働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない 2

100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない2 (富士見ファンタジア文庫)
「また自爆か!いい加減卒業しろ!」「だってしょうがないじゃん!扉閉まっちゃって出られなかったんだもん!」相変わらずのトンデモ攻略法で攻略都市月間死亡記録を更新し続ける迷宮達人(自称)のニナ!そんな彼女にうんざりしながらも律義に回収を続ける死体回収屋のブリッドはある日、最近街で噂になっている怪しげな3人組に出会う。「シルフィとその仲間たち?」どう見てもうさんくさい彼女らであったが、あろうことかニナは3人とパーティを組むと言い出して―!?「おーげさだなぁブリッドくんは。なにも変わらないって!」「ああ。自滅が全滅になって、棺が増えただけだったな!」





冒険者はダンジョン内で死亡すると棺桶となり行動不能となり、自分の意志で復活することができない。その棺桶を回収するのが死体回収屋ブリッドの役目。毎度毎度お馬鹿で学習能力のないニナが死に覚えゲーの如く死にまくり、それに辟易としながらも律儀にニナの面倒を見て死体回収をするブリッドの話。ファンタジア大賞作品の2巻のなかでひそかに楽しみにしていた作品ではあったけど、死体となっても復活できる利点を活かした清々しいくらいの死にっぷりがたまにツボる。露骨に仕掛けられてた罠に盛大にひっかかり、パーティーで行動を起こせば全員を巻き添えにしてみんな仲良く棺桶にさせたり。発売当初から、「勇者リンの伝説の後釜として楽しみたい!」とは言ってきたけど、これからも安定したギャグを楽しみたいです。