働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オレと彼女の萌えよペン

オレと彼女の萌えよペン (富士見ファンタジア文庫)
熱血バトル漫画家としてプロデビューを目指す俺、君島泉は技術を磨くためにプロ漫画家の生駒アギト先生のアシスタントをすることになったのだが…。彼女は俺の目指す漫画とは無縁の萌え漫画を描く女子高生で!?さらに超エロゲ好きで、極度の美少女&巨乳フェチ。「萌え」が分からない俺は彼女の言うがままに、勉強としてエロゲーをやらされたりする始末。しかも舌打ちするほど男に厳しいのに平気で下着姿をさらしてくるし…もう一体、なんなんだよ!!そんな俺たちが合作で漫画連載を目指すとか、冗談だろ!?






オタリアの作者である村上凛先生の新作ということで購入しました。前作のオタリアは完全に青春ラブコメものであり、モテないオタクの主人公が意中の女の子に好意をもってもらうべくあれこれと努力を積み重ねていくようなストーリーでした。今回はそういった恋愛的な要素も臭わせることなく、漫画家を目指す主人公の“君島泉”がプロ漫画家の“生駒アギト先生”の二人を中心に書いた青春ストーリー。1巻ではまあフラグがたったかな的な内容でしたね。もうキャラ描写が最高でして、とくに幼馴染みとの間に起こった小学校の頃のシーンは最高でした。小学生の何気ない一言でほぼ疎遠で口も聞かない状態。そこから生じる二人のすれ違いがやがてお互いに擦り寄って昔のように仲良くなる。そこに至るまでの幼馴染みがとにかく可愛かったです。「こんな幼馴染みを僕もほしいです!」と声を大にして言いたい!
今回のストーリーの最大の見せ場はラストの“生駒アギト”の漫画家生命の危機、親から「漫画家のような不安定な職業はやめなさい!」と現実を突きつけられたシーンですね。なんだろう、言っていることは核心をついていて本当に反論に困る論理。その意見に対して“君島泉”の放った、若さと夢に向かってまっすぐなところはかっこよかったです。締めの一言でわざと誤解を招くワードチョイスを選んで、ヒロインが困惑するシーンも楽しめましたし、早く2巻が読みたいです。