読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

六畳間の侵略者 15

HJ文庫 ラノベ

六畳間の侵略者! ?15 (HJ文庫)
内容紹介
敵は地底人の急進派! サトミ騎士団、出撃!!
サトミ騎士団の発足もあり六畳間の面々の絆が一層深まる中、孝太郎の発案で一行はカブトムシ捕りに出かけることに。
そうして向かった森で出会ったのは、戦士として成長を果たした【太陽部隊サンレンジャー】の面々だった。
彼らのレベルアップの裏には、急進派地底人の活動の増加があるらしく――。
キリハの戦いを描く地底編、スタート!



感想
里見騎士団結成に伴い六畳間のメンバーに役職を与えたことで騎士団ごっこもといプレイが始まった?。
ルースさんと藍華さんがノリノリ過ぎて超可愛い(ノ≧▽≦)ノ。
女性陣と孝太郎の絡みはこれまで以上の親密さとボディタッチが披露される。ひとりひとりの心の内を文章で丁寧に表現されていて、これでもかという絆のアピールがある。
いやー読んでいて心が洗われますね。
それと相変わらずゆりかは貧乏らしく捕まえたカブトムシ(ゆりかは0匹ですが)を売りさばくことを思案。ゆりからしいけどそこまで困窮してるのか………
ゆりかーふぁいっおー(笑)



中盤になるとなにやら怪しい雰囲気。どうも14巻で孝太郎に負けたエウレクシスと真耶が結託して、急進派のシジマ=タユマの脱獄に荷担したよう。
そのため、急進派の武力は一気に増強される。
地底人の実情をキリハによって説明されたことで、孝太郎たちは太陽戦隊サンレンジャーとの和解により協力体制に入る。
ここで、クランの研究者としての開発技術に対する考察、キリハの地底人の文明に対する知識、ゆりかの魔法少女としての経験。それら全てが合わさった結果徐々に明らかになる急進派の武力構造。
読者視点からだと敵の行動の一部は描写があるために把握済みですが、作中のキャラクターたちがわずかな証拠とこれまでの状況から分析し、専門の分野から真相に明らかにする書き方には臨場感があり、読んでいてわくわくしました。


最後の真耶とエウレクシスとの関係、真希に対するかつての師匠である真耶の対応も今後の展開に活かされそうなので期待です。


全体的に引き延ばし気味で、同じような絡みを続けていて、飽きてきたという面もある。
中盤になって物語が展開するまでは、とりあえず既存のキャラを弄ってしゃく稼ぎ。
これまでの話で重要な過去をおおかた回収し終わったので、どのキャラも孝太郎に対する好感度が上限に達していて、女性陣の反応に新鮮味がない。
もうそろそろ終わるのかな?