読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

この恋と、その未来。 -一年目 春-

この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)
『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー登場。
超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。
その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。
知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、
ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!?
四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。
『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー






こちらの人気投票イベントでも1位を獲得した人気作!
好きなライトノベルを投票しよう!! 2014年上期
『東雲侑子シリーズ』は2014年度のこのライトノベルがすごい!でもランクインしてましたよね?(うろ覚え)
『この恋と、その未来』は性同一性障害を題材にした切ない青春ストーリー。≪恋は、心でするのか、体でするのか≫とこの作品の本質をついていくフレーズ。
体は女性だが心は男性というつくりの“織田未来”と“松永四郎”の出会いと日常を描いた1巻。
全寮制の高校で相部屋となった二人は、“未来”の『相部屋になった人にだけは自分の秘密について打ち明けたい』という要望により高校内では“四郎”だけが“未来”の秘密を知る唯一の人物となる。そんな二人が高校内で共に過ごす中で徐々に親しくなる。
そんな中である日一人の女子生徒と交友をもつことに。思春期真っ盛りの“四郎”はこのとき先ほどのワード≪恋は、心でするのか、体でするのか≫に悩むわけです。
この選択肢にたどり着くまでストーリーが本当に切ないです。
現段階では主人公の“松永四郎”が果たしてどのような選択肢をたどるのか全く予想がつきません。ライトノベルの人気投票企画で上位にあがってくるのもうなずける印象深い一冊でした。
ファミ通文庫は青春ストーリーに関していえば良作をたくさん出版してきますね。