働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界迷宮の最深部を目指そう 2

異世界迷宮の最深部を目指そう 2 (オーバーラップ文庫)
戦いを終えたカナミは『十守護者』のアルティと再会する。彼女の「恋を成就させたい」という依頼を受けつつ、迷宮攻略を再開するカナミ。カナミは新たな仲間として火炎魔法を操るマリアと、類いまれなる実力を持つラスティアラを加え、ついに前人未到の領域に辿り着く。しかし、順調に迷宮探索を続けるカナミの前に『天上の七騎士』が立ちはだかる。逃亡してきたラスティアラを取り返さんとする彼らに、カナミは決闘を申し込まれてしまうのだった。「―お嬢様を、返してもらう」運命の車輪はここから加速する―異世界迷宮ファンタジー、第二弾!







小説家になろう連載作品を読んでいないとキャラクターの人物像がぼやけてくる。もともと数多く読んでいるラノベのなかで、1巻が面白かったから2巻も買おう程度に思って今回の2巻を読んでみたんですけど、もう誰が誰やら把握しきれなかったです。
2巻のメインとなっている“マリア”に関しては「奴隷市場で出会った女の子にそういえばいたな」程度の認識があったので、ストーリーのなかで1巻の回想が入っても文章を租借することができました。“ラスティアラ”に関してはもう全くと言っていいほど覚えてなく、“ラスティアラ”周辺の人物が登場してきても、そもそもの“ラスティアラ”を知らないとあって全く話しについていけませんでした。実際に読み終わっても“ジーク”との出会いのきっかけはなんだったのかな? ていうくらいの認識です。
序盤から話しについていけなくて雑な読み方になっていた結果見落としてたならあれだけど。1巻を読み返して地盤を固めてまでこの作品を楽しむ気力もないので、3巻を購入するのが怪しくなってきそうです。“ジーク”のもつ人のもつ資質やステータスを可視化・数値化する能力も魅力的だし、相手の才能を瞬時に見極めてしまったがゆえにうまれた奴隷の少女“マリア”の苦悩なんかは最高に面白かったんだけどな。
“ジーク”と共に前線のダンジョンに挑むべく努力して強くなった“マリア”。本人は新たな力に目覚めて強さに自身を持ったところで、“ジーク”の能力の前では全てが数値として表れる。“マリア”の意気込みと現実、ダンジョンでの危険性を天秤にかけてるシーンの前後が一番面白かったですね。