読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔剣戦記 2 ~きみの道照らす銀の月~

オーバーラップ文庫 ラノベ

魔剣戦記 2 ~きみの道照らす銀の月~ (オーバーラップ文庫)
戦に勝利し、村の安寧を取り戻した竜基たち。竜基は戦禍の中で救った少女・イズミのサポートを受けて仕事に励みながら、現世で知り合いだったクサカの「記憶がない」という情報を確かめるため、ライカと共に北アッシア城へ向かう。そこでスラムの住人であるファリンと出会い、竜基はアリサを悩ませる地方豪族の問題と直面する。「―俺が、やるよ」問題解決のために奔走する中で、彼はある一つの道を見つけ出す。「小説家になろう」発の異世界ファンタジー戦記、計略冴える第2巻!






ゲーム越しでプレイしていたファンタジー戦記の世界にある日突然巻き込まれてしまった主人公が、2巻にして現実世界の知人であるクサカとの再会を果たすことで、記憶喪失であることを差し引いても何かしらの新事実が明かされるのではと期待していたけど、とくにそういったことがなくて残念でした。今回のメインはかねてよりリューキの登城を望んでいたアリスとリューキのストーリー。1巻でもとくに目立ったリューキの平和主義な一面が2巻でも終始見え隠れしていて、「おまえさっさと結論出せよ!?」って思えるくらいにじっくり悩みに悩んでいましたね。
そんなリューキが戦禍の仲で救ったイズミや北アッシアでアリサと触れ合う中で徐々に自分の意志を決めるまでがじっくり書かれているので、大きな変化がなくて全体的に地味なイメージでした。政を通して賢人のリューキが相手の行動を先読みして活躍するシーンは面白かったです。3巻ではアリサとリューキのコンビがどんな展開を見せてくれるのかが楽しみです。