読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

講談社ラノベ文庫 ラノベ オススメ

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 (講談社ラノベ文庫)
MMORPGクロスレヴェリにおいて坂本拓真は、他プレイヤーから『魔王』と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。ある日、彼はゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまう。そこには「私こそが召喚主」と言い張る少女が2人いた。拓真は彼女たちから召喚獣用の奴隷化魔術をかけられる―しかし固有能力“魔術反射”発動!奴隷と化したのは少女たちだった!困惑する拓真。彼は最強の魔術師だが、コミュ力が絶無なのだ。悩んで放った一言はゲーム内で使っていた魔王ロールプレイで!?「俺がすごいだと?当然だ。我はディアヴロ…魔王と怖れられし者ぞ!」やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む異世界冒険譚、開幕!






異世界に魔王として召喚された主人公が二人の少女と共に冒険をするという異世界ファンタジー。召喚されたばかりで右も左も分からない状態で、魔王としての威厳をそこなわないように必死にロールプレイをしている姿がとくに面白い。世間知らずで俺様キャラなために常に周囲に憮然とした態度で接するがゆえに、無駄な喧嘩の火種を生むことに。そのたびに魔王として召喚される際にさずかったチート能力で懲らしめるシーンが毎回痛快。
魔王のもつ相手の魔法を反射する装備や負った傷をたちどころに修復装備が魔王のチートスペックに拍車をかけていってます。物語序盤に魔王の召喚に成功した少女たちが、魔王を隷従させるために行使した魔術も反射され、召喚士である少女たちが奴隷として首に鎖をつけることになったり。美少女を奴隷のように扱う男というのも周囲の人々に奇異の目で見られるのも当然でしょうね。後に明かされる二人の少女の出自とあいまって火に油を注ぐ展開になったりして面白かったです。