読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

不戦無敵の影殺師 3

ガガガ文庫 不戦無敵の影殺師3(イラスト完全版)
異能力業界に忍び寄る「終わり」のとき……
俺は、俺たちは何のために異能力者をやっているのか--。
小手毬と朱雀の出会い、そして契約からはじまり、現在--アンダーグラウンドの異能力者組織「御大」を撃退したことで
御大から狙われることになった、朱雀と小手毬。
組織からの刺客は規格外の強さで、何もできないまま敗れてしまう。
そして御大の狙いは、エンターテインメント産業として成り立つ「異能力者業界」自体の解体だった?
風雲急を告げる、異能力者苦闘アクション、第3弾!





好きなライトノベルを投票しよう!! 2014年上期
ラノベ読みが選ぶ好きなライトノベルにて7位タイの作品です。僕もこの作品に一票を投じるくらいオススメです。

表の世界で脚光を浴びて華々しい活躍をする異能力者の裏に存在する異能力者組織『御大』に焦点をおいた3巻。煌霊使いの“冬川朱雀”と煌霊の“小手毬”の芸能界を中心に巻き起こるストーリーと違い、「異能ものならバトルだろ」と言わんばかりに血の気の多い内容でした。

表の世界で最強を謳ってきた“冬川朱雀”と“小手毬”は『御大』の標的になるわけです。その火種がもとで異能力業界全体に巻き起こる壮大な展開、≪表の異能力者VS裏の異能力者≫とでも言いますかね。1巻2巻で芸能界を通じて知り合ってきたあの人この人が、今回は≪表の異能力者側≫に参戦をすることになり、もう様々な異能力者の活躍を見れました。
それぞれが異なった能力をもち、個人では非力ではあるものの、集団となればお互いにカバーをしあって長所をいかんなく発揮する。そんな≪表の異能力者≫たちの異能バトルでした。