働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

生ポアニキ

生ポアニキ (オーバーラップ文庫)
不登校で孤独な生活を送る木村ユースケは、カウンセラーの勧めで新たに設けられた『恋愛生活保護』を申請した。これで相性の良い自分好みの女の子が現れて、幸せになれる…はずだったのだが、約束の日、家に来たのは女の子ではなく、一糸まとわぬマッチョな“アニキ”だった!一方で本来現れるはずの鳳来寺ユリは転校生として現れるも、ユースケの好みとはことごとく違う。家に住み着いたアニキ、ユースケを拒絶する転校生、そして秘密を抱えて近づくクラスメイト・松笠アザミ…。謎が謎を呼び、アニキの汗がほとばしる!果たしてユースケに恋人は出来るのか!?全ての答えは筋トレの先にある!少年少女と一人のマッチョが織りなす健全なる物語。ハイテンション・マッスル・ラブコメここに交付!!







ゆがみねえハイテンション・マッスル・ラブコメバカラノベでありながらアニキの一言がかなり深いです。「イケメンだろうとブサイクだろうとマッチョはみなマッチョ」「どんなやつだろうと筋肉は差別をしねえ」。もうほんっと読んでるとね、序盤はアニキの存在が完全にネタでしかなく感じるのに、終盤になるにつれてアニキの世話焼きなところとか無駄に熱いところが最高に輝いて見えます。自宅にガチムチなアニキがいる状況下で、その場にいる人間が誤解をまねかるざるを得ない状況にもっていって笑える展開にするところも最高に面白かったです。
他作品の『ベントー』『デスニードラウンド』でもありました、食事のシーンに力を入れているところも健在でしたね。まあ今回は、筋肉を愛し、健康志向の強いアニキによる健康食についてが中心といった感じで、他作品とまた違った趣でしたね。「アイス一個とカップラーメン一個は同じカロリーなんだぜ」「若いうちはそれでいいかも知れないが年をとってから(以下略」
ハイ、とても勉強になりました。他にも「ダメだ、もう無理、限界だ、っていうやつはまだ力を残してる。」などの深イイ名言がたくさん飛び出してきます。
ノリで作っているのを一番感じたのはやっぱり、章と章の間にあるスペースにちびキャラになったアニキがボディービルのポーズとポーズの名前を引っさげてるところですかね。あれはもうただ笑うしかない。読んでいて無駄な知識が身につきます。

アニキと美少女と恋愛生活保護バカラノベ。アサウラ先生の新作は期待通りのクオリティで最高に熱い1冊でした。人にオススメする際にも「生ポをネタにしたラノベがあってね……」と宣伝しやすそうなので、機会があれば周囲の人間に宣伝してみよう。