読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ギルドのチートな受付嬢 1

モンスター文庫 ラノベ

ギルドのチートな受付嬢(1) (モンスター文庫)
ある日ドジっ子の神様により、間違えて命を奪われた秋野友昭。お詫びにとチートし放題の転生を持ちかけられ嬉々として受け入れるが、生まれ変わった姿はエルフの女の子だった!それから時は経ち、友昭は才色兼備の受付嬢・イリアとして、ギルド連合リュネヴィル支部で働いていた。剣と魔法の世界で、ギルドの仕事が今日も始まる。「小説家になろう」で大人気、チートな受付嬢が紡ぐ異世界ファンタジーが、全編大幅加筆修正でついに書籍化。書き下ろし番外編『イリアのチートな知人たち』では、web版では描かれなかったタイラントスパイダー戦の模様も収録。






ギルドで働いている才色兼備な受付嬢“イリア”。そんな彼女を目当てに多くの人が訪れる異世界ファンタジーなライトノベル
モンスター文庫で書籍化した作品は1巻で綺麗にまとめたものを出版するよりも2巻3巻と引き続き面白さを継続していくものが多かったのに(少なくとも創刊ラインナップを全て読んだ感想)
今回は終始面白みに欠ける。そもそも受付嬢のチート設定が全然具現化されておらず、本気を出せば凄いけど裏方に徹しているというところがつまらなかった。
ときおり異世界の国王やら竜やらと面識があり親しい間柄な空気をにおわせる部分が見受けられるけど、そういった人物を掘り下げる前にすぐにご退場してしまうので、モブキャラと同列の存在感しか残りませんでした。
それでも個人的には盗賊ギルドに所属していた“バルド”と“カティ”が“イリス”の勤めるギルドで働く話しは好きですね。冒険者ギルドのアットホームな雰囲気というものを働く上で身をもって体感した盗賊ギルドの二人が徐々に変化していく姿と、最後に見せたチートな受付嬢の粋な計らい。そのストーリーは純粋に面白いと思いました。
総合的に見て個人的な意見をぶっちゃけて言うとあまりオススメする作品ではありませんね。