働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)
若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。王都の片隅の小さな菓子屋には、今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。フロリアは再び混沌に呑まれるのか―。その行く末は、国際会議の席でのロクサーヌの外交、そしてその席で供されるアルジャンの菓子の力に委ねられた!!“菓聖”の伝説を綴るヒストリカル・ファンタジー、緊迫の下巻!!







フロリアの窮地をお菓子で救ったアルジャンの活躍は最高の結末を迎えることができて大満足。
なんといっても見所は後半に巻き起こったフロリアの女王ロクサーが出席した国際会議。不敗将軍バルトレオンの遠征失敗からフロリアが戦禍に巻き込まれそうになり、平和を持って武力衝突を避けようとするロクサーヌとバルトレオンの意見の対立。国民がみな豊かに暮らせる世界を目指しているロクサーヌの外交を手助けするアルジャンのお菓子。会議の緊張した雰囲気もアルジャンのお菓子をひとたび口にすれば誰もが魅了されます。いやー、お菓子って素晴らしいですね。口ではどれだけアルジャンのお菓子を罵倒しても、上手いと感じたことには嘘はつけないので、会議の出席者から出る言葉の端々ににじみ出てましたね。
無事に国際会議が終えることができ、この作品自体も完結に向かうことになりました。エピローグで語られたアルジャンとロクサーヌの後世。二人があのあとどうなったか非常に気になり、色々と想像が膨らむところではあります。もっと続きを読みたいと感じる上下巻構成のラノベで最高でした。