働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

聖樹の国の禁呪使い 1

聖樹の国の禁呪使い 1 (オーバーラップ文庫)
相楽黒彦はある日、白く眩い光に包まれて意識を失ってしまう。
彼が目を覚ますと、聖なる大樹を信仰しているという異世界に降り立っていたのだった。
学園に入ってしまった黒彦は、誰も読むことのできなかった『禁呪』の呪文書をなぜか簡単に読み上げてしまう。
「――第九禁呪、解放」
『聖樹士』を育成する学園に入学させられてしまった、ただ一人の『禁呪使い』の新たな人生がここに幕を開ける!
『小説家になろう』とコラボした第1回OVL文庫WEB小説大賞“金賞"受賞作の異世界ファンタジー、推参!






Web小説大賞金賞受賞と金帯で宣伝されれば買わないわけにはいかないだろ。もう迷わず買い物籠にいれました。
異世界転生で誰も読むことのできない呪文書を読むことができ『禁呪使い』としての力を手に入れた主人公の“相楽黒彦”
序盤のストーリーは王道の展開の連続でしたね。ある日を境に異世界転生を果たした“黒彦”が、ひょんなことから一人の少女と出会う。異世界で不当な扱いを受けている種族の美少女と仲良くなったところに、ヒャッハー! なチンピラに絡まれ勇気をもって立ち向かう。考えなしに相手の容姿をほめる言葉を発してハーレムを固めていくところもラノベをしてましたね。
ただ、全体的にとくにこれといって目だった設定がなかったわりに、読み終わったあとの充足感はあって「面白いラノベだった」と思えるような一冊でした。
わけがあって人を寄せ付けない態度をとっている“キュリエ”、学園一の美少女で名家のお嬢様の“セシリー”。今回は聖遺跡という魔物が巣食うダンジョンに挑むにあたり、パーティーを組むために“黒彦”が一緒に組む人を探しにいきます。禁呪使いである彼とパーティーを組む人は引く手あまたで学園一の美少女の“セシリー”からも勧誘を受ける人気っぷり。それを押しのけて“キュリエ”を強引に誘い、彼女の態度が徐々に軟化していく姿はもう本当に可愛かった。作中では語られない“キュリエ”の謎の行動の数々をあえて説明しない当たりを、「キュリエはもしかして……」と想像が膨らみました。それに負けじと“セシリー”がグイグイ攻めていく姿と拮抗して、「どっちもメインを張れるくらいのヒロイン力だなー」と思います。
あと238ページの挿絵の破壊力がハンパないですね。あれで“キュリエ”と“セシリー”の違いがはっきりしました。“キュリエ”の天然キャラがたまらなかったです。
禁呪のあれこれについて話すとさらに長くなるから割愛。一言で言えば俺TUEEE感が薄まってて良い感じのバトルファンタジーに仕上がっていてよかったです。