働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

浮遊学園のアリス&シャーリー 2

浮遊学園のアリス&シャーリー2 (オーバーラップ文庫)
夏の盛りを迎えた浮遊学園都市“楽園”。柾貴とアリスとシャーリーの三人は、規律委員会の本部に呼び出される。そこでシャーリーは、委員長の須旺から規則違反による幻想具現化禁止を言い渡されてしまう。その須旺は、菓子作りの世界で高く評価されており、柾貴の憧れの人物でもあった。その頃、支援隊の氷梨は、とある噂を耳にする―特有幻想を強くするケーキがあるというのだ。真相を確かめるべく規律委員会は動き出す…!紅茶とお菓子の異能学園バトル、レベルMAXで第2幕スタート!!





異能学園バトルものであり、レベルが学内でのヒエラルキーに直結。違法なアイテムを用いて突然レベルが上がる現象というのは付き物なのか。そんな感じで前回のアプリケーションドラッグと似た内容が続きます。
学園内でもっとも強い力をもつ生徒が在籍するAクラスに唐突に訪れた三人の生徒。レベルアップをもってクラスの移動となったなか、異能力のレベルを上げるケーキがあるとの噂を聞きケーキ屋を訪れることになった“柾貴たち”。
そして今回が初登場となった『規律委員会』の委員長、“須旺”。彼は“柾貴”が尊敬する料理人の一人であり、“須旺”の存在もあってか、『浮遊学園のアリス&シャーリー』の話しのなかで特に、料理に関連するエピソードが増えた感じでしたね。
あーそうそう。今回の黒幕に関しては、登場人物の変質的な思考回路と、状況証拠かも容易に想像が付きます。もうこの人しかいないだろくらいわかりやすいです。

学園内での異能力の使用は制限されており『規律委員会』はペアを組んだもののみが異能力の使用を許可されています。(そんな規律がったよね?)前回ペア解消を受けた“アリス”&“シャーリー”(現在は“アリス”&“柾貴”)のうち“シャーリー”はいまだペアを作れず。その結果、異能力の使用を禁止されることになります。
まさか、最後にあんなことになるとは……

主人公の“柾貴”とダブルヒロインが織りなす異能学園バトル。個人的に『アルティーナ』が大好きだからという理由だけで買った『浮遊学園のアリス&シャーリー』はわりと当たりの部類に入ると思うのでもしよかったら読んでみてください。