読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

侵蝕ダンジョンと神速の奪還小隊

侵蝕ダンジョンと神速の奪還小隊 (HJ文庫)

内容紹介
ダンジョンレスキュー、任務開始!!
天災のように突然発生し、あらゆる物を飲み込む「ダンジョン」に脅かされる世界。
ダンジョンに閉じ込められた人々を救い出す精鋭部隊「緋十字」(クルセディア)の新入隊員リオン・ノードスは、美少女隊員のアリシアとともに圧倒的な魔力でダンジョンの危険に挑む。
突破と奪還のダンジョン×レスキュー×ファンタジー、ここに開幕!!



感想
不思議な力《霊心体》を使う魔物。武器も防具も効かず、ただやられるだけであった。
そんななか、ダンジョンから脱出できたものの中に《霊心体》に目覚めるものがあらわれ始めた。
《霊心体》とは人の精神構造・深層心理を基礎とした特殊能力。
この《霊心体》を駆使する人間がダンジョンにのみ込まれた民間人を救出することが目的である。
ダンジョンは突発的に発生するものである。そのダンジョンに巻き込まれたものは時間内に脱出しなければ永遠に出られなくなる。
しかし、ニアの『ダンジョンとともに消えた人を探している』という意志。
『過去にダンジョンに落とした持ち物が別のダンジョンで見つかった』ことから、『全てのダンジョンは繋がっている』と仮説をたてる。


作中で語られている世界観の常識を覆すような展開が次々と起こり、徐々に深まっていくダンジョンの謎と周囲の登場人物の思惑。“アリシア”と“リオン”の霊心体を組み合わせた召還術で呼び出されたものの正体も気になります。“リオン”の霊心体で糸を扱う能力が多様性に富んでいて、他にどんな使い方をして活躍していくのか楽しみです。