働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ユア・マイ・ヒーロー 2 千早ぶる神

ユア・マイ・ヒーロー2 千早ぶる神 (講談社ラノベ文庫)
神を創生する千早計画―まだそれは未知であり開発途中であるが、手にすれば世界を操る可能性を秘めていた。それを封じた宝珠は星宮市で保管されていたのだが、ある人物が宝珠を盗み出そうとする。その人物に雇われたのは桁違いの霊力を操る霊能者達。万能な天剣を持つ八雲でも歯が立たず致命傷を負い、やすやすと宝珠を渡してしまうことに!皆が苦戦していた犯人確保に加わったのは、家出した八雲を捜し追いかけてきた妹の茜。彼女は兄と違い才ある剣豪だったが、謎のロシア美女の手に落ち、窮地に追い込まれる。神を創生し操る千早計画の全貌、そして茜の正体とは!?神を殺めるミッションを課せられた、アクションファンタジー第2弾!





生まれもった力を熱心に鍛錬し続けた主人公の“御剣八雲”と設定上の妹である“立華聖”、実の妹である“佐伯茜”、生徒会長の“宝生綺羅”によるアクションファンタジー。
僕がこのラノベを気に入ったきっかけは“八雲”の学園内での立ち位置が、所属している組織による潜入といったところだったと思います。もう1巻の内容が漠然としか思い出せないので、完全に記憶頼りの思い出話になるんですけど。
学園での自分の身分を隠す姿がかっこいいと思ったのと、学園の教師(鬼熊先生)の存在感がハンパなかったです。
“八雲”の強敵とのバトルシーンも能力同士のぶつかり合いになり、どうやって強敵を打ち破るのかハラハラ。最後には「そういう戦いで倒しにかかるのかー」と納得の一言。ご都合展開よりも、“八雲”の実力から搾り出せる範囲で繰り出すバトルは面白かったです。

最後に完結したということでおめでとうございます。1巻の発売と同時に買った自分としては「えー、終わっちゃうの!」な感じではありますけど。次回、新作の刊行を予定しているとあとがきに書いてあったので、そちらのほうに期待を寄せながら待っていたいと思います。