読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

聖樹の国の禁呪使い 2

オーバーラップ文庫 ラノベ

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)
ヒビガミとの一戦後、夢か現か、奇妙な場所で目を覚ました黒彦。そこで数多の黒槍が突き刺さる棺を発見した黒彦は、赤き瞳が覗くソレと対峙する。「おまえは、一体」「そうだナ―禁呪王ト、名乗るべきかナ?」ヒビガミに敗北したセシリーの様子が気がかりななか、キュリエとの訓練を続ける黒彦。一方、学園では、聖遺跡に現れた謎の巨人の噂が広がっており―。『小説家になろう』とコラボした第1回オーバーラップ文庫WEB小説大賞“金賞”受賞作の異世界ファンタジー、待望の続編!






異世界出身のサガラ・クロヒコの身に宿った禁呪の力に関するストーリーも、これから徐々に明かされることになってますます面白くなることが間違いないな。Web小説産のライトノベルらしい壮大なボリュームの1冊に仕上がっていて、禁呪使いのサガラ・クロヒコが日常パートでパートナーのキュリエ・ヴェルステインやセシリー・アークライトといったヒロインたちと絡むシーンも存分に楽しめたし何より面白かった。1巻で剣呑な雰囲気を醸し出していたキュリエも2巻では完全に軟化したようで、イラストでも文中でもとにかく可愛かった。おまけに強くてかっこいいうえにクロヒコのパートナーとこられたら完全に正妻ポジションだよこれ。今回もダンジョンでの重要な局面ではきっちり二人で決めてくるあたり夫婦での共同作業。状況が状況だけにセシリーさんはあの局面で帰還を余儀なくされたけど、その瞬間に「あっ、やっぱり……」って考えがちらつきました。
クロヒコ率いるメンバーたちがダンジョンに巻き起こった問題に立ち向かうことになり、ラストのバトルシーンはヒヤッとする部分もあったけど最後まで楽しめる熱い戦いでした。これはオススメのラノベだぁぁ