働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

冴えない彼女の育てかた FD

冴えない彼女の育てかた FD (富士見ファンタジア文庫)
俺、安芸倫也と加藤恵との運命的な出会い(※個人の感想です)から始まった同人ゲームサークル。その制作の裏側では、実はいろいろな事件があって…本当に大変だったんだ。「倫也!今からエッチシーンのネーム行くわよ」英梨々のオトナな同人誌の原稿を手伝わされたり。「倫理君。こっちに…来なさい」詩羽先輩へのインタビューがとんでもない状況に発展したり。「トモ…あたしに悦びを教えて」美智留を俺色に染める調教デートに出かけたり。そんな楽屋裏を描いた短編集が登じょ…って、表紙だれ!?





今回に関しては『冴えない彼女の育て方』を改名して『冴えないオタクのモテる理由』とでもするべきなんじゃなのでは? 思わず突っ込みたくなる短編集。既刊のメインキャラクターとプロデューサー兼ディレクターの“安芸倫也”のサークル活動や日常の一部が収載されてました。これまでのストーリーで作られたそれぞれのキャラクターのポジション、たとえば“河村・スペランカー・きらり”?の負け犬幼馴染属性、“霞ヶ丘詩羽”の毒舌で純情な先輩属性、“氷堂美智留”の四親等という家族からくるラフな姿を総動員した、コミケに向かっての準備は一時忘れてキャラクターを楽しむという一冊でした。
とくに“加藤”によるオタク業界の触れてはならないダークネスに深く切り込んだトークショー。いやこれ、リアルに突っ込まれたら適切な返しが思いつかないくらいバッサリきられますんで読むときは心してかかってください。“フラット加藤”によるオタク切りはまさに地獄絵図ですハイ。