読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。 (講談社ラノベ文庫)
現実の美少女はビッチばかりだ――。そう信じる高校生の育野耕介は、文芸部の部室を心のオアシスとしてオタク活動を楽しんでいた。しかしある朝、生徒会長補佐を務める黒髪の美少女(にして清楚系ビッチ)の東雲伊吹から、このままでは文芸部は廃部になると告げられてしまう。そのため耕介は、生徒会の手伝いとして、伊吹と一緒に生徒の相談に応えることになった。そして最初に相談を持ち込んで来たのは、伊吹と人気を二分する金髪巨乳美少女の愛沢愛羽。何人もの男と付き合っているビッチだという噂があった彼女だが、実際には恋愛経験がまったくないため、擬似彼氏になって欲しいという依頼を耕介にしてきて……!? ビッチ×オタクの学園ラブコメ!




学校でも自宅でもところ構わずのエロ展開。いや、むしろ血の繋がらない義妹がいる自宅のほうが危険地帯か。
毎晩夜這いをしかける義妹の存在により思春期特有の抑えられないリピドーが爆発して18禁展開に発展してもおかしくない。そんなエロくてビッチなヒロインたちに囲まれるなかで、突然言い渡された部の廃部。唯一の安息の地である『文芸部』を廃部の危機から救うための活動を描いた学園ラブコメ
カラーイラストとモノクロイラストがほんとに可愛くてエロい!! イラストを視覚で楽しんでニヤニヤ、文章でニヤニヤ。主人公の“育野耕介”との一対一場面でだけ見せる“東雲伊吹”の強い独占欲、義妹の献身的な態度、“愛沢愛羽”の本性など強烈なヒロインが多数登場。これまで異世界ファンタジーばかり読んで楽しんでいた僕には小休止になる一冊でした。