働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

浮遊学園のアリス&シャーリー 1

浮遊学園のアリス&シャーリー 1 (オーバーラップ文庫)
街が空中に浮かべられるくらいの近未来―特有幻想という異能力に覚醒してしまった者たちは、一般社会から隔絶された浮遊学園都市“楽園”に集められていた。柾貴は菓子作りが趣味の平和な高校生だったのに、最高レベルの幻想具現者と判定され転校してくる。再会した幻馴染みのシャーリーと、物静かで不思議な少女アリス。ふたりは、幻想悪用の校則違反者を取り締まる“規律委員”の最強ペアだったが…ささいな口論からチームを解消してしまう。しかも、柾貴は最高レベルだという理由でアリスから、新しいパートナーに選ばれてしまい…!?最強!最凶?紅茶とお菓子の異能学園バトル―レベルMAXで開幕。





『異能力』と『学園』というキーワードから連想されるもの……
学園内で強力な力を持つものは尊敬の目で見られ、力に酔いしれた人間が横暴な態度をとれば畏怖の目で見られてり。自らの異能力の強さに対する後ろめたさの弱みに付け込んだ、不正に強力な力を手に入れる方法に手引きをする人間の存在。
まさに異能力といったらこれをやらなきゃ、という内容を中心においた1巻。

そして、本作の主人公“楠木柾貴”と幼なじみの“桜坂シャーリー”、不思議な少女“アリス・クロックハート”のダブルヒロインによる異能学園バトル。
各人の異能力についてはちゃんと登場するので省くとして、なんといってもこの幼なじみの“柾貴”に対するボディタッチの多さが学園内の男性人の逆鱗に触れたりと、ラノベならではのよくある展開。そしてダブルヒロインとあって一人だけポジションが優遇されたりということもなく、二人に平等に機会が与えられてます。
活発で積極的な“シャーリー”と冷静で嫉妬深い“アリス”との日常を描いたシーンはどちらも魅力的で、好きなキャラならどっち? と聞かれても即答はできませんね。