働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

友達の妹が俺にだけウザい2

友達の妹が俺にだけウザい2 (GA文庫)

《あらすじ》
青春など人生の無駄。そう切り捨て効率的な日常を送りたい俺・大星明照は、無駄の塊のような陽キャ女、友達の妹・小日向彩羽にあの手この手でウザ絡みされる日常を送っていた。だがそんなウザくも平穏な日々は、俺の従姉妹にしてニセの彼女・月ノ森真白によって破られる。真白が起こした波紋に揺れる俺達。そこに、さらに新たな危機が訪れた。同盟の要・巻貝なまこ先生がまさかの大スランプ。しかも彩羽と真白の様子もおかしい。さらには何故か菫が〆切を守り始め…!?大反響で重版続々のいちゃウザ青春ラブコメ、大波乱の第2巻!

固い絆により結ばれた“5階同盟”の人間関係と思春期の少年少女たちの恋愛感情が巻き起こす青春ラブコメが複雑に絡み合い、あの手この手でウザ絡みをする友達の妹が好意を表現しないけど嫉妬したときは全力で八つ当たりする属性過多なヒロインが爆誕していてラブコメヒロインとしては100点満点の可愛さです。

好きでもない異性の寝姿を長時間眺めていたり、自転車に二人乗りで胸を押し付けてきたり、我が物顔でベッドを占領するJKが好意を抱いていないわけないんですけどね!!
そんな見え透いた好意を全部ウザ絡みで道化を演じているから主人公にも伝わらないんですけど、そこがまたグッド!!
今回に至っては、真白の告白が彩羽の胸中をさらに不安にさせることとなり、天才的な演者としての才能と馬鹿みたいな発想が飛躍して、『大星明照は清楚でおとなしい女の子がタイプ』という結論に。
そこから、大星明照の理想の女の子(仮)を演じるウザ絡みが消滅した彩羽が登場したり……。
恋に盲目となった女の子が暴走する姿やあらゆるシチュエーションから好意をうかがわせる所作や感情表現が彩羽や真白の魅力をよりいっそう引き出していて、ラブコメ好きにはたまらない青春ラブコメとなっていました。

トマリさんの描く彩羽のイラストは喜怒哀楽の表情が挿絵映えしていましたし、ヘッドフォンやJKの制服にネクタイのワンポイントが好みに刺さって素晴らしかったです。

照明と真白のニセ彼女関係などの5階同盟の根幹に関わる部分も進展があったので続きが楽しみです。

2019年 上期 好きなライトノベルに投票しよう

lightnovel.jp

今回も数多の新作から吟味して最も推したい作品を選び抜きました。
既刊からもいくつか推しの作品を選び抜きました。
よろしくお願いします。


幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)
【19上ラノベ投票/9784049125245】

感想リンク
幼なじみが絶対に負けないラブコメ - 働きたくない村人のラノベ日記

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ
このタイトルが最大の伏線になりながら、クライマックスで完璧にオチが決まる学園ラブコメ
ヒロインの一途さと健気さが最高。しぐれういさんのイラストも神ってます。


好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)
【19上ラノベ投票/9784041079737】

感想リンク
好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件 - 働きたくない村人のラノベ日記
好感度カンストのヒロインと放課後デートを重ねていく青春ラブコメ。主人公のどんなミスも許容してくれるヒロインと全く下がらない好感度の数値が尊くて胸焼けしそう。
遠坂あさぎ神のイラストで生み出された美少女キャラも最高です。

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)
【19上ラノベ投票/9784815601874】

感想リンク
友達の妹が俺にだけウザい - 働きたくない村人のラノベ日記
友達の妹が自分にだけウザい。好意の裏返しなコミュニケーション方法が完全に裏目ってるラブコメ
主人公に至っては、好きでもない男に執拗に絡んでくる時点で好意に気が付いてほしい朴念仁。

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)
【19上ラノベ投票/9784815602482】

お互いに手に入れられなかったものを埋め合う共依存関係のようなラブコメ
足の踏み場もないゴミ屋敷と乱れ切った食生活を是正するために好意ゼロの厚意で世話をするお隣の天子様が素晴らしすぎて、世話をされる側はグズグズのダメ人間にされてしまいような中毒性のあるヒロインでした。

継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくたって (角川スニーカー文庫)
【19上ラノベ投票/9784041082553】

感想リンク
継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくたって - 働きたくない村人のラノベ日記
継母の連れ子が元カノなせいで、交際していた時期がお互いの黒歴史になっていて草不可避。
ラノベ読みの東頭いさなとは自分の高校時代に是非とも出会いたかった理想の二次元ヒロインだけど、自分の図書室に東頭いさなはいない。

あまのじゃくな氷室さん 5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた【電子特典付き】 (MF文庫J)
【19上ラノベ投票/9784040656663】

感想リンク
あまのじゃくな氷室さん5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた - 働きたくない村人のラノベ日記
新人賞受賞から完結まで見事の走破したあまのじゃくヒロインラブコメ
神の力により別ヒロインのハッピーエンドの世界線が登場して途中からダブルヒロインに進化するほどに、キャラクターの魅力の引き出し方が素晴らしかったです。

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム― (ファンタジア文庫)
【19上ラノベ投票/9784040730202】

感想リンク
撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム― - 働きたくない村人のラノベ日記
「撃った相手を最初からいなかった世界へ再編成する“悪魔の弾丸”」
変遷する世界を止まることなく駆け抜けて世界を作り替える少年と少女の物語。立ちはだかる亡霊の異能とぶつかり合い、未来を切り開いていく展開が手に汗握ります。

クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)
【19上ラノベ投票/9784094517910】

感想リンク
クラスメイトが使い魔になりまして - 働きたくない村人のラノベ日記
落ちこぼれ魔術師の主人公の使い魔になった魔術師の名門出身の藤原千影。学年一の美少女との主従関係の生活が始まるなか、どうやら過去に藤原千影と接点があるみたいで……。
今後の展開が気になる作品ということで選ばせていただきました。

膝の上のJC作詞家 初心者作曲家の同棲業務日誌【電子特典付き】 (MF文庫J)
【19上ラノベ投票/9784040657325】

感想リンク
膝の上のJC作詞家 初心者作曲家の同棲業務日誌 - 働きたくない村人のラノベ日記
音楽クリエイター専門の学生寮『ミュージ館』で天才的JC作詞家と同棲生活を送りながら作曲することに!!
才能のある若者が同じ音楽クリエイターたちから刺激を受けてさらなる高みへたどり着くためにお互いに切磋琢磨しあう。信念と情熱がほとばしる素晴らしい作品でした。

ぼくたちのリメイク 6 アップロード日:9月1日【電子特典付き】 (MF文庫J)
【19上ラノベ投票/9784040656328】

感想リンク
ぼくたちのリメイク6 アップロード日:9月1日 - 働きたくない村人のラノベ日記
大学を去った貫之が無事に戻ってきただけで望外の喜びです。
1巻の頃から好きな作品です。貫之帰ってきた記念に投票します(笑)



以上が2019年 上期のオススメの作品になります。
まだまだあげたい作品はあるけれども、とりあえずはこれで勘弁してくださいw

ありふれた職業で世界最強 10

ありふれた職業で世界最強 10 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
最後の大迷宮“氷雪洞窟”の試練は続く。ユエもまた、虚像との戦闘を繰り広げていた。切り捨てた記憶から抉り出されたのは、自身も知らない秘密と『矛盾』。かつての悲劇を想起させられるシア。内にくすぶる復讐心を暴かれるティオ。焦燥と嫉妬に苛まれる香織…。それでも、彼女たちは試練に向き合う。己を乗り越え、最愛の人と歩む未来を掴み取るために―!「…たとえ過去をやり直せるとしても、私は何度でも同じ道を選ぶ」極限の意志を解き放て。“最強”異世界ファンタジー、第10巻!

いよいよアニメの放送が近づいてきたところに、南雲ハジメが経験した奈落での地獄のエピソードがダイジェストで再登場。
神代魔法の試練に同行しているメンバーには、ハジメが奈落に落ちた瞬間も現場にいた光輝たちが同席しています。これまでハジメの口から直接語られることもなく、容姿も性格も激変させるまでの絶望と地獄とはいったいどのようなものなのか……。他人からは想像ができないような奈落での地獄がファンタジー世界の力により、ハジメの抱いた感情が直に伝達するオマケ付きで明らかになり、あらためて躊躇いなく人間を殺せる胆力と決断力、非道にも映る行いの数々に対する価値観を再認識させられるような内容でした。
言うなれば、『ハジメが奈落に落ちてからの日々が全員に打ち明けられた』という状況です。もちろん、意図したものではないです。
しかし、光輝が人殺し=悪という思考回路に盲目的になっている局面で、悪感情をぶつけていたハジメが体験してきたとこを追体験させられたら自分の考えに疑問を抱きますよね。
平和な日本で生まれてきたごく普通の高校生がいきなり異世界に召喚させられて剣と魔法での戦いの世界に身を置いたら、殺人や死生観で何らかの障害に直面するのは仕方がないです。その点は光輝を除いたクラスメイトは概ね割り切った考えができているようでしたけど、光輝に関しては自らの家族背景や生い立ちが影響してなかなか固定概念が抜けきれず、かなり悪戦苦闘していました。光輝のリアクションが拒否感や悪感情から精神的に不安定になってハジメに八つ当たりする描写は、異世界転生した高校生がダークサイドに堕ちたパターンの最終形を眺めているようでとても目を引き付けられました。

アニメの放送も楽しみですけれど、書籍版が爆売れしてラノベ好きが増えることにも期待したいです。

ありふれた職業で世界最強 5 (ガルドコミックス)

ありふれた職業で世界最強 5 (ガルドコミックス)

ありふれた職業で世界最強 10 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 10 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 10 ドラマCD付き特装版 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 10 ドラマCD付き特装版 (オーバーラップ文庫)

リベンジャーズ・ハイ

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)

《あらすじ》
人体に有害な『砂塵』によって、文明が一度滅びた近未来。異能を操る『砂塵能力者』たちが出現し、力を持っていた。“掃除屋”チューミーは、因縁の復讐相手・スマイリーの行方を探りながら、殺しを請け負っている。あるとき、治安維持組織の『粛清官』に身柄を拘束されてしまったチューミー。だが、意外な提案を受け、一時的に協力関係を結ぶ。バディとしてあてがわれたのは、「優秀だがワケあり」のシルヴィ。出自も性格も正反対の二人は、反発しつつスマイリーを追うが…。第13回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

人体に有害な『砂塵』が舞う退廃的な世界。『砂塵』により異能力を操る人類。チューミーが復讐者となる全ての元凶“スマイリー”に対する異常とも言える執念と殺意の感情がアウトローな業界で殺しを生業にしている側面もあり、ダークな世界観がしっかりと構築されている素晴らしい優秀賞作品だったと思います。
新人賞受賞作品は既視感のある作品でありつつも斬新な結末を迎えるものや独創的な世界観とキャラクター設定で個性を前面に押し出してくる作品など様々なものがありますが、今回は後者のようなタイプでした。

“復讐者”として人生の全てを1人の人間を殺すことにささげるチューミー。なぜ、チューミーが復讐者に身を費やしたのか。チューミーが砂塵能力者では無いにも関わらず常人をはるかに凌駕する身体能力をもっているのか。そして、頑なに自身のパーソナルな情報に口を閉し心を開かないのか。すべての発端はチューミーの悲惨な過去にありました。
しかし、“スマイリー”の行方を追うため一時的に協力関係を結ぶことになったシルヴィともまるで会話にならず意気が全く合わないバディに思えてけれど、死線を共に潜り抜けていくうちに徐々にチューミーの心境に変化が芽生え距離を縮めようと自ら行動を起こす光景に心が打たれました。チューミーの幼少時代の出来事で全てがマイナス感情に振り切れて命までも投げ打つ人間が、自分の人生で生きる理由を見出していく姿が段階的に丁寧に表現されていたのでより強烈に感動的なシーンが強烈に焼き付けられました。

優秀賞受賞策にふさわしい圧倒的な世界観と確かな技術力に裏打ちされた素晴らしい作品です。興味のある人は是非読んでみてください。

天才王子の赤字国家再生術4~そうだ、売国しよう~

天才王子の赤字国家再生術4~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)

《あらすじ》
「心配だああああああああああ!」新たな皇帝を決めるため、三人の皇子による会談が持たれることになったアースワルド帝国。ロウェルミナ皇女からその舞台となるミールタース市に招待されたウェインは、これを華麗にスルー。するはずが、なぜか代わりに妹姫のフラーニャ王女が出席することに!一体、どうしてこうなった!?懐刀のニニムを付けて送り出すも、不安のつきないウェインは結局自らも帝国に向かうのだが―新たな外交の舞台で待ち受ける旧友たちとの再会。燻る戦争の火種。そしてもう一人の怪物が歴史の舞台に姿を現す、弱小国家運営譚第四章、開幕!

アースワルド帝国の新たな皇帝を決めるための会談の席に招待されたウェイン。何の因果か代わりにフラーニャ王女が出席して初めてのお仕事デビュー!!
アースワルド帝国の皇女で旧友のロウェルミナと三人の皇子の権謀術数が絡み合う政争が激しく繰り広げられつつ、国の行く末を背負う立場とは思えない突飛で予測不能な行動にウェインの天才的頭脳が翻弄されるところが面白いです。
ウェインのような論理を積み重ねていき、真っ当で最も可能性の高い選択肢を予測していくタイプのキャラクターであるがゆえに、馬鹿が感情に任せて無策に飛び込んでくる行動にはめっぽう弱い。
そんな、弱小国家を運営するひとりの王子が天才過ぎるがゆえに外交の場で起きているとは思えないコミカルな展開に翻弄されるのが魅力です。思考整理と状況の把握、現状の共有もかねてウェインの思考開示が丁寧に描かれている点もあり、読み手に対してもナトラ、アースワルド帝国の陣営が陥っている状況が詳細に伝わってくるので、よりいっそう馬鹿の取った行動のイレギュラーさが際立ってきて面白く感じる作品です。

公女殿下の家庭教師3 魔法革命で迷える聖女を導きます

公女殿下の家庭教師3 魔法革命で迷える聖女を導きます (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
王立学校に入学して3ヶ月。アレンは、家庭教師業の傍ら、ハワード・リンスター両公爵家による合同商社立ち上げの責任者という大役を任されることに。公女殿下ティナたちもまた前期試験を控え、慌ただしい日々を過ごしていた。そんな中、ハワード家の次期公爵であり、王立学校の生徒会長でもあるステラは、妹であるティナたちの急成長を目の当たりにしたことで、すっかり自信を失ってしまい―!?「…兄さん!ステラが…いなくなったんです」無自覚規格外な教師が、迷える少女の歩む道に灯りを点し、その手を導く魔法革命ファンタジー!

ティナ、エリー、リィネの3人の教え子たちが家庭教師のアレンにべったりな姿と年相応の恋愛感情で修羅場を繰り広げる可愛らしさ、同世代のリディヤがアレンにだけ心を許して積極的に愛情表現をする深い関係性を築きあげている設定が化学反応を起こして、4人の間でバチバチの争奪戦が展開されるところがとても好みの作品でした。
これまでは主要な登場人物の数が比較的に少なかったこともあり、テンポの早い掛け合いが行われていても状況が的確かつ速やかに読み取れて楽しむことができました。しかし、徐々に妹のカレンを始め、ハワード・リンスター両家のメイドやカレンとステラの親友のフェリシアがアレンの日常に深く関わる機会も増えてきたことで、これまでどおりの表現ではキャラクター同士の掛け合いを十分に楽しむ余裕がなくなってきているように感じられました。
カレンもフェリシアもアンナもアレンに向ける好意的な感情の臭わせ方や親交の深い間柄での何気ない冗談やじゃれ合いが気持ちよくて好きではあります。

ハワード家の次期公女であり、王立学校の生徒会長でもあるステラが、妹であるティナや親友のフェリシアの急成長と自分にはない才覚を目の当たりにしたことで自信を消失して仄暗い感情をいだく姿には、思春期の心の不安定さと生来の真面目さがもたらした弊害であることが伺えました。そんなステラが自分の歩むべき道に迷うところにアレンが手を差し伸べ、ひとつの道しるべを指し示す優しさは心温まる展開でした。

kakuyomu.jp

ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫

ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫 (電撃文庫)

《あらすじ》
真祖たちの乱入によって混迷を深めていく絃神島の領主選争。事態収拾の切り札である十二番目のアヴローラを連れて、志緒と唯里は絃神島へと向かう。しかし彼女たちを待ち受けていたのは、第二真祖“滅びの瞳”。包囲された志緒たちを救うため、第二真祖の支配地へと単身で乗りこむ雪菜だが―そのころ古城は原因不明の飢えと渇きに苦しんでいた。集結した真祖たちと共鳴した眷獣たちの活性化が原因だ。そんな古城に第一真祖が告げる、眷獣たちの暴走を防ぐ恐るべき方法とは―世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第二十弾!
戦場と化した絃神島で、古城はアヴローラと再び出会う!

第四真祖、暁古城と十二番目のアヴローラの再会という一大イベント、真祖たちの登場で荒れ狂う絃神島の領主選争。
暁古城と絃神島を舞台にした学園ファンタジーもいよいよ最終局面に突入した様相でした。
恩莱島の攻魔師であり修女騎士の少女、香菅谷雫梨。暁古城の両親でMAR所属の母親や考古学者として放浪している父親。獅子王機関や攻魔師をはじめ、オールスターが勢揃いの展開になっていて、長編シリーズ作品とアニメ化範囲を視聴してきた自らの記憶との戦いでキャラクターを追い続けるハメになりました。
改めて思うのは、姫柊雪菜や煌坂紗矢華、羽波唯里、斐川志緒などの最前線で戦いに身を置くキャラクター以外にも藍羽浅葱や叶瀬夏音が自然と騒動の渦中に絡んできて出番が巡ってくることに作者の確かな技量を感じるばかりです。古参の藍羽浅葱に関しては元々は人工島管理公社でアルバイトをしているプログラマーのJKだったはずが、気が付けばカインの巫女として第四真祖と深く関わる役回りになっていました。
暁古城の両親に至っては、息子さんが吸血鬼で第四真祖で血の従者もいてハーレム作ってる事実も認識しているはずなのに完全にノータッチですね。

古城とアヴローラの再会により古城の身に起きた変化と雪菜との関係はどのようなものになるのか。次回も楽しみです。