読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アルティメット・アンチヒーロー 常勝無双の反逆者

講談社ラノベ文庫 ラノベ

アルティメット・アンチヒーロー 常勝無双の反逆者 (講談社ラノベ文庫)
神代焔はかつて世界中の軍隊を滅ぼした魔界からの侵略者《魔王》をたった一人で討伐した英雄だ。しかし彼はあまりの強さに権力者達から疎まれ『反逆者』の濡れ衣を着せられ社会から追放される。それから数年後、焔は訳あって魔術師学校に入学し『お荷物小隊』と揶揄される少女達の面倒を見ることに。少女達を導き瞬く間に学園最強の小隊に成長させる焔。彼の強さと優しさに心惹かれていく少女達。だが世界に再び《魔王》が襲来するとき少女達は知る。『本物の最強』にとって仲間とは戦友ではなく、守るべき弱者でしかないのだと! いずれ救世主と全ての人間に讃えられる少年が紡ぐ、敵も味方も誰一人ついて行けない常勝無敵ファンタジー開幕!





『反逆者』としての濡れ衣を着せられた世界最強の英雄“神代焔”が魔術師学校で小隊の指導を一任されたことから物語はスタートといった感じですかね。
世界最強にまで上り詰めた“神代焔”は魔術の全てを知り尽くした存在。魔術学校で訓練に励むある生徒の「どれだけ特訓しても魔術の扱いが上手くならない」という相談を寄せられたときの解決手段も、肉付けされた文章で独自の世界観の理論に基づくもの。読んでいてしっくりくる内容でした。
読んだ人にはわかるんだろうけどp64-65のところですね。ああいった一言を添えられると一気にひきつけられる感じがします。

とまあ指導教官的な内容もちらほらとあり。世界最強の英雄と彼に憧れた一人の少女の物語。これは1巻から面白いかどうかを決め付けるのは時期尚早な気がしました。2巻から扱われるであろう種を蒔いている状態と、“神代焔”の世界最強の力というものがどのような認識であるかの説明が中心でした。もうこれは2巻を期待して待つしかないですね。