働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔弾の王と戦姫 3

魔弾の王と戦姫 3 (MF文庫J)
テリトアールに陣を進めたティグルたち。そこに、ガヌロン公爵の配下、グレアスト侯爵が現れる。不躾な恭順命令を断るも、エレンへの執着を隠そうともしないグレアストに、ティグルは内心穏やかでない。間をおかずして、ティグル討伐の任を受けたナヴァール騎士団が出現し、事態は急変する。団長は、ブリューヌ最強の騎士ロラン。戦姫の技すら破る“不敗の剣”を前に、ティグル軍はかつてない危機に陥ってしまう。“光華の耀姫”ソフィーヤの助けで辛くも窮地を逃れるのだったが、エレンを庇った傷でティグルが倒れてしまい…!?血風と光波が戦場を駆け抜ける刻、黒き魔弓は解き放たれる!大人気美少女バトルファンタジー、心を射抜く第3弾。





『ブリューヌ王国』最強の騎士ロランとの一戦と三人目の戦姫ソフィーヤの登場回(表紙の金髪居乳のお姉さんです)
戦記ものとしてえストーリーの所々に巧みな作戦と陣形が展開されていて面白いです。戦局を大きく決める重大な一手にティグルが絡んでちゃっかり功績を回収していく姿も、物語が進むごとにいったいどれだけの功績を積み重ねていくのか楽しみですな。
ただどうしても、両軍が入り乱れる戦局となると、細かな状況把握が難しくなってきて読むのが少々難儀です。
そういったストレスも“ティグル”による神業的弓術の演出で解消されて、最後にはトントンになるのが『魔弾の王と戦姫』なんだと思います。