働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

冴えない彼女の育てかた 7

冴えない彼女の育てかた7 (富士見ファンタジア文庫)
あの晴れた春の日、桜舞い散る坂道で「彼女」と出逢ったことで動き出した、俺、安芸倫也の夢―ゲーム作り。幼なじみの英梨々、憧れの詩羽先輩、従姉妹の美智留を巻き込み、紆余曲折ありながらも冬コミでの同人ゲーム完成まであと僅か…その目前で、俺が全てを台無しにした。「安芸くんが正しいことをしたと思ってる。でも、許せない」そんな言葉とともに開いてしまった加藤との距離。仲直りしたはずの英梨々のスランプ。そして、詩羽先輩の卒業。冬コミから変わってしまったサークルの関係に、俺は悩み抜き、ひとつの決断を下す。そして、また春がやってきて…。






第一部完結とあって最後はなんとも言えない最高の一冊でした。コミケサークル出展から一転してこんな結末を迎えることになるとは夢にも思わなかった。心の中で「どうせハッピーエンドな感じにストーリーを進めていくんだろ?」と高をくくってたら予想もしないような方向にドンドン話が進み、エピローグを読み終わったあとはもう言葉が出なかった。もうとにかくオタク業界の商業の世界の闇が深すぎて、容赦なく巻き込まれていく倫也たちを見てるのが辛かったです。こういうのを書かれると「えっ? なんかリアルにありそうな話じゃね?」ってくらい生々しかったですね。
挿絵のチョイスも絶妙でどれも最高のシーンをイラストにしてくれて素晴らしかったです。最後のあのイラストは幼馴染みで負け犬キャラのエリリンゴ集大成で破壊力が抜群でした。第二部ではどういったスタートを切ってくれるか楽しみです。