働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

空戦魔導士候補生の教官 2

空戦魔導士候補生の教官2 (富士見ファンタジア文庫)
“魔甲蟲”という脅威によって地上を奪われ、天空の浮遊都市に人類が住まう世界。人類は魔力をもって“魔甲蟲”に対抗するウィザード―空戦魔導士を生み出していた。変異種との戦闘で自信をつけたミソラたちだったが、ランキング戦ではいまだ勝ち星ゼロ。空戦魔導士科長は、ついにカナタに更迭を申し渡す。カナタは自身の進退とある条件を賭け、特務小隊のユーリ率いるチームとE601小隊の模擬戦を提案するのだが…。一方、学園の地下研究所では変異種を使った実験が進められていて―。裏切り者と落ちこぼれ少女たちの学園バトルファンタジー!




空戦魔導士として強くなろうと特訓を続ける3人の少女たち。Fランク小隊として学園最弱であったメンバーであったが、教官としての“カナタ”の指導により徐々に力をつけ始めてくる。そんな“カナタ”のもとに飛び込んだ『Bランク小隊との模擬戦』FランクとBランクの間にある圧倒的な力量差を埋めるべく、“カナタ”の提示する新たな特訓に挑む少女たち。
読者視点だと「あ~この特訓はそれを求めてるのか」と“カナタ”が少女たちに求めていることは容易に想像ができました。この「お、少しずつ理解してきているな」といった感覚がストーリーが進むにつれてはっきり描かれていて、成長する姿がよくわかります。
今回になってガッツリと出てくる“ユーリ”の可愛らしい姿がラストに。いやー、こういうラブコメ劇が大好物の僕にはたまらない締め方でした。“レクティ”もいいけど“ユーリ”も最高に可愛いね。