読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~

オーバーラップ文庫 ラノベ

セントレイン戦記 2 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~ (オーバーラップ文庫)
第七州を服属させたジルスたちは、ナターシャを配下に加えつつ次の一手として、王女クランベルを王都に戻すため第二州へ通行許可を求める。しかし、第二州はこれを拒否。戦いは避けられなくなった。兵を進めるジルスたちだったが、第二州が擁する秘密兵器『堅鋼兵』と開発者であるアリスロットが立ちふさがる。さらに、北部に位置する妖魔領でも不穏な動きが起こっていた。妖魔たちが軍団を組織し、セントレイン王国への侵略を計画していたのだ。王道戦記ファンタジー、第二幕にして大ピンチ!?





妖魔の血を見に宿した主人公のジルス・セントレインと王女クランベル・セントレインの戦闘後のあの関係がたまらん! 妖魔の力を解放して欲望に積極的になったジルスと感情を切り捨てているときのクランベルが互いにキスをすることで理性を取り戻す行為は、「これしか方法がないんです!」の建前のもとで行われている。そしてそれをニヤニヤしながら眺めているのが楽しい。妖魔の血を宿している秘密をしる数少ない人物であるクランベルの独壇場となっているところに、今回新たに参入することになった妖魔の王族チャーラ・ガルデインがどう絡んでいくんですかね。
第九州の北部に広がる妖魔の領域に進むことになったジルスとクランベルの二人の冒険パートは見所。特にジルスVSチャーラの対決シーンは口絵で大まかな先の展開が予想できてたけど、最後の最後になってすごい真実が明かされることになって存分に楽しませてもらいました。
あー、やっぱりラノベって面白いなー。これならガガガ文庫から刊行されてる「不戦無敵の影殺師」のほうも期待以上に楽しめる内容になること間違いないなー。楽しみだなー。