働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ガーリー・エアフォース

ガーリー・エアフォース (電撃文庫)
人類の前に突如出現した謎の飛翔体、ザイ。災厄を意味するその存在は桁外れの戦闘力であらゆる航空戦力を圧倒した。彼らに対抗すべく開発されたのが、既存の機体に特殊なチューニングを施し、異次元の高機動を実現したドーターと呼ばれる兵器。操るのは、アニマという操縦機構。それは―少女の姿をしていた。パイロットだった母をザイにより失った少年、鳴谷慧が出会ったのは真紅に輝くスウェーデン製の戦闘機、そしてそれを駆るアニマ、グリペンだった。人類の切り札でありながら挙動が不安定なグリペンと、空に焦がれる少年の、長くて熱い物語がはじまる。





『なれるSE』の作者である夏海公司による新作である『ガーリー・エアフォース』
人類に災厄をもたらす謎の航空戦力『ザイ』によって大切な母親を失った“鳴谷慧”と『ザイ』に立ち向かうため人類が開発した『ドーター』と呼ばれる兵器とそれを操る『アニマ』の少女“グリペン”。『なれるSE』を既読の人には抵抗せずスルースキルが発動するのだろうが、初見さんには「専門用語が多すぎる」「説明は無いのか」といった意見が出そうな作品ですね。
それでも『なれるSE』に比べたらかなりソフトに書かれており、用語の意味を知っていれば別の楽しみが生まれるのだろうが、知らなくても十分に楽しめるストーリです。(現に自分は全く理解していません)
人類の切り札というべく開発された『アニマ』の少女“グリペン”の境遇やセンチメンタルな展開が見所。そして華麗に流された“慧の父親”の行方(あまり触れてないよね?)が現在どうしているのかなど気になる伏線が多く、今後どのように繋がっていくんですかね。「なんで美少女が戦闘機に?」というメタな突っ込みをしていいのかどうなのか考えるところではあるけど次回に期待です。