読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ステ振り!(1) チートであの娘を美少女に

ラノベ モンスター文庫

ステ振り!(1) チートであの娘を美少女に (モンスター文庫)
ある夜、竜前寺タクトの視界に突如ゲームのようなステータス表が現れた。どうやら、ステータス上で余ったポイントを自由に振ることができるらしい。これは夢だと思いこむタクト。そこで、試しに隣に住むマッスルな幼馴染み、神凪小夜のステータスを表示させたところ、「容姿」のステータスがたったの5だった。これはひどいと、タクトは小夜の余ったポイントをすべて「容姿」に振ってしまう。翌日、学校に行くと、そこには本当に美少女になった小夜がいて―。「小説家になろう」発、異能系ハイスクールコメディ!





ゴリラのような残念な容姿をもつ幼馴染みの小夜に対して容姿のステータスポイントを極振りした結果、校内の誰もが目を引く美少女に変身。クラスメイトの小夜への認識を都合のいいように改ざんされるため、主人公の竜前事タクトへの男子の羨望の眼差し。人のステータスポイントの振り方を自由にできる能力と記憶の改ざんがカオスな日常コメディを繰り広げられます。
もっともこの主人公に対しては記憶の改ざんが施されず、美少女かする前の小夜のことを覚えています。ゴリラのときの姿が頭にちらついているのか小夜とのラブコメ展開に進展はなく、むしろ生徒会長とのラブコメイベントのほうが多かったです。容姿のステータスだけをみれば小夜>生徒会長なのは数値で明白な事実なんですけど、性格の面を踏まえると生徒会長のほうがヒロインとしては好感触。
容姿ポイント以外にも体力や知能といったまだまだ登場していないステータスポイントもたくさんあり、1巻では不良に知力ポイントをふってみたり、おばあちゃんに容姿ポイントをふってみたりと、なかなかカオスな日常シーンが楽しめるラノベです。ステータスを振る以外にも人のステータスを除けるというチートスキルを活用した異能ハイスクールコメディとしてもいけそうな自由殿高い設定だと思うので、次回はまた違った趣向をこらした内容を読めることを期待しようかな。