働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オーバーイメージ 4 

オーバーイメージ4 終結消失 (MF文庫J)
内容紹介
魅影が離反して一週間、真白彩は逢坂藍に呼び出されて緋村水母に引き合わされる。二人とも彩の戦いの影響で事故に遭い、夢を絶った幼馴染だ。水母が言う。
「……だからね、彩くん。世界を変えてまで、わたしたちを助けようとしないで?」
むしろ決意を固める彩のもとには賛同するピリカや玉求、遊廻、灰撫、未恋が集まっている。しかし《終結消失》綾皓夜雲が率いるのはいずれもA-1上位ランク者。
そしてついに綾皓が彩たちの前に姿を現す。真意の見えない魅影とともに――!
プログレッシブ学園バトルアクション、決着!!


感想
前巻からもうすでに終わりそうな雰囲気だったけど、これで無事に完結。遊佐真弘先生お疲れさまです。
このラノベは各キャラクターが叶えたい願いをもち、その実現のために相手と勝負する学園バトル物です。
各キャラクターの合理的な考え方と筋が通ってる行動原理が丁寧に書かれていてと思います。
敵側の集団は色々と複雑な事情があるため、決して全員に一つの信念があり集まってるわけではありませんでした。
そのため、自分に益があることにたいしてはすぐに裏切り味方に加わります。下手な忠誠心に基づいて従うだけのバトル物よりは断然に面白かったです。



最終的には全員がハッピーエンドで終わったわけですが、ここきての怒濤の新キャラの参入。
存在だけが知らされていた妹や幼馴染みがこの最終巻に少しだけでて終わりというのがもったいない気がしました。
イマジネーターだけが使える反転のも誰がどの反転を使えるのか曖昧で、この作品の所々に活かしきれていない要素が目立ちました
それでも個人的に好みの作品で新人賞作品ということもあり、これからこの作者がどんな作品を出してくるのかを期待して待ってます。