働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

デート・ア・ライブ アンコール 3

デート・ア・ライブ アンコール3 (富士見ファンタジア文庫)
デートアライブアンコールは毎回のごとく力を封印された精霊たちの日常を楽しく書いてくれますね。そのなかでも七罪に関して言えば、彼女の変身能力で四糸乃の年齢を引き上げて、大人の姿の四糸乃を登場させて普段では楽しめないデートアライブの世界を読むことができて満足です。シリーズを通して士道のもとに集まった精霊たちも余すところなく登場しており、士道と距離をとってときおり活躍している狂三や真那のストーリーもありました。狂三の意外な一面というか、黒歴史の一端が垣間見えたんですけど、あれはいったい……
個人的にデートアライブのなかで一番好きなキャラクターは折紙なんで、相変わらずのソロプレイで士道への攻撃を仕掛ける姿を楽しめたので良かったです。いつみても他の精霊たち全員をとってしても、絶対にとらないパターンの選択肢を選ぶところが飽きないです。いや、もう途中で「折紙の姿が見えないんだけど……」って言葉を聞いた瞬間に、これはなにかやらかすなとは思うんですけどね。欲を言えばもっと折紙の出番を増やして欲しかった。