読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。

ダッシュエックス文庫 ラノベ オススメ

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)
「弘凪!オレ、彼女ができた」親友の相羽遙平から打ち明けられた、高校一年生の向井弘凪。女の子にモテまくっても、特定の彼女を作らなかった遥平が誰かとつきあうのは、あまりに意外だった。遥平が彼女を作らないのは、中学生二年生のときのあの事件のせいではないかと、弘凪は責任を感じていた。そして、弘凪自身も女の子に好意を持つのを避けてきた。ちょうど弘凪には気になる女の子がいた。通学電車でよく出会うスケッチブックを抱えた名前も知らない女の子。遥平に彼女ができたらなと、弘凪はその子に勇気を出して話しかけてみようとするが―。






ダッシュエックス創刊ラインナップに野村美月作品が含まれていたので迷わず買ってみたけど、表紙を飾るイラストから、「あ、いままでファミ通文庫で読んできたのと違う……」というのが伝わってきます。親友の彼女を好きになってしまった弘凪のゆがんだ青春ストーリー。通学電車が同じでひそかに好意をよせていた女の子が親友の彼女だったという不幸がそもそものきっかけ。相羽遥平の過去を知っているがために、彼がはじめて自分から彼女を作ったことを祝福しようとするがその人物は弘凪も好意をひそかに好意をよせていた女の子。遥平の「自分の彼女を弘凪にも親しくしてもらいたい」という気持ちと弘凪の「親友の彼女を好きになるのはいけない」という考えが弘凪のさらなる葛藤を生み出し、この複雑な三角関係がどのような結末を描くのか最後まで目が離せない。