデレ中二病ワナビラノベ作家のキャラクターからデレデレラノベ作家にまで進化していて、ツンの要素が完全に消滅していた。恥ずかしくなるくらいに灯代が惚気ていてクソ甘過ぎてお腹いっぱいになりそうでした。
そんな感じで、文芸部の全メンバーのそれぞれと交際したときのifルートが本編の構成に上手く絡めて披露され、ある種のボーナストラック兼短編の外伝的ニュアンスで楽しめたので、完結までシリーズを追い続けていたファンにとっては嬉しい内容でした。
本編で安藤たちを巻き込んだ精霊戦争の結末? ラブコメが面白すぎて完全に知らない子ですね。望公太大先生らしい皮肉たっぷりのメタった展開が満載の物語だったと思います(小並感

ポンコツ勇者の下剋上

ポンコツ勇者の下剋上 (MF文庫J)

《あらすじ》
王立士官学校の卒業を間近に控えたクロウ。ある日彼は、選ばれし勇者にしか扱えない神剣―聖光剣エクスキャリバーの声を聞いてしまう!声の主である聖光剣の精霊・ホリーが言うには、世界を滅ぼす魔王が復活するため、一刻も早く勇者を探して聖光剣を渡さないといけないらしい。クロウは、剣を勇者に届けるというお手軽なお使いだけで世界を救う立役者になれるならと快諾し、勇者を探す旅に出た。ところが問題児のクロウと、性格がハチャメチャなホリーの2人で旅は前途多難!さらに見つけた勇者は、なんと奴隷の幼女で―!?一体どうやって連れて帰ろう…?“あの子の主を、私を使ってぶった切れば良いんじゃないですか?”「良くねえよ!」

魔王×勇者を題材にした王道路線のファンタジーにアレンジを加え、平凡な士官学校の生徒を主人公にして神剣に選ばれた勇者を探すために旅に出る笑いあり涙ありの作品。神剣“聖光剣エクスキャリバー”に宿る精霊の声を勇者以外で唯一存在を認識することのできる主人公の特別な能力を、様式美だけの設定として腐らせることなく勇者を探すための旅路で余すことなく活用していく展開には度肝を抜きました。
何故ならば『主人公と聖光剣に選ばれた勇者にしか存在を認識できない』とは、いうなれば人に知られることなくいろんなことができるということ。それが、日銭を稼ぐために立ち寄った賭場でタネも仕掛けも全く見破れないイカサマを仕掛けようとも、潜入予定の屋敷の警備体制を丸裸にしようとも、幅広い活用方法があるわけです。
そこに目を付けて、序盤から漂う使い古された王道なファンタジー作品から一歩抜け出したコミカルな展開に持っていく発想が面白かった。
新人のデビュー作ということで手に取ってみましたが、人並ではあるけれど十分に楽しめる作品でした。

ワキヤくんの主役理論2

ワキヤくんの主役理論2 (MF文庫J)

《あらすじ》
青春公園での一件の後、俺はこれまで通り、青春を目一杯楽しんでいた。学校で勝司たちと他愛も無い話をしたり、駅前にやたら良い雰囲気のおでん屋台を見つけて、店主の少女・赤垣此香と友人になってみたり。―しかし、日常は唐突に破られた。「我喜屋先輩は姉が好みではありませんか?」突如やってきた、叶の弟・望くん。彼の目的が全く解らないまま、何故か目の前でさなかとデートをすることに。しかし、さなかも何か思うところがあるようで…?主役男と脇役女によるおかしな青春勝負、第2弾。今回はさなかが主役…!?

主役理論と脇役哲学を掲げる鏡写な二人の男女の青春勝負。熟年夫婦のように息もピッタリなのに決して相容れない水と油な関係性が滑稽に思えてきて、綿密に練られたコントを見ているようで笑いが抑えられなかった。そもそも、ごく普通の高校生がフラッとおでん屋に立ち寄った翌日に同じ場所で同居人と遭遇する時点でラブコメの神様の悪戯の可能性が頭の中をよぎったけど、「あっ、この二人なら100%ないな」と真っ先に切り捨てました。純粋に考えることが同じだからそろって同じ店にやってきただけでした。

そんなこんなで、今回は友利叶の弟が突然自宅に訪れ同棲生活が露見して大惨事になりかけたり、ひょんなことからさなかとワキヤ君がデートすることになったり、おでん屋の店主とワキヤ君の何気ない会話からラブコメの波動を感じたり……。物語のメインストリームとは別にワキヤ君が意図しないところで主役キャラとして十分なくらい活躍していたと思うのは気のせいでしょうか。彼は俗にいうリア充に違いない。

ラストには気になる結末を据えられていて、先日の“好きラノ”で投票するほど好きなファンにとっては次巻が楽しみでしょうがないです