働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

女騎士さん、ジャスコ行こうよ 2

女騎士さん、ジャスコ行こうよ2 (MF文庫J)
町全体を巻き込んでのショッピングモール誘致の騒動も収まり、いつもの平穏を取り戻した平家町。役場では町おこしに向けて住民にイベントのアイデアを募っていた。そんななか、麟一郎の通う学校の校庭に、突如、あのアダムスキー型の円盤が飛来してきた!胡散くささ満載の円盤の中から出てきたのは、スペース女騎士と名乗る仮面を付けた宇宙人。曰く、この学校のグラウンドに徳川埋蔵金が眠っているだって!?と、また珍しくもない日常が始まるわけでして。…え、そもそもこの話、続くの?関連RT数1万越え!話題沸騰の女騎士系田舎日常コメディ、またまだ続きます!





田舎で巻き起こったジャスコ騒動が過ぎて2巻に突入したはいいものの、タイトルのジャスコが全くと言っていいほど登場しなくなり、今回はブルマーを巡る田舎の騒動がメイン。
ずばりタイトルは『女騎士さん、ブルマ履こうよ』
MF文庫の中でも異色のオーラを放つゲテモノなラノベで、表紙のイラストを一枚めくると登場するのはクラスでもマドンナと称される水神ハイドォラのブルマ姿。もう自分がいったい何を読んでいるのかわからなくなってくる。あんなイラストをぶっこんできても全く誰の得にもならないですよ。あと水神さんが作中で一貫して「キシャーシュルルル」としか発言していないのに、周囲の人間はあの奇声にこめられた言葉の意味を解釈していることが理解できない。誰も突っ込まないで平然としているから読んでいるこっちの頭がおかしいのかと思っちゃう。これだけ癖のある登場人物で固められている中だと、女騎士さんのクラウゼラが一番の常識人キャラに映ってしまう。クラウゼラのブルマに対する恥じらいのイラスト然り田舎のお祭に浴衣姿を披露して恥らう姿然り。このゲテモノの中で唯一ヒロイン枠に納まる美少女っぷりで読んでいて癒される。
2巻も終始バカなスト^リーが繰り広げられているバカなラノベでした。