読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

軍師は何でも知っている(1)

軍師は何でも知っている(1) (モンスター文庫)
俺・榑井ユキトは死の間際に願った。もし次の人生があるならば、他人のことが分かる人間になりたい、と―次に俺が目を覚ましたのは、戦争真っただ中の異世界だった。俺に与えられたのは、最期の願いを曲解したチートスキル。王子・ディオルードに拾われ、軍師となった俺は、“至上の乙女”と称賛される絶世の美女・ソフィアの心を鷲掴みにしたり、ディオルードの姉であり、敵対している美人将軍カグヤに一対一で挑んだりしながら、隣国との戦いを勝ち抜いていく―「小説家になろう」で大人気のバトルファンタジー!




『異世界転生』+『軍師』。周囲の人物のステータスをゲーム風に表示するチートスキルがあり、一風変わった軍師もの。周囲の人物の反応は「なんで必要な人材を人目で見抜けるんだ!?」。まあそりゃ、初対面の人間が軍隊の編成をよどみなくこなしてたらそうなるよなあ。
軍師として大いに活躍することでちゃっかり色んな所にフラグをたててる状況? 今はまだヒロイン同士のご対面がなく平和な状況だけど、今後の方針によっては修羅場な展開が目に浮かぶんですけど……
いやー本当に魅力的なヒロインが多くてみんな可愛かったけど、“カグヤ”と“ソフィア”の容姿やらなにやらを好みを訊かれたときの“ユキト”の反応は予想の斜め上の回答でしたね。「お前ヒロインを前にしてその回答はないだろ!?」と思わず突っ込みをしたくなった。

それにしてもこのスキル……ヒロイン人の身体的特徴(いわゆるスリーサイズ)を表示する機能とかないんですかね? うーん、今のところそんな描写はなかったと思うんだけど、さっきから「そんな使い方もあったらいいな」と頭の中をちらついてるんだけど……それはないよな。