働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~

セントレイン戦記 1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)
“北境の麒麟児"と呼ばれる王族の少年領主、ジルス・セントレイン。彼のもとに従妹の王女、クランベルが逃げ込んできた。
彼らの暮らすセントレイン王国では、有力な領主たちが群雄割拠し、王にとってかわろうと争っていた。
ジルスも、クランベルとともに、国土統一を懸けた戦いに参加することを決断する。
そんな彼らの前に「神の声を聞く」と言われている若き女領主、ナターシャ・フレネンスの軍勢が立ちふさがる。敵の数は十倍。
これを乗り切るには、ジルスの知謀と、その体に秘められた禁忌の力を使うしかない! ?
少年と少女が隠された力を解き放つとき、壮大な戦記物語の幕が開く!







森田季節』と『戦記』にオーバーラップ文庫からの刊行とあっては迷うことなく購入を決めました。最近は小説家になろうの書籍化くらいしか戦記ものというジャンルを読んでいなかったので、こういった物語の終着点にある程度の目測ができる作品の良さというのをあらためて感じることができました。北境の太守として領地を治めるジルスの知謀と、その身に宿す力の正体。そこにセントレイン王国第一皇女のクランベルの隠された力が合わさったときの背徳的な関係に目を見張りました。お互いに自らの押さえ切れずに暴走しがちな力を、とある行為により抑制するシーンが何度かあったんですけど、この行為が主人公のジルスの周囲に修羅場の火種を蒔いていく未来が容易に想像できますね。
ジルスとクランベルが国土の統一をかけた戦争に参加することになった矢先に、衝突することになったナターシャとの一戦。そのナターシャの正体が女性だと気づいた瞬間に、僕のなかで完全にフラグが建ちました。戦記ものとして『国土の統一』の統一という一つの目標に行動を起こしているのでテンポが良くて読みやすかったです。