働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ガンズ・アンド・マジック 2 ―黒き鎧と魔科学の徒

ガンズ・アンド・マジック (2) ―黒き鎧と魔科学の徒― (電撃文庫)
亡国の女王・イーリス、近衛騎士・アリシアと共に、今はなきヴァルカ王国へと旅をする異世界の装甲兵・レン。遂に旧ヴァルカ領の町ピトレーへとやってきた3人が見たものは、主なき領地を狙い進駐してきていた隣国・ファジルドの軍隊だった。道中に出会った、レンに並ならぬ興味を抱く元ピトレー領主兼魔法研究者・ミトラ曰く、なんとファジルド軍が対峙している魔獣の群れの中に、謎の『四つ脚の鎧』がいるという。自らと同じ“アーガス”と確信したレンは、イーリスたちと共に進駐軍に協力することになるが―?魔法と火砲が交錯するバトルアクション第2弾!






王道ファンタジーに異世界兵器を織り交ぜたバトルアクションの第二弾。天真爛漫なイーリスのキャラクターやミネルヴァのずれた発言の数々には、戦闘の緊張感を忘れて笑ってしまいました。亡国の女王という立場と領地を荒らす魔獣の存在に立ち向かうべく、兵とともに異世界兵器を身にまとうレンの戦闘は新たな強敵を前にどうやって決着を付けるのか。真剣に立ち向かってる姿を追いながらときおりイーリスとレンがかもし出す(主にイーリスによゆ)ラブコメの波動に癒されながら、最後までスラスラ読むことができました。
異世界兵器を目にすることとなった研究者のミトラがマッドサイエンティストぶりを発揮し、笑顔で周囲の兵士を愕然とさせる戦禍を戦場で残したりと、コミカルな部分もあって退屈しませんでした。
新たな敵の登場や魔獣の群れを用いた策略の裏に隠された目的が今後のストーリーにどう繋がるのか気になります。