働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

女騎士さん、ジャスコ行こうよ

女騎士さん、ジャスコ行こうよ (MF文庫J)
とあるど田舎、平家町に住む普通の高校生、瀬田麟一郎はある日、夜の田んぼで行き倒れているお姫様、ポーリリファと彼女に仕える女騎士、クラウゼラを発見する。二人はなんと異世界《魔法地平》から命からがら逃れてきたと言い出して、そこから始まるトンデモドタバタストーリー!? ……と思いきや、「実は……この町では割とよくあることなんだ」「なんじゃと!?」異世界人が珍しくない普通の田舎町で繰り広げられる女騎士系田舎日常コメディ、特に何事もなくのんびりスタートです。「さっきの花嫁姿、綺麗だったぞ」「ななな、なにを言ってる!? クッ殺せ! 」





『田舎に外国の人が来たのん? えっ、違うのん』(帯のコメント)
異世界と田舎とジャスコを融合させてカオスな日常コメディ。田舎に暮らす普通の高校生、“瀬田麟一郎”と異世界から来たお姫様“ポーリリファ”と女騎士“クラウゼラ”
ほんっとこれだけ聞くと普通に異世界もののラノベに見えるのに蓋を開けてみたらとんでもカオス。
そもそも『異世界人が珍しくない田舎』という理由から、クラスメイトにモンスターが紛れ込んでいることが平然と受け入れられていること。そのモンスター(♀)が終始「キシャー、シュルルル」としか発言をせず、全て周囲の人間が翻訳して伝えてくる。異世界人の“ポーリリファ”も“クラウゼラ”も突込みをいれないので「あれ?翻訳できない僕のほうがおかしいの?」と思っちゃいました。
タイトルにある『ジャスコにいこうよ』よりもこのぶっ飛んだ田舎の現状のイメージが強烈でした。
田舎暮らしの不便さにイライラをつのらせるなか、はじめて訪れたジャスコに感激して「この田舎にもジャスコを建設しよう」という話しに繋がるまでが長すぎて、読んでる最中に「ジャスコ……いつでるの?」と思う人も出るんじゃないかな。

田舎と異世界とジャスコなドタバタ日常コメディ。異世界人で個性的なキャラとジャスコが2巻でどうなるのか。とりあえず作者さん普通の人間で可愛い女の子を増やしてください。