働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔弾の王と戦姫

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)
竜より与えられし超常の武具を振るい、戦場を駆ける美しき少女たち―“戦姫”。王の下、7人の戦姫は7つの領地を治め、“ジスタートの七戦姫”として隣国に恐れられていた。ブリューヌ王国の小貴族の少年ティグルは、ある時かりだされた戦で、一人の戦姫と出会う。白銀の髪に紅の瞳、幻想的な美しさと他を圧する威容をあわせもつ少女、“銀閃の風姫”エレン。敵の総大将であるエレンを討ちとろうとするティグルだったが、彼女の人間離れした剣技の前に失敗してしまう。しかし、弓の腕に一目惚れしたというエレンに、「おまえはわたしの捕虜(もの)だ」と宣言されてしまい…!?痛快無比なる最強少美女ファンタジー、ここに開幕。





2014年秋のアニメ、魔弾の王と戦姫というラノベが放送されるということで読んでみたけど、率直にいってかなり面白かった。
この物語の主人公の“ティグル”が治める『アルサス』という国が属する『ブリューヌ王国』では、弓を使うものは蔑視されている。
後方で攻撃するものは臆病者。たとえ戦果をあげようと叙勲はされない。
そんな『ブリューヌ王国』でアルサスの領主を務めている“ティグル”が戦で捕虜となり、隣の『ジスタート王国』の戦姫である“エレン”と出会ったことがきっかけで物語が始まる
『ブリューヌ王国』と違い『ジスタート王国』では、弓は正統な評価を受ける武器として扱われている。そんな国で見せた“ティグル”の神業的な弓技の数々を見せる描写がとにかくかっこよかった。“エレン”率いる軍において“ティグル”の弓が活躍する演出も豊富にあってとにかく弓使いがかっこよく見える。
“エレン”の一騎当千の実力で敵をなぎ倒す展開と、“ティグル”の常人の範疇から見せる戦術があり、戦記ものかつファンタジーが楽しめました。
序盤でいきなり捕虜となり『ブリューヌ王国』『ジスタート王国』『アルサス』と地名人名ともに多数出てくるけど、そこは巻数を重ねれば覚えられるんでそれほど苦ではないですね。
MF5のラノベの中ではノゲノラの次に面白いラノベだと思います。(個人の意見)