働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド (富士見ファンタジア文庫)
高校入学をきっかけに、俺は「隠れオタク」になって、平和な学園生活を謳歌すること、そしてあわよくば、清楚で可愛らしい彼女を作ってリア充になることを決めていた--はずなのに。全ては彼女、桜井小豆のせいだ。レイヤーで、BL好きのガチオタ(笑)、しかも可愛い。そんなオタク文化にしか興味のない彼女と、俺が同じ部活に入ってオタクを研究することに!?
コスプレをしたら「……ど、どうでしょう?」ってめちゃくちゃ可愛いポーズで見せてくるし、ゲームとはいえ「……愛してる」って真っ赤になって言ってくるし--。そこで気づいたんだ、やっぱり俺には君しかいないんだと。




“柏田”のトラウマから生じた保身的な態度がもどかしくてたまらなくよかった。
「(もしかしたら彼女は自分のことを好きなんじゃないか?……でももし告白して振られたらどうしよう。これからも同じ学校に通うのに気まずいし……)」といった感じで煮詰まらない二人の距離感。
オタクイベントを通して“小豆”の好感度が徐々に上がっていく姿と、“柏田”のこれまでの努力もあって、初対面の人物からの評価の変化。長いシリーズを通しての“柏田”の成長もあり、小豆エンドという形で一つの終わりもよかったです。
これを分岐ルートとすると正規ルートは果たしてどのヒロインなのか。長谷川への思いを貫くのか、それとも恋ヶ崎への感情に気付くのか。最終巻の行方が楽しみです。
あぁ^~心がキュンキュンするんじゃぁ^~