働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊―

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊― (LINE文庫エッジ)

《あらすじ》
“アニマ・ディザイア”―それは人間と精霊が争う統一王座決定戦。だが世界の覇権を巡る争いは精霊の策略で公平性を失っており、彼らに搾取されるだけの人々に希望はない…筈だった。「正々堂々と戦って、みんなに認められる王様になりたいんだ!」無謀な夢を抱く少年ハルは、精霊を食らう異端の精霊エリカと出会って運命を知る―彼らには二人で一つの王の器があるのだと。奇襲・陰謀・裏切り・絶望…圧倒的逆境を熱き絆で勝ちあがる、最強バディファンタジー譚、開幕!

人間の感情により生まれ、人間の感情を糧に生きる精霊。精霊により支配された世界で玉座につく資格を有する人間と精霊たちによる戦いが幕をあける。
そこに現れたのが、精霊の食らい人間に貶める能力を持つ精霊エリカ、精霊と人間の混血児であるハルの二人。
人間と精霊がいがみ合う世界に抱く願いは、玉座を争う他の資格者たちによる幾多の陰謀や裏切りにより絶望の淵に立たされるなかでも泥臭く貫き通す姿が輝いていて、とても熱いバディバトルファンジーでした。

一人では不可能なことも二人でなら可能、一人が道を間違えたならもう一人が道を正してくれる。
まだまだ未熟な二人の少年少女が一つの玉座を目指すなか、お互いを刺激し合い切磋琢磨する光景や戦いのなかでさらなる成長を遂げる少年漫画のような熱い展開もあってとても面白かったです。
人間と精霊がいがみ合う世界のなかで、エリカの持つ能力により貶められた存在が辿る悲惨な末路もこの作品の世界観がしっかりと描かれていて引き込まれました。そして、そんな人間に堕ちた精霊たちがエリカに向けた恨みを抱くてあろう自然な行動心理が先々の展開にも上手くつなげられていて、波乱続きの戦いの演出にもなっていて良かったです。

2巻の刊行に是非とも期待したいです。

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊― (LINE文庫エッジ)

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊― (LINE文庫エッジ)

神託学園の超越者<トランセンダー> (GA文庫)

神託学園の超越者<トランセンダー> (GA文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 5

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 5 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
ボーンソニア王国の王位継承争いに決着をつけたヒカルは、王都の衛星都市ボーンドに戻っていた。騒動の最中に、ヒカルが「シルバーフェイス」であると気づいたギルドマスターのウンケンは、ある意味命の恩人のヒカルのために、修業と称して持てる技術の全てを教え、恩返しとした。そしてその修業の「卒業試験」としてヒカルに課せられたのは、ダンジョンにて実践を積むことだった。一方、ジルアーテもまた、アインビスト連合の盟主ゲルハルトからとある「試験」を伝えられる。それは聖ビオス教導国にあるダンジョン『魔錠の迷宮』に存在する水の精霊魔法石を取ってくるというもの。成功すれば水が貴重なアインビストでは大きな利益となり、ジルアーテの実力を知らしめることができる。偶然か運命か、ヒカルとジルアーテは再び同じダンジョンに集うことになり―。

かつて、ジルアーテのもとから何も告げず突如として消えたシルバーフェイスと遠い異国の地で再会するという運命のめぐり合わせ。
ジルアーテの人生を変えてくれた存在とまた言葉を交わせる機会も得られたことだけでも感無量の気持ちですが、行動を共にするなかでヒカルの正体についても勘付き始め、彼女のなかに生まれた感情を自覚したときの展開がドラマチックでたまらなかったです。
ヒカルが異世界に転生した際の命題でもある『世界を渡る術』に進展が見られたことから、異世界↔日本の繋がった先の展開が連想されたり他にもギルドマスターのウンケンにヒカルの正体が露呈したけどその事実は伏せられたままだったり、いろいろなことが起きました。でもやっぱり、ヒカルとジルアーテが再会を果たして思いの丈を打ち明けるワンシーンが何よりも印象的でした。
web小説の書籍化作品ですが経験則で見てもストーリーのメリハリが効いていて読後感も良かったです。
ヒーロー文庫作品のなかでもかなりお気に入りの作品なので是非とも完結巻まで走破してほしいです。

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 5 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 5 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件

f:id:murabito1104:20191109232618p:plain

《あらすじ》
健気美少女JKがめいっぱい尽くす、“放課後限定の同棲生活”スタート!
自堕落な一人暮らしを送る高校生の俺・常盤木翔和。
ある日同じ学年の癒し系美少女・若宮凛を空腹から救ったことがきっかけで、
「受けた恩をお返ししたいんです!」
学校でもバイト先でも、彼女がついて回るようになり!?
面倒見のいい凛は、バイト漬けでピンチな勉強を根気よく教えてくれて、部屋を掃除して手料理も作ってくれて……気が付けば、“放課後限定の同棲生活”が始まっていた!
なぜ俺なんかに構うんだ? 聞いても凛はこう答えるだけ。
「これはただのお節介、ですよ?」


衣食住が全て壊滅的な自堕落な主人公が美少女JKからの恩返しを受けて同棲生活を送る学園ラブコメ作品。
ゴミ屋敷の住人と化したアパートの一室を完璧に掃除もしてくれ、健康的な手料理を振る舞い、昼食は手作りのお弁当も用意してくれ、授業が睡眠時間と化している主人公の成績アップを測るため勉強を教えてくれる完璧ヒロイン。
一度でも生活水準を上げたらこれまでのような生活には絶対に戻せない悪魔のような依存性のある美少女ですね。もっとも、美少女でなければただのメンヘラストーカーにしか思えないですけどww

空腹だった若宮凛を救ったことがきっかけでスタートした半同棲生活ですが、恩を返し返されの関係が繰り返されていくなかでお互いのなかに新たな感情が芽生えていき、不器用ながらも距離を縮めていこうとする青春模様が微笑ましい作品ですね。
学年の美少女と親し気にやりとりする光景を目の当たりにした他の男子クラスメイトたちからは嫉妬の感情をクソほど浴びせられるのもお約束の展開ですが、ことの真相は半分同棲生活で一応は親公認の関係。さてさて、全てが明らかになったときはどんな感情が湧き上がってくるのやらw

良妻賢母な癒し系ヒロインによる放課後限定の同棲生活から始まる学園ラブコメ。ストレスフリーで読めるほっこりする作品でした。

(唯一気になったのが、高校生がこれだけバイトだけの日々を送っていたら年間〇〇万円の壁を越えたりしなんでしょうか?)

疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいんだが?

f:id:murabito1104:20191106231650p:plain

《あらすじ》
幼馴染敗北展開が大っ嫌いだ! 夢の中で意中のあの子とやりたい放題!
幼馴染。この言葉を聞けば、甘酸っぱい青春の1ページを想像するだろう。
俺にも幼馴染はいる。話すどころか目も合わせられない関係だけどな!
でも『夢を操る方法』という怪しげな本を拾って――異世界で幼馴染と暮らす夢を見るように!?
しかも「いいよ……私が貴方のお嫁さんになってあげる」と結婚までする関係!
抱きしめたら「……大好きだよ」と嬉しそうに応えてくれる、そんないちゃラブ新婚生活を堪能できた!
とはいえ、しょせんは夢の出来事と考えていたが、登校途中に出くわした幼馴染は――なぜか顔を真っ赤にして走り去り!?
疎遠になった幼馴染との、ちょっぴり不思議な学園ラブコメ!

sneakerbunko.jp

小学生の頃のすれ違いから幼馴染みの神崎天音と交友関係が途絶えた天地夢次。
『夢を操る方法』という怪しい本のもつ不思議な力により、異世界で幼馴染みとイチャラブな新婚生活を満喫していた結果、なぜか現実世界の神崎天音の挙動がおかしくなった。その真相は物語が進むにつれて徐々に明らかになるので詳細は割愛しますが、展開のもって生き方が、“夢を操る方法”を手に入れた思春期男子高校生が当然抱くであろうエロい行為に自然と発展させていき、不幸にもその力に幼馴染みが巻き込まれた結果波乱のラブコメ展開にもつれ込んでいくことになっていて面白かったです。
『夢のなかの世界なら何をやってもいい!!』『現実世界の天音にはできない過激なことが許される!!』といった免罪符が目の前に垂れ下がっているようなシチュエーションが最高です。なかなかにイチャイチャラブコメぶりでした。

そして『夢を操る方法』は異世界ファンタジーの世界だけでなくヒーローアクション物のアニメの世界も忠実に再現することができ、夢を通じて自分が体験したい世界を自由に満喫することも可能みたいです。二人の仲が改善されて不思議な世界を謳歌している姿もひとつの青春模様が描かれていて楽しそうでした。
学園ラブコメを軸にした作品としては、キャラクターやストーリーの魅力は文句なしでした。

強いて言うならば、学園ラブコメ作品であるところに山場でファンタジー色の強い展開にもっていったところが少し違和感がありました。そこに至るまでの構成を考慮するならば、ファンタジー要素は学園ラブコメを引き立てる様子に留める程度にして無難に学園ラブコメ色の山場にもっていくほうが自然だったように思えます。結果論でしかないけれど、ラストの展開にファンタジー色が強く出過ぎていて、これまでのイチャラブ感が薄くなりました。

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す5

f:id:murabito1104:20191105021908p:plain

《あらすじ》
大人の姿に変身して一芝居打ち、なんとかその姿をレイドの生まれ変わりとコルティナに思い込ませたニコル(レイド)。ほとぼりを冷ますついでに壊れた手甲を直すため、マクスウェルと画策してアレクマールへの校外学習を取り付けたものの、今度はライエルとマリアが乱入してきて!?
そして校外学習から戻った直後、さらなる難題に直面し――窮地に陥った時、ついにニコルは『操糸』の祝福(ギフト)の真価を発揮する!
大人気美"幼女"転生ファンタジー、覚醒の第5幕!
幼少のレイドは如何にして『師匠』と出会ったか――レイドの過去とその決意を描いた、特別書き下ろしエピソードも収録。
遂にレイドの過去が明かされる!?大人気美幼女転生ファンタジー第5巻!

英雄の娘として生まれ変わったニコルの正体がマクスウェルにバレ、半未亡人ヒロインのコルティナがいつになったらニコルの正体に気が付くのか期待に胸を膨らませていたけどまだ当分はバレそうにありませんね。
コルティナが同性の気軽さからするニコルへのスキンシップが走馬灯の駆け巡って地獄の修羅場と化す展開は容易に想像がつきます。
六英雄時代のエピソードやレイドと死に別れた直後のコルティナの心境などの土台も十分に培われたからこそ、いつの日か訪れるレイド復活の瞬間が待ち遠しく感じられます。

そして、ニコルとして転生して月日は経ち、肉体的にも成長してきて男女問わず人気の美少女に育ってきてるみたいです。戦闘面においては生来の体力の無さも災いして同年代と比べてもかなり弱く、圧倒的に持久戦では不利なタイプ。それを補うように操糸のギフトでは真価を発揮していき、短期決戦ではメキメキと力をつけてきてこれまでにない操糸の使い方による戦いを繰り広げていて最高に面白かったです。
バトル描写は既存の能力を深く掘り下げて覚醒のような形で活路を開いていく展開が個人的にはメッチャ好みです。

異世界魔法は遅れてる!9

異世界魔法は遅れてる! ライトノベル 1-9巻セット

《あらすじ》
異世界より現代日本へ帰還を果たした魔術師・八鍵水明。八鍵邸に戻った水明は、弟子にしてホムンクルスの少女ハイデマリーと再会する。共に所属する魔術組織「結社」へ赴いた水明は、盟主・魔術王ネステハイムと対面。これまでの経緯を報告し、いま一度、異世界へ舞い戻る許可を求めるが…!?さらに水明には神格の顕現を企む神秘犯罪者の捕縛指令が下されていた。神秘犯罪者の狙いはハイデマリー。魔術の法則が違う異世界でこそ弱体化していた水明だが、ここは現代日本―本来の力を取り戻した水明が、裁きを執行する!異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー廻天せし第9巻!

異世界から現代日本への帰還を果たし、水明が日本を不在にしていた間の身辺整理とこれまでの経緯を報告することがメインの内容でしたね。
ある日、突然異世界に召喚されたこともあり完全に安否不明の失踪者扱いになっていたけれど、神秘を追い求める魔術師なら日常茶飯事の感覚で魔術師界隈では認識されていました。

これまでは異世界を舞台にした物語が展開されてきましたが、やフェルメニアたち異世界育ちの人間を現代日本に招き入れて神秘の世界を改めて深く掘り下げたり、異世界人が日本の科学技術や文化を満喫する姿が楽しめるある種の箸休め回にもなっていました。
兼ねてから異世界では魔術の法則が異なるために弱体化していた水明も現代日本に帰還したことで本来の力を発揮する場が得られ、日本の魔術組織に所属する魔術師たちの間でも一線を画する存在であることを改めて認識させられました。もう魔術師としての年季も力のスケールも別格過ぎて別次元でした。
作品の世界観を形作る魔術の法則に関連する肉付けもボリュームが凄くて読みごたえが抜群。作品のなかでひとつの魔術に関連する理論の土台が養われていてとても臨場感にあふれる内容でした。

さて、異世界→日本への帰還→異世界へ再び戻る までを描いた1冊でしたが、水明が異世界での弱体化を克服する手がかりも掴み次回はいったいどんな展開をたどることになるのか。楽しみです。
フェルメニアたちは日本から大量のチョコレートを輸送してきて、異世界で革命を起こせそうな現状はどこかに活かせるのかも気になるところです。

異世界魔法は遅れてる! ライトノベル 1-9巻セット

異世界魔法は遅れてる! ライトノベル 1-9巻セット

ロクでなし魔術講師と追想日誌 5

ロクでなし魔術講師と追想日誌 5 (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
魔術の失敗で、システィーナがグレンの飼い猫に!?―『猫になった白猫』。惚れ薬によってルミアが、全校生徒から追い回されて!?―『勃発、愛の天使戦争』。あんなに好きだったのに…どうして苺タルトはリィエルを裏切ってしまったのか―『リィエル捕獲大作戦』。そして短編集初主演!特務分室室長時代、イヴの華麗なる日々(笑)を描く『室長サマの憂鬱』。ドラゴンマガジン誌上の大人気エピソード四つを収録!そして―「…人の善悪を、人が推し量ってはならないよ、グレン」それは、グレンとジャティスが同僚であった頃。それぞれの正義を争う因縁の秘話が、ついに解禁―!

特務分室室長のイヴは登場した初期の頃はかなりクレイジーで悪役なイメージが強かったけれど、学院の教師に就任してからは生徒の面倒見も良くて好かれる大人な女性として丸くなってきていた気がします。
しかしその実、特務分室の室長時代はかなり同僚には手を焼いていて悩まされる日々が続いていたらしく、『室長サマの憂鬱』を読む前後でこれまで抱いていたイヴに対するイメージが覆されました。
イヴは最初からまともな人間でした。根が真面目過ぎて胃痛に悩まされる悲劇の女性管理職でした。ポジション的には最初期の頃のシスティーナに近い理不尽な仕打ちにキレてツッコミを入れるまともな人間でした。そして、この短編を最後まで読むと、イヴに対する憐みの感情も芽生えてしまいグレンと仲良く洒落こむ平和なひと時を与えてやりたくなってしまいます。

そして書下ろし短編はジャスティスとグレンが同僚であった頃、二人で赴いた任務先での事件が描かれていました。
兼ねてからジャスティスの掲げる正義を順守するアンコントロールな言動は、グレンの正義と衝突する場面が多々あったようです。
現在では袂を分かち、ジャスティスはどこで何をしているのか定かではありませんが、彼がグレンを特別視するに至った出来事が描かれていて興味深かったです。あのジャスティスをして動揺を抱くグレンの言動。『100回中99回負ける戦いでも残りの1回で勝利を引き当てる男』の真髄とそれを可能にするグレンの正義。
本編では決して見ることのできない、二人が同僚として活躍していた時代の真正面からの正義のぶつかり合いが激しくて引き込まれました。

短編集としてコンスタントにキャラクターの可愛さ・楽しさなどのポップな展開を描きつつ、本編でまだ語られていない過去のエピソードが埋められていく1冊でした。