働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。2

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。2 (講談社ラノベ文庫)
愛沢の退学騒動を乗り切り、東雲の入部によって廃部の危機も免れた。これでまた文芸部という空間で、自分の好きなものを思う存分楽しむことができる―そう思っていた耕介だが、現実はそううまくいかない。生徒会の手伝いとして行っていた相談受付に訪れる生徒の数が、なぜか急に激増したのだ。文化祭の準備をしつつ、愛沢や東雲たちとなんとか依頼を解決していく耕介だが、このままでは部活どころではない。どうやら、文芸部を試している何者かがいるようだが…。さらにそんな中、耕介は天姉と愛沢と東雲と四人でデートに行くことになり―!?「本当はしたいんじゃない?女の子にえっちなこと…」ビッチ×オタクの学園ラブコメ第二弾!







見た目ギャル系ビッチかと思われていた愛沢が、実は純粋でやさしい美少女だと判明。前回が愛沢というキャラクターについての話がメインだとしたら、今回は表紙を飾る東雲伊吹についてのストーリー。彼女が活躍しそうなミステリーな話しが多かった印象ですかね。東雲伊吹という人間の常に冷静沈着で情に流されない性格の裏に、年相応な部分をにおわせる描写がちらほら見受けられ、ラブコメ作品のヒロインを楽しむという点では十分な内容でした。
イラストもエロゲ風味なところがこの作品の内容にマッチしていて良かったです。