働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!10 富士見ファンタジア文庫
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!で始まった、おまえと俺の協定関係。最初は大変だったよな…おまえは見たいって言ってた萌えアニメを拒絶するし、俺は企画してくれた模擬デートすらこなせないし、この調子で本当に大丈夫なのかって思ったけど、同人誌作ってコミケで売ったり、本気で劇に参加したり。オタクなことも、リア充なことも、なんだかんだやってこれた。でもその全ては、あの協定あっての結果だったと思うんだ。だから今日は協定関係抜きで、おまえに話そうと思う。俺の本当の気持ちを―。






恋ヶ崎の協定関係によって育まれた柏田の成長とこれまでの交友関係が凝縮した最高のラブコメ作品でした。今回で最終巻とあって主に交流のあったキャラクターが総出演でしたね。自分は誰が本当に好きなのかを認識しだして奮闘する柏田を慰めるヒロイン勢。これまでのシリーズを通して柏田に対しての好感度はかなり高いことを伺えていたけど、最終巻での感触を見る限りルート選択によってはムラサキエンドや長谷川エンドもありえたんじゃないですかね。恋ヶ崎エンドだけでは終わらず、他のキャラクターを選んだときのストーリーも読みたいという欲が出てくるくらい、魅力的なキャラクターの多い最高のラブコメ作品でした。
公式によると、お前をオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ略してオタリアの大学生編の製作が決定しているようです。恋ヶ崎と柏田の別れから再会までの間を保管する形で話しを進めていくんですかね? 全く話の全容が見えてこないんですけど、僕としてはこれからもオタリアを楽しく読める機会が得られただけでもう満足です。ファンタジア文庫のの新刊にオタリアの名前が並ぶ日を楽しみにしてます。