読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔王軍の軍師はじめました 2

講談社ラノベ文庫 ラノベ

魔王軍の軍師はじめました2 (講談社ラノベ文庫)
代行者との戦いを勝利に導いた軍師の壬生頼光は、魔王ルキフェルたちと束の間の日常を満喫していた。そんな最中、魔王軍の前に現れたのは、封印の世界に残してきた魔王の義妹、孔雀天女のマラク・ターウース。ルキフェルは義妹の登場に大喜びし、マラクも魔王との再会に歓喜する。しかし、頼光はマラクが代行者のスパイと見抜いていた! ルキフェルを哀しませたくない頼光は、どうにかしてマラクを魔王軍に取り戻そうと策を立てるのだが――。代行者の仕掛けた罠を掻い潜って、頼光は魔王軍の再編を進められるのか!?



感想
完璧超人ニート吸血鬼“ラミア”に軍師としての才能と魔王としての資質を試される“頼光”と“ルキフェル”。
度々見られる頼光の頭の回転の速さ。状況を瞬時に把握し、得られた情報から推論を建てていき、縄張り周辺で起きている大量昏睡事件や“マラク”を巻き込んだ企みに立ち向かう魔王軍。
魔術の効果を逆手にとって臨機応変に立ち回る展開には驚きました。

『人払いの結界を張っているなら僕らが認識できていないところが隠れているアジト』視点を変えて別な方向からのアプローチをはかるところが面白い。

イラストを担当する“れい亜”さんのモノクロイラストのクオリティの高さ。個人的にカラーイラストより見ごたえがあったかも。
1巻のラストで学校への編入をほのめかしてたのに、開幕から『集団昏睡事件』の話になり、魔王軍の編入がなしに。あのツンデレ委員長との期待していた絡みも一瞬しかなく残念。次回はどんなお話になるかはあとがきにも書いていないけど、頼光への編入展開希望です。

公式の略称は『ぐんぐん』らしいです。この略称が長く使われる作品であればいいけど。(打ち切り怖い)