働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます 1

異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます(1) (モンスター文庫)
大学生の佐藤四季は、目が覚めると異世界の迷宮都市に飛ばされていた。そこで治癒魔法に目覚めた彼だったが、怪我を治す代わりにセクハラなんてしていたものだから、ついに勤めていた治療院をクビになってしまう。途方にくれる四季。しかし、彼は生きるために冒険者として迷宮に潜ることを決意する。そして、傷ついた奴隷の少女ユエルと出会い―。「小説家になろう」で大人気の異世界ハーレムファンタジーが、ついに書籍化。書き下ろし番外編の「初めてのおつかい」では、四季が迷宮都市にやってきた直後、本作の前日譚が描かれる。







異世界転生を果たした先で最高峰の治癒魔法使いとしての実力をほこる主人公のハーレムラブコメ。異世界人であるため周囲の人間と異なる価値観をもつがゆえの行動に引かれていく奴隷の少女ユエル。主人公の行いに心をうたれるヒロインってのはもう見飽きた感がありますね。元の身分が奴隷なこともあるのだろうけど、純粋で献身的に主人公に接するユエルが可愛く、無神経に男の性欲を刺激していくスタイルが恐ろしい。ユエルとの関係は周囲の人間にはロリコン的に見えるようで、一線を越えないようにひそかに性欲処理をしようと画策しているシーンは面白かったですね。
ユエルとの物理的距離感はほぼゼロなわけでして……、男のあれな臭いを漂わせていると一発で気づかれかねない。そんななか、画期的な性欲処理の道具に使えるアイテムをドロップする敵に挑むため、奴隷のユエルとともにダンジョン探索に向かったりと。ラブコメのエロさが挿絵とあいまって楽しめました。
他にもエッチなお姉さん的なキャラのルルカ、治癒院の経営者で佐藤四季の恩人であるエリスなど、可愛いヒロインが多数存在。残念ながら今回エリスに関してはあまり触れておらず、幼児体型のユエルと肉感的なボディーをもつルルカを中心の話しが多かったイメージ。エリスがメインに出張ってくるのはおそらく2巻ですかね。手にとって読んだ感想としては、気が向いたら続きも読んでみようかなくらいの印象でした。