働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

なれる!SE 12 アー リー?リタイアメント

なれる!SE (12) アーリー?リタイアメント (電撃文庫)
「ミカサ自動車のインターネットゲートウェイ構築が取れたぞ」年度末の超繁忙期、社長が受注してきたのはなんと国内最大の自動車メーカー案件。悲鳴をあげながら対応を開始する工兵だが、頼みの立華はなぜかうわの空…からの無断欠勤…からの退職話!?どうやら隠された事情があるようで、工兵は立華の復活を目指して行動を開始する。しかし一方、ミカサ案件も待ったなし。立華不在で苦境に立たされる。はたしてミカサ案件の行方は?そして立華は本当に会社を辞めてしまうのか?風雲急を告げる、萌えるSE残酷物語。第12弾!






“立華”の不在という緊急事態に陥ったスルガシステムは、完全に屋台骨を失った状態。鳴り響く電話とクレームの嵐により苦境に立たされた状況で追い討ちをかけるように“立華”の退職の知らせ。
これまででは考えられないような窮地ですね。“工兵”のOJT担当としてこれまで数々の修羅場という名のDQN案件をかいくぐってきた裏には、“立華”の超人的なスキルなしでは成り立たないわけです。今回の“立華”の退職に伴い人材派遣会社から後任を宛がうにあたり要求されるスキルを列挙したときの凄さときたら。派遣会社の営業さんのリアクションもあって、顔面蒼白になるのが客観的によくわかりますね。“立華”の超人的なSEスキルの裏にある過去話は目が離せませんでした。
相変わらずのSEに関するディープな専門用語が作中で飛び交っていましたが、別に理解できなくても十分に楽しめます(僕が理解できなくても楽しめてます)。全体の流れがつかめていればなんとなくわかります。
今回も例によって“桜坂工兵”による隠し玉を披露してのどんでん返しあり。藤崎さん曰く「そういう手段は通用するのは一回きりだよ」と言わしめた一手です。個性的な面々が集まるスルガシステムのフットワークの軽さと、創作ならではのノリだから許される展開ですよね。リアルでやったら……どうなるんですかね?

立華の人生に大きな転機をもたらした12巻。作者あとがきで「次巻、激動です」とのことですが、僕としてはそろそろ“桜坂工兵”のヘッドハンティングもとい引き抜きが起きるころだと思うんですよ(予想)。果たして13巻で何が起こるのか楽しみです。